FC2ブログ



東方神起が二人になる前の
10代のユノとチャンミンです♪

4月2日の記事の続きになります

http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-date-20190402.html





『チャンミナ 何か食べに行く?』


「え? いいの?」


『珍しく早く終わったし 俺 今日暇なの』


「へぇ ユノヒョンが暇だなんて 滅多にないもんね
じゃあ 僕が暇つぶしにつき合ってあげるよ」


『なんだとー? コイツ~』


「きゃははは あーもうっ」


『どうだー』


「やー やめてよー」


俺は チャンミナの頭を抱えて 自分の胸に押しつけた


こうして じゃれ合っている時は


今まで通りのメンバーの一員であり 可愛い弟だ





『生意気を言うヤツはこうするぞー!』


「ギャー やめてってば~」


『こらこらー』


自分の胸に押しつけたまま ぐりぐりと左右に揺らした


「もうっ ユノヒョンてば」


『じゃあ 今夜はつき合え』


「つき合ってあげるって 言ったでしょ」





やっと俺から解放されて ぐしゃぐしゃになった髪を直す


ああ 可愛い


お前は そうやっていつも笑ったり 怒ったりしてろ


チャンミナが元気だと 俺 すげー嬉しいんだ


「あ~あ こんなになっちゃった」


もともと クセの強い髪質のチャンミナは ぼさぼさになった頭をまだ弄っている


耳 真っ赤なんだけど・・・


思わず 赤い耳に手を伸ばしてしまった





すると ビクリと震えて 少し驚いたような表情を見せた


「でかける前に ちょっと整えないと・・・」


そう言って 洗面所へ向かった





最近の チャンミナが俺を見る視線に 


少し 戸惑いを隠せないでいたけれど


さっきみたいに 普通に接してくれたら


ぎこちなくならずに済む





たまに 俺に向ける視線の意味


あんな目で 見られたら


俺 変な気持ちになっちゃうよ・・・


もともと 俺とは違う箱入り息子のチャンミナ


年も一番下だし グループ内でも 


下積みが殆どないのは お前だけだから


守らなくちゃって ずっと思ってきたんだ


デビューが決まったとき チャンミナのご両親にも挨拶をした


自分がリーダーのチョン・ユンホだと告げると


丁寧に ”よろしくお願いします” と頭を下げられた


ああ このお父さんとお母さんにして このチャンミナありだなって


そんなお父さんとお母さんを前に


シャキンと背筋が伸びたことを覚えている





最初こそ 人見知りの強い 到底芸能界向きとは思えない弟分が心配で


この子が 芸能界でやっていけるのか?とか


自分とも 本当に上手くやっていけるのか?


自信はなかったけれど


最近は 一緒に暮らしているせいか


随分と親しくなれたような気がする





この間も 雑誌のインタビューで


「ユノヒョンが好き」 って言ってたし・・・


変な意味じゃなくても ドキッとするだろ そんなこと言われたら・・・


まぁ 少しは頼ってくれてるのならいいやと 俺は嬉しく思っていた


俺も お前が好きだよ


メンバ-としても弟としても


一人のアーティストとしても そして 人間としても・・・





他のメンバーとは 明らかに違う立ち位置だ


そう 俺の中では お前は特別


それが どんな特別なのか?と聞かれたら よくわからないけど


お前の視線を感じるたびに


もしかしたら?って 


俺自身の気持ちも チャンミナの気持ちも


同じなのかも知れないと 思うこともあった


少しだけ 後ろめたくて


あまり 大っぴらにはできない気持ち なのかな・・・?





そんな気持ちを打ち消すように 首を振り


ダメだダメだ そんなこと あってはいけないんだと


今まで通りの明るい若者でいようと 改めて思い直した


そう 今まで通り 仲の良い東方神起のリーダーとマンネだ





『チャンミナ?』


なかなか洗面所から出てこないチャンミナに


早く出かけようと言うつもりで 呼びに行ったのに 


チャンミナは さっき 俺に乱された髪のまま


鏡の中の自分をじーっと見つめて 立っていた


「あっ・・・ユノヒョン ごめんなさい 今行くから」


明らかに動揺している


いくら 空気を読まない鈍感男と言われる俺でも これは気づくだろ





『どうした?』


「何でもない ごめん すぐ行くから・・・」


チャンミナが 言い終わらないうちに 


俺は 無意識に チャンミナに近づき


気づけば 後ろから抱きしめていた





鼻を掠める チャンミナの匂い


どうして こんなに落ち着くんだろう・・・





「ヒョッ・・・ユノヒョン・・・」


『少し こうさせて』


「・・・」


『ごめんな さっきは無理矢理 
もう しないから お前が嫌がることは しないから』


「別に ユノヒョンは何も 悪くないよ
僕が嫌がることなんて 何もないよ」


『ほんと?』


「うん・・・そんなこと言うなんて ユノヒョンらしくない」


『チャンミナに 嫌われたのかと思った』


「僕が ユノヒョンを嫌うわけないでしょ・・・
この間も好きだって言ったばかりでしょ」


『そうだよな うん ありがと
俺も チャンミナ大好きだよ』


鏡に映るチャンミナは やはり また耳が赤くなった





俺 お前といると ほんとに変な気持ちになる


これ 何? ヤバいよな・・・


今まで ここまで意識したこと なかったのに・・・





「ユノヒョン・・・大丈夫だから 僕 大丈夫だよ
逆に 心配かけて ごめん
僕は ユノヒョンがずっと好きだよ」


『うん サンキュ』


「だからね もう離して・・・」


俺の手を ふりほどこうとして 振り向いたチャンミナ


俺は 離したくない


逆にぎゅっと 回した腕に力を込めた


「ユ・・・」


目ん玉が飛び出るんじゃないかと思うくらいに大きく目を見開いたチャンミナ


二人の顔は 2センチくらいの距離にあるせいか・・・





俺は ゴクリと喉を鳴らして 


チュッとチャンミナの唇に 軽いキスをした





目を見開いたまま 固まったチャンミナ


大丈夫 俺たちはリーダーとマンネという仲良しメンバーだよ


『チャンミナ 好きだよ 
今のは感謝のキス
俺を好きでいてくれてありがとうって意味』


「・・・」


固まったまま 微動だにしないチャンミナ


ちょっと 刺激が強すぎたかな?





視線は 宙を彷徨い 顔と耳が真っ赤になっていた


ああ 俺としたことが・・・





💖 💖 💖 💖 💖

連載ではないと言いながら

少し中途半端だったので 続き書いちゃいました💦

あと1話くらいかな?



昨日の済州航空のイベント 夢の世界でしたね~😍

アンバサダーに選ばれた100人の皆さま おめでとうございました㊗️

ツイのフォロワーが多い人ばかりという呟きもありましたが 考えてみれば当然ですよね😌

済州航空も営利を求める一企業ですから

ジャンジャン宣伝してくれて ジャンジャン済州機に乗ってくれる人に

その恩恵を!と思いますもん

勿論 全員がそういう方ばかりではないのかもしれませんが 

トンペンのツイッター界では 有名な方が多かったみたいですね

有名でもフォロワーが多くても 落選した方も現にいらっしゃいますし

逆に あまりSNSを活用していないけど当選したという方もいらしたかもしれません

いずれにしても たった100人という幸運に恵まれた皆さまはラッキーですね❣️

サイン会なんて 夢の夢ですもん

💘二人と言葉を交わす 

💘目が合う

💘自分の名前入りのサインを目の前で書いてもらう

これ 現トンペンの叶えられる最高峰の幸せではないでしょうか?

私が考える ファンとしての究極の夢

💘握手 💘ハグ 💘2ショット写真 です!

しかし 東方神起を相手に これは

日本にいるファンとしては ほぼ不可能

だから 今回のサイン会はとても貴重だと思います

アンバサダーに選ばれた方が サインやレポを上げてくださるのを

有り難く拝見させていただきました💕

改めて いつかどんな形でもいいから

ホミンちゃんと言葉を交わす

これを トン活の目標に入れたいと思います←勝手にしろ

ツイが 当選された方々の幸せ溢れるご報告でいっぱいだったので

サイン会妄想すらする余裕もなかったです😅

20190414164126298.jpeg


2019041416433491b.jpeg


201904141644016ef.jpeg


チャンミン 可愛かったな・・・😍

ユノ カッコ良かったな・・・😍

次はどんなお仕事の発表があるのでしょうね♪

読者の方で アンバサダーに選ばれた方いらっしゃるのかしら?

いらしたら2人のこと 少し教えてくださいね♪





応援よろしくお願いいたします♪



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_04_14


03  « 2019_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top