FC2ブログ



🍓ユンホさん🍓お誕生日記念の短編です🍓
🍓今日はチャンミンsideからお届けします🍓





サバンナの野生動物の営みのように


後ろから ぴたりと覆いかぶさり


僕の首筋を強く吸うヒョン・・・


あ・・・そこは ダメだって言ってるのに・・・


「ふぅん・・・はぁん・・・マネージャーに また小言をっ あっ 言われちゃう」


『関係ねぇよ ひがんでんだろ』


「ダメだよ・・・ヒョン・・・」


『しばらく 裸を見せる仕事はないだろ?
俺しか見ないんだから いいんだよ』


でも・・・


僕は 怖かった 


本当は このまま もっと ヒョンに印をつけてもらいたいと願う自分が・・・





触って・・・





すると 僕の願いがテレパシーのように伝わったのか


ヒョンの綺麗な手が 僕の前へと伸びてくる


「んっ・・・」


『もう 垂らしてんだ・・・?』


「さっきは ヒョンだけ・・・」


『そうだったな お前も辛いだろ?』


「あっ・・・」


ヒョンは 僕が垂らす蜜を 手にいっぱい取り 


僕の秘孔に塗り付ける


「んっ・・・ふぅ・・・」


指が 入ってくる 


僕の中に ヒョンの指が入ってくる


慣れ親しんだはずなのに 


この行為だけは 一向に慣れる気配がない・・・


指で 中を弄ばれ 僕の感じる場所を擦られると


「ああっ ヒョ・・・も・・・ダメ 早く・・・はや・・・く」


前は ダラダラと蜜をこぼし続け


後ろも弄られるたびに 言いようのない快感に全身を震わせる僕


ヒョンに触れられると 本当に感じちゃうんだ


『早く? 何?』


「早く 挿れて・・・」


『エッロい オネダリだな・・・
堪んないね
もっと 焦らしたいけど 可哀そうだからな』


そういうと ヒョンは 後ろから僕の中に入って来た





僕は 昨日も ヒョンを想って一人で 後ろを弄った


だから 思ったよりは すんなりと入るはず・・・


「うっ・・・ん・・・」


『お前 準備 しただろ?』


「はぁ・・・ん その方が ヒョンが・・・すぐに入れるでしょ・・・」


『っ! チャンミナ 俺のために したのか・・・?
それとも 俺が欲しくて欲しくて堪らなくて 1人でほぐしたのか?』


「ヒョンの・・・あっ・・・ヒョンのため だよ・・・」


『俺が欲しくて1人裸で イケナイことするチャンミナか・・・
想像するだけで 爆発しそうだ・・・』


「ああっ・・・ヒョ・・・痛っ・・・」


ヒョンは いきなり大きくなった


『キツッ・・・』


「はぁ・・・」


『はっ・・・』


時折 うめき声のような声を上げ


僕の中にすっぽりと 埋まったまま


暫く 動かなかった


だいたいヒョンのは 太すぎるんだよ


それに 固いし 長いし 熱いし


挿れられる僕は 毎回大変なんだから・・・





ヒョンは 落ち着くと


僕の腰を持ち上げ 


体勢を 整え


ゆっくりと 動き出した


そして 息の乱れる僕に覆いかぶさってくる


四つん這いの僕の背中に感じる ヒョンの汗ばんだ肌の温度


僕の身体を 下から回した腕で しっかりと掴み


後ろから律動を繰り返した


「んんんっ」


『はっ はっ はっ』


「僕は 堪らず 自分の股間に手をあてがう」


『まだ イクなよ?』


途端に 後ろを抜かれ いいようのない寂しさが僕を襲った


「えっ?」


ぐるりと仰向けにされ


足をぐいーっと 更に開かされる


『顔 見えた方がいいだろ?』


「ヒョン・・・」


そりゃあ ヒョンのカッコいい顔を見ながらシタイ・・・





腰を少し丸め込まれるようにして 


秘孔を露わにされ まじまじと見られる


『チャンミナ ヤラシイな・・・
動いてるよ お前の大事なところ』


「変なこと 言うなっ・・・早く」


『小さい穴なのに 俺をすべて飲み込むんだから
不思議だよな・・・』


「いいから 早くっ・・・」


『そんなに欲しいのか?
待ってろよ 今 挿れてやるよ』


ユノヒョンは にやりと笑って 僕の小さな秘密の場所に 


存在感のあり過ぎるモノを 突き立てむにゅむにゅっと侵入してきた





「ああ・・・んんっ・・・はぁ・・・んんっはぁ」


ぬめぬめとした内壁に 張り付くようにして 隙間なく僕の中を埋め


ぴったりと 張り付いたまま どんどん迫ってくるヒョン・・・


額から 汗が滲み始めたとき


僕は 最愛の人を 最奥へと迎え入れた


「んっ はふぅ・・・はぁん・・・」


ヒョンは また 僕の顔に貼りつかんばかりにくっつき


冷たい視線を僕に投げる





『俺が 好きか?』





「・・・」


『答えろよ・・・』


「わかってるくせに・・・」


『チャンミナの口から 聞きたいんだよ』


唇を尖らせてみせれば


『ほらっ・・・答えるんだ』


「ああっ・・・」


ズンと奥をひと突きされ 痺れるような快感が身体を駆け抜ける


嬉しそうに 片方の口角を上げ


にやりと 獣を射るように 笑うヒョン・・・


ああ その顔に ゾクゾクするんだよ・・・





『俺が 好きか?』





また 聞かれる


あ・・・心臓が バクバクと波打つ この瞬間が好きだ


『俺だけが好きだと そう言え』


ヒョンが 僕に嫉妬の炎を露わにする 


この瞬間が 堪らなく好きなんだ





『言ってくれ・・・』


「好きだよ・・・」


『・・・』


「好きで好きで堪らないよ・・・
僕は ヒョンが好き ヒョンだけが好きなんだよ」


『やっと 言ったな』


「いつも言わせるくせに・・・」


『お前が フラフラしてるから たまに聞かないと落ち着かないんだよ
わかれよ』


わかってほしいのはこっちの方だ


「あああっ!・・・あうっ・・・んっ」


また 僕の奥深くに 突き刺さるユノヒョンの愛


『好きなんだろ・・・俺のこと』


「んっ 好き 好きだよ・・・ああっ・・・」


『ああ・・・最高・・・
この中は 俺だけが知ってる秘密』


「あっあっあっあっあっ ヒョ・・・ン・・・ッ ああ・・・」


リズミカルに 動くヒョンが 僕の中で 


更に熱く 燃え滾る嫉妬の炎を 質量に変えて


僕を刺激し続ける


『はっ・・・んんっ・・・最高・・・』


「ヒョン・・・あ・・・ヒョ・・・ン」





僕は 男らしく僕を翻弄するヒョンが大好きだ


お仕置きと言って 少し乱暴に抱かれるのが好きなんだ


嫉妬しながら抱いてくれる時は


いつもよりも 少しだけ長く僕の中にいるってこと


ヒョンは 気づいてないでしょう?


僕がいつも以上に 感じちゃうことも・・・





幸せだよ❤️


大勢から慕われるヒョンが 僕だけのために必死になるなんて


僕だけが知る 最高の贅沢


だからね 僕はこれからも シウォニヒョンとは会うよ


別に やましいことは何一つないけれど


こんなヒョンが見られるなら 僕は・・・





激しい動きに 半ば意識も朦朧とし始めてきた頃


ヒョンは イッた・・・


僕もまた 身体の真ん中を 熱く裂かれたような衝撃で


ブルブルと 痙攣して 昇り詰めた・・・





『はぁ・・・はぁっ・・・』


「ヒョン・・・お誕生日 おめでとう・・・」


『チャンミナ・・・』


「ご馳走作ったから 一緒に食べて・・・」


『お前 逮捕だな・・・サンキュ』


ふわっと 意識を失う瞬間


ヒョンが 優しく笑ったような気がした





おしまい



🍓 🍓 🍓 🍓 🍓

ユノ お誕生日おめでとう❣️

いつまでも チャンミンのカッコいいヒョンでいてね♪

そして チャンミンとお幸せにね❤️

プライベートな仲間が多いのは知ってるけれど

ヨジャは あまりグループに入れなくていいからね

2ショも撮らなくていいからね

たまには 2人だけのストーリーの欠片を少しだけ

漏らしてね😍

待ってる🥰

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

201902061245133bc.jpeg


ユノ❤️お誕生日おめでとう🎁

これからのあなたの人生が

ますます輝きますように✨✨✨



応援よろしくお願いいたします♪



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_02_06


🍓ユノさん♪ お誕生日記念🍓
🍓今日明日の2話🍓
🍓リアル設定のホミン❤️です🍓





「お帰りなさい ヒョン」


『ただいま』


「待ってたよ」


『ほいっ これ お土産』


「わぁ みかんだ🍊
済州島のみかん 美味しいんだよね
僕 大好き
こんなにたくさん凄いね みかん狩り?」


『んなわけねーだろ?
コーヒーの番組だって知ってるだろ?』


「ああ・・・あれか・・・⤵️
済州でのヒョンの様子は全くわからないから・・・
このみかんは 誰から?」


『お前 何言ってんの?
俺のお土産だって 言ってんじゃん』


「一緒に行ったメンバーの誰かとかじゃないよね?」


『何を気にしてるの?
これは ロケでお世話になった観光協会だか何かの人がくれたの!
だから 俺のお土産 わかったか?』


「うん ヒョンのお土産なら喜んでもらうよ」


『全部食うなよ? 俺も食べるから』


「それは わからないな~
だって ヒョンが僕に持って帰ってくれたんだもん
嬉しいから 全部食べちゃうかも」


ばさばさと コートや帽子を脱ぎ 荷物をドサッと床に下ろす


『俺は まずみかん🍊より先に食べたいものがあるんだけど』


「なに? こっちに置いておくね」


『来いよ』


「きゃっ・・・」


みかんを乱暴にテーブルに置かせ チャンミナの腕を引っ張る


『いい子にしてたか?』


「いい子って・・・」


『俺がいない間に シウォンとか会ってないだろうな』


「・・・」


『会ったのか?』


「そんなこと・・・」


『やっぱりか・・・
お前は 小悪魔だからな・・・
俺を煽る名人だしな』


「どうして そうなるの・・・?
僕は ヒョンを大人しく待ってたのに」


『あいつと会ったんだな?』


「ちょっとだけだよぉ・・・キュヒョンにも会ったし・・・」


『ちょっと目を離すと すぐにこれだ
色気振りまいて その気にさせてんじゃないだろうな』


どんどん 壁に追い詰める


少し怯えたように 俺を見るのは 


愛するチャンミナの大きな瞳・・・





ドンッ! と音を立てて チャンミナが 壁にぶつかった


「あっ ヒョン・・・そんなに怒らないで・・・」


壁に押し付けて おでこをくっつけた


『俺を嫉妬させて楽しいか?』


唇をくっつけながら 顔全体を押しつけるように言う


「あ・・・ん」


『俺がいないと すぐに羽を伸ばす
悪いコだ』


「あ・・・ちが・・・」


『身体 誰にも触らせてないな・・・?』


「当たり前でしょ・・・」


『あれほど シウォンはダメだと言ったのに・・・』


「あっ・・・」


むぎゅっと チャンミナの股間を掴む


むにゅむにゅと 揉みながら 尋問する


『俺の言う事が守れないのなら 
お仕置きが 必要だな・・・』


「や・・・何・・・」


ウルウルと涙目を 何度も瞬きして 俺を見る


ああ これが 堪んないんだ


もっと もっと いじめたくなるんだよ


『なぁ ココ おとなしくしてたか?』


「あっ・・・ヒョン・・・してた・・・あっ・・・」


弱々しく 俺の手首を掴み 手を離そうとするけれど


全く力になっていない・・・





『変な痕がついてたら 承知しないぞ』


「そんなもの ついてないってば・・・ああっ・・・ん」


無理矢理 股間に刺激を与えると


チャンミナは あっという間に 固くなり


窮屈そうに ジーパンを押し上げている


さんざん その気にさせて 途中で 止めてやろうか・・・


来ていたパーカーの前ファスナーを外し 


Tシャツを一気にまくり上げ 胸の小さい突起に強く吸い付く


「あっ・・・はっ・・・あぁ・・・ん ヒョン・・・ああ・・・」


口で 刺激を与えている間に


両手を使って チャンミナのベルトを外し ジーパンを下げる


下着の中にすっと手を入れ


思い切り いじくりまわす


「あ・・・ああ・・・んっ・・・ヒョン あ・・・やめっ・・・」


『まだ 検査は終わってないよ?』


「そん・・・なっ あ・・・あん・・・ダメだって・・・あ・・・」


ハイスピードで 大きくなるチャンミナのチャンミナ


いやらしさ 極まりない


『気持ちいいのか?』


「ああ 気持ち・・・いいっよ ヒョン・・・」


『ふっ・・・お前 正直だな・・・
俺も 溜まってんだよ 
先に抜かせてくれ』


「ひぇ・・・あ・・・」


俺は チャンミナから手を離し


急いで自分のシャツを脱ぎ ジーパンを下げた


大きくそそり立ったソレは チャンミナを求めているのだ


『先に こっちを何とかしてくれ』


「あ・・・」


力が入らないのか ガクガクを膝を震わせたまま


壁に寄りかかりながら崩れ落ちていくチャンミナの


口に 自分を突っ込んだ





根元を 触りながら チャンミナの口に 出入りを繰り返す


チャンミナは 自分の股間に手をやって扱き始める


こっちが先だ


両手で チャンミナの頭を押さえ 大きくなった自分を 


見ながら 抜き差しを繰り返した


「あ・・・んぐ・・・ん・・・」


先端から 溢れる蜜で 口の中は 相当苦いはずだ


『はっ・・・んんっ・・・あ・・・イキそ・・・出すぞ・・・』


「んんっ・・・んあっ・・・」


もう 我慢が効かない


目を閉じ 一心不乱に腰を動かし


俺は あっと言う間に チャンミナの口に自分の溜まっていたものを吐き出した


『はっ・・・んんっ・・・んっ・・・』


「ん・・・んあ・・・」


目に涙をいっぱい溜め


俺を見上げる苦しそうなチャンミナ・・・





ああ ごめんな 


でも 俺 こんなお前を見て


やっと嫉妬から解放されるんだ


お前は 俺のものだっていう征服感で満たされるんだよ・・・





ゆっくり 抜くと


「ヒョン・・・」


泣きながら ごくりと俺を飲み干すチャンミナの


喉ぼとけが 大きく動いた





「はぁ・・・はぁ・・・」


『まだ 終わってない』


チャンミナの手を引いて立たせ


引きずるようにベッドルームへ連れていく


辛うじて身体に張り付いている衣類を 全て剥ぎ取り


チャンミナの綺麗な身体を 観察する


ベッドに上がらせ 四つん這いにさせ 


背中も お尻も チェックをする


「ヒョン・・・もう いいでしょ・・・」


『変な痕は ついてないようだな』


「当たり前だってば」





本当はわかってる


チャンミナが 俺以外の男と こんなことするはずないってこと


でも 心配で心配で 仕方ないんだ





『じゃあ 中も確かめないとな・・・?』


一瞬 チャンミナが ビクッと震えた





🍓 🍊 🍓 🍊 🍓 🍊

最近ミンホが続いているので

オラオラユンホのホミンにしてみました

オラオラ過ぎるものは

あまり書いたことなかったような気もするので

今日明日は 完全オラオラユンホです😍

本当は2人で "こたつでみかん🍊" してほしい🥰

201902051240451c0.jpeg


明日はチャンミン目線です♪



応援よろしくお願いいたします♪



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_02_05


腐界(海)の住人の皆さま

こんにちは Mink です♪



お気付きの方もいらっしゃると思いますが

コメ返したはずが

何故かいただいたコメント📝と同じように

"承認待ち" となってしまい見ることができない

という事態がたまに発生しています

できるだけ気をつけて確認するようにはしますが

なかなか見られなかったらごめんなさいです💦

それにしてもホミンたん❤️

それぞれが "らしい" 過ごし方をしていますね♪

チャンミン💜はギュラインで

ギュのお誕生日をお祝い🎉🎂🥂

お酒が見当たらない?

どういうシチュエーションなんだろ?

20190204124004827.jpeg


チャンミンの横のバッグ👜にえっ?ってなったけど😳

ババくさいバッグだから←

きっとギュのママだね(≧∀≦)

少なくとも彼女臭は皆無と最終判断いたしました🥰

あんぜーん❣️

201902041241427e1.jpeg


ユノはタイ満喫のお写真が

あちこちから少しずつ上がってますね♪

いかにもタイらしい少しグリーンがかった海の色と

ユノが似合ってカッコいいです😍

20190204124212c4b.jpeg


きっとチャンミン💜も保存してるはず☝🏼



6日のユノのお誕生日に合わせて

明日明後日で 短編をアップしますね♪

2話で ホミン❣️です!

お楽しみに♪



応援よろしくお願いいたします♪



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_02_04


桃色レッスンタイトル画①





ユンホくんは かなり力を入れて


僕の身体を ゴシゴシと洗った


クローゼットの中から ずっと見ていたんだろう


女が 手や口を滑らせた場所を 念入りに洗ってくれた





「ありがとう ユンホくん もういいですよ」


『あの女 先生の身体に 気安く触りやがって
しかも 抱きついてたし ペロペロペロペロ舐めやがって
先生の 大事な所をしゃぶって いい思いしたくせに
まだ 先生を誘うなんて よっぽど スキモノなんだな・・・』


「これで わかったでしょう?」


『・・・?』


「女という生き物が 如何に汚れていて 計算高くて あさましいか・・・」


『はい・・・』


「だから私は嫌いなんですよ
つきあってしまったことは 消せない黒歴史です」


『お・・・俺もだ・・・』


「さぁ ユンホくんも洗いましょう」


『先生が洗ってくれるの?』


「洗いますよ ユンホくんが私を洗い終わるのを待っていたら
夜になってしまいますから
交代しましょう」


『あっ・・・・』


またまた そんな声を出して・・・


いきなりこれだからな


我慢も限界だ


さっさと洗ってあげよう・・・





「ユンホくん
男相手は 初めてって言ってましたよね」


『はい・・・』


「じゃあ 使ったこと ないですよね」


そっと抱き寄せてお尻の割れ目に人差し指を這わせ


目的の場所で ツンツンと押してみる


『ひゃあああああっ』


「おっと ごめんなさい
いきなりでは 驚きますよね」


相変らずの 大げさな反応に 戸惑いつつも


ユンホくんが 可愛くて可愛くてしょうがなくなった


『あ・・・ご ごめんなさい』


「ふふふ 優しくしますから いいですか?」


『え・・・あ・・・あの・・・』


「はい?」


『そこに 先生のが・・・
入るっていうことですか?』


「そうです」


『う・・・』


「もう ユンホくんと一つになりたくて なりたくて
うずうずしちゃってるんですけれど
ダメですか?」


『そんな 首を傾げて 片眉を下げられて聞かれたら・・・
嫌とは 言えないです・・・
それに 俺 先生のこと 好きだし』


「いきなりが 怖かったら今日は 挿れないでおきますから
無理はしないでください
明日もありますしね」


そうだ きょうがダメなら 明日だっていいのだ


こんな極上の身体を 逃したくはない


ゆっくりでいいのだ


「ベッドへ行きましょうか」


『はい』





ユンホくんを ベッドに横たえて


その上に 跨った


少し ピンク色になった柔らかそうな肌


なんて いやらしいんだ


『先生 あんまりじろじろ見ないで』


「可愛いですよ 
身体全体で 私に食べられたがっているようで
なんて魅力的な身体・・・」


『あっ・・・』


そっと近づく・・・


ユンホくん顔の脇に肘をついて


髪をかき分け おでこから瞼にかけて 唇を落とした


温かい感触が 唇から 伝わってくる


『ん・・・』


「ちゅっ・・・」


目を合わせ 唇を吸う


『んっ はぁ・・・』


「んっ・・・」


啄むようなキスから 次第に大胆になっていく


大きく口を開け 貼りつくように ユンホくんの口を攻撃する


できうる限りの技術を駆使して 


舌を 置くまでねじ込み 


ユンホくんの舌を絡め取る


「んんっ・・・」


『はん・・・』


虚ろな眼差しが ますます僕をその気にさせる


ディープに舌を絡め合い


糸を引いたまま 唇を ずらしていく





男にこんな風にされるのは 本当に初めてだろう


自分も 初めての時は 怖かったことを良く覚えている


今日は 気持ちよくさせてあげたい





柔らかな胸を手で 大きく揉むと


『はぁんっ・・・』


完全に 悶えている


真ん中で 主張する赤い粒を 前歯で軽く噛むと


『あああああっ』


おーっとっと


ここも相当弱いな・・・


舌先で 何度も何度も 左右の小さい粒を突き


転がす


唇をすぼめて 吸ったり


指で つまんだりするたびに 


エビのようにのけぞるユンホくん


可愛くて 可愛くて


もう あちこち 刺激を加えて その反応を見たくなる


そうとう楽しめちゃいそうな予感


挿れるのは まだ 先でいい


今日は この反応を楽しもう





「ユンホくん 最高です
気持ちいいですか?」


『先生は やっぱり 魔法使いだっ・・・』


「そんなに喜んでくれたら 私も嬉しいです」


脇腹や 二の腕の内側など 色々なところを 舌で刺激し


うっすらと 痕をつけてみる


「あああ せんせ・・・はっ・・・」


涙目で 僕を見るユンホくんは


口から涎が垂れ


下半身も蜜をダラダラと溢れさせている


そろそろイカせてあげないと・・・


僕自身も もう破裂しそうだった





2人のモノを合わせて擦り


はぁはぁと よがるユンホくんの表情を堪能する・・・


我慢していたせいか 


2人とも あっという間に弾け お互いの腹部を白い愛の証で汚した


『あ・・・せんせ・・・俺 いっぱい出ちゃった・・・』


「私もですよ 
ユンホくんのお腹に たくさん 吐き出しました
明日も 来てくれますか?」


『来る・・・』


「明日は ココ 使わせてください
丁寧に しますから・・・」


『わかった・・・』


足の間から 手を滑り込ませ


指で ソコを押し


『きゃっ』 と声を上げたユンホくんに にっこりと笑いかけた





「きっと 大好きになると思いますよ
感じたことのない快感を プレゼントします
僕の可愛い恋人に・・・」


『せん・・・せ・・・い』


半開きの口が エロ過ぎて


僕はまた その口に 食らい付き


激しく 舌を絡め始めた


ユンホくんも 積極的に 仕掛けてきた


このまま 2人でひとつになり 溶けてしまいたい・・・


そんな ある日の夕方だった





💛 💛 💛 💛 💛

金曜日は チャンミン出演の【私は一人で暮らす】

パソコンでリアタイできました♪

またまた お宝映像てんこ盛りで はぁはぁしちゃいましたー

チャンミン チャランドゥを剃ってマスよね?

もっと もじゃもじゃしていたはずだもん!

それに パンツのロゴが見えちゃうとかで ウエストにぼかしが入っていて残念でした

あれ カルバンクラインのパジャマ?

実はパンツのゴムではなく ズボンと繋がっているウエストゴムだったみたいですよね

リアルな寝起きまで 見せてくれちゃって

もう感謝感激雨嵐です~(//∇//)

20190203132044af9.jpeg


リピが止まりませんわ\(//∇//)\

それでは また~♪





応援よろしくお願いいたします♪



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_02_03


01  « 2019_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top