FC2ブログ



『チャンミナ どうぞー』


「あ・・・はい」


『ん? どしたの? ボーッとしちゃって』


「別に・・・」


『そんなに俺 カッコいい?』


濡れた髪をガシガシ拭きながら下着1枚で歩いてくるユノは


ワザとなのか 無意識なのか やけに艶っぽい


カッコいいなんて 当たり前


図星だよ・・・


「何言ってるんですか 自分で」


『チャンミナがあまりに ぽかんと俺を見るからさ』


「はいはい 確かにカッコいいですよ ユノは」


『何だよ~ 照れちゃって』


「照れてなんかいません 暑いんです!」


本当にカッコいいから嫌になる


どうしたって 気になるんだし・・・


『早くシャワー浴びて来いよ』


「言われなくても 今行くところです
寝ないで待っててくださいよ」


『うん 早くな キスしたいから』


ガーッ!


あの! 今何て?


全くユノって人は・・・





バスルームへ歩きかけていた僕はくるりと振り向いた


「どうして あなたは そうデリカシーがないんですか」


『俺は 素直なだけだよ
ストレートに 今の気持ちを言ってみただけ』


「ものは言いようですね・・・
もう少し ムードを大切にしてください」


『じゃあさ チャンミナがシャワー浴びたら
ムードあるキスをしよう?』


「あのね・・・本当に あなたは・・・ムードのかけらもないんだから・・・」


ふざけるにもほどがある


僕は ユノが好きで堪らないのに


悔しいくらい 好きなのに・・・





熱いシャワーを勢いよく出して


頭から お湯をかぶった





素面で しかも 僕の顔に面と向かって


恥ずかしくはないのか?


仮にも 僕とユノは 一応恋人同士なんだけど・・・


ねーねーキスしよう とか明るく言われてするかっつーの!


いや したいな


してあげるよ とか言えばよかったのかな・・・


僕の心を見透かしたみたいに 


問題の正解をさらっといい当てる人間





僕は シャワーを浴びた後に 念入りに歯を磨いた


僕だって キス したかったんだ


東京の僕たちの家にいるときだけは


ユノ あなたは 僕だけのものだから・・・





『おせーよ』


「・・・」


『早く来いよ
キス 待ってたんだから』


ああ やっぱり この人とでは ムードが台無しだ


2人が落ち着けるようにと リビングやベッドルームのライティングにも 拘ったつもりだった





この人 本当にキスするつもりなんだろうか?


この明るいリビングで?


いや 確かにここでもしたことはあるけれど・・・


近づいていき 僕からキスしようとすると


『もう チャンミナはせっかちなんだから・・・
そうがっつくなよ』


とか言われそう・・・


自分を棚に上げて・・・





でも 誘われたんだから 


誘いに乗らないわけにはいかないよね


なんたって 恋人なんだから





「そんなに 僕とキスしたいの?」


『したい』


「いつもしてるのに・・・」


『だって最近あまり 夜2人だけでゆっくりできなかったから・・・
ほら インドネシアでもさ うるさい連中が一緒だっただろ?
俺 チャンミナと南の島で 一緒に寝たかったよ』


「ふふ そうでしたね 
ドンへさんたち すぐに乱入してくるから」


素敵な部屋を用意してもらっても


甘いムードはおろか おちおち見つめあうことすらできなかった


結局 ユノはドンへさんの部屋で寝たのかもわからなかった


だから 2人水入らずは本当に久しぶり


赤い唇が 僕を誘っている・・・





「お待たせしました」


顔を近づけ ユノの頬を両手で包む


途端に 目がとろんとして


ああ やっぱり 僕もこの人とキスしたいんだ


明るいけど いいや


「ちゅっ」


『あっ・・・』


「んん・・・んぁっ」


『ん・・・チャンミ・・・あっ』


ユノの手が 僕の背中に回る


僕は ユノの後頭部へと手を回し


がっちりとホールドする 


僕の方が 少しばかり背が高いから


僕がユノを包み込む方が しっくりくるんだ

わざとリップ音を立てて


たまに見つめあったりして


軽いキスを繰り返しているうちに


キスはだんだん深くなり


2人の息も どんどん熱を帯びていく・・・


『ん・・・もっと・・・』


「ユノ・・・」


大きく口を開け


舌を深くまで 絡め


吸えば 下半身に電気が走る


主張し始めた 2人のモノが固くなっていく・・・


ツンとお腹に当たるソレに 


お互い同じように欲情していることを知る


無意識に 腰を動かしながら 


二人とも 


熱いキスに 溺れていく・・・





💕 💕 💕 💕 💕

大阪ビギイベ参戦の皆さま

2人に思い切りやられちゃってくださいね🥰

可愛いもカッコいいもどちらも見られるはずですから😍

行ってらっしゃ〜い👋🏻

どんなエピが飛び出すのか楽しみです😍





応援よろしくお願いいたします♪



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_04_09


03  « 2019_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top