FC2ブログ



20190422122927955.jpeg






「ちょっ・・・チョンさん
調子に乗らないでください!」


キスをしている間


俺は チャンミンの目から 視線を外さなかった


それはチャンミンも同じで


大きな瞳で 俺を凝視したまま 動かないでいてくれた





それなのに 突然 慌てたように手を引いた


ま 当然か・・・


顔はおろか 耳まで真っ赤なチャンミンは


俺を 怒ったように見つめて


キスをされた右手で ひらひらと顔を扇いだ





『俺 ストレートな表現しか できなくて
今 間違いなく チャンミンが好きになったから
お近づきの印として 受け取って?
俺のキス』


ここで謝ったりするつもりは 毛頭ない


俺の気持ちを 全身で受け止めてもらわなければ!





チャンミンは 呆れたように ふーっと溜息をついた


「チョンさんは 本当に明るくてストレートな方なんですね」


『ストレート過ぎちゃうってよく言われるよ』


「羨ましいです」


『俺 こんなんだから 
チャンミンも 何も気を遣う必要なんてないから
俺のこと 好きになったら 素直に告白して?』


「はっ?」


『アーハハハハ』


「明るすぎて ついて行けません」


『ハハ 俺 チャンミンに惚れちゃったみたい
だから ちゃんと気持ちを伝えるよ
まずは 友達から よろしくな』


握手をしようと 右手を出した


「なんですか? まずは友達からって・・・
それ以外に 何があるんですか?」


『うーん チャンミンは彼女いるの?』


「それも突然の質問で 意味がわかりません」


『言えないか・・・
俺 最近彼女と別れて 今 フリー』


「聞いてませんけど」


おっ? 


なかなかいい感じ


こんな会話が続くのも楽しい


『だからさ 俺 チャンミンに惚れたの
好きってこと』


「僕は 男ですけど」


『知ってる ついてるんだろ?
男のシンボル』


「チョンさん 友達になるって言ったの 撤回します!」


おっと それだけは ご勘弁願いたい


何しろ 俺が自分から告白したのなんて 


実は初めてなんだから・・・





『俺 信じてもらえないかもしれないけどさ
感情表現はストレートな方なんだけど
好きだって 告白したのは 32歳になって 
今が初めてなんだ』


「・・・」


『チャンミン 俺 真剣だから』


「・・・」


『初対面で おかしなヤツって 思われてるかもしれないけど
駆け引きとか 面倒だし
チャンミンは スターだから なかなか逢えないかもしれないだろ?
だから はっきり 言っとく
後悔しないように』


「何を ですか?」


『もちろん 俺の気持ちだよ
チャンミンに惚れちゃいました
男同士だけど 好きになっちゃいました
だから 気持ちを伝えました 
俺は チャンミンが好きです』


「・・・」


『そういうこと』


真面目に伝えたつもりだった





けれど 





さし出したままの右手は 握られることはなく


俺は ゆっくりと 手を下ろした





「初対面でそんなこと言う人 初めてですし
いきなり 男の人から惚れたとか言われても・・・
どうしていいかわからないじゃないですか
僕 その・・・ゲイ とかじゃないし・・・
からかわれているとしか 思えないです」


『知ってる 俺もゲイじゃない
だけど どうしたのか チャンミンのこと好きになっちゃったみたいで
多分 この好きは そういう好きなんだと思う・・・
からかっているわけでもない
だから 今すぐ 受け止めてほしいとか言うつもりはないよ』


「じゃあ どうすればいいんですか」


『友達になってくれたら嬉しい』


「友達は キスなんてしないです」


『じゃあ 恋人候補 ってことで
ゆっくりと 俺を見ていってほしい』


「こっ 恋人って あの・・・
僕は 男が好きなわけじゃないんです」


『だから 俺もそうだって!
でもチャンミンは 性別関係ないんだ
理屈じゃない・・・
好き になっちゃったんだ・・・』


畳み掛けるように言った俺





すると


チャンミンは 大きなため息をついて


「迷惑です・・・」


はっきりと そう言った





やっぱ 


そうだよな・・・


胸の奥が ズキンと音を立てて


俺に 失恋を知らせた





『でも 俺 気持ちはそうそう変えられない
確かに 初対面で失礼なことを言ったってことは承知してる
嫌な思いをさせたのなら ごめん・・・
だから 友達から 始めてほしい』


「・・・」


『チャンミンのことを SNSで吹聴したりしないし
知り合いだなんて 誰にも言わない
チャンミンが 俺を好きになってくれるよう努力するし
好きになってくれるまで チャンミンには 触れないでおくよ
約束する』


ああ 俺ってなんて健気なんだろう


迷惑だと言われたときの


胸の奥の感情に 泣きそうになる


それでも ここで引くわけにはいかないと そう思ったんだ





💕 💕 💕 💕 💕

昨日は チャンミンにとっても大切な日でしたね

慕ってくれる事務所の後輩シウミンを送ったかと思えば

夕方には 親友キュヒョンがオツトメを終えて戻ってくるという

複雑な一日でしたよね

これで スジュは全員が兵役を終えたことになるんですね~

最初のカンインの入隊が2010年だったそうですから

かれこれ9年かけて やっと全員揃ったのですね

カンインとソンミンは いないも同然だけど

東方神起とSJが終わり SHINee もあとはテミンだけ

これから EXO が順次入って行くのでしょう

2年のブランクをものともせず 精力的に活動を再開してくれるアーティストたち

ファンにとっても アーティストにとっても

お互いが ”支え” であることは間違いないですよね♪

ただ キュヒョンが ”挨拶の予定はなく静かにオツトメを終えたい”と言ったにもかかわらず

呆れるほどたくさんのファンが スマホ片手に 

建物の出口で キュヒョンを待ち構えていました😞

それがとても残念でした

キュヒョンの 当惑したような表情に胸が痛くなりました😢

きっと 近々 チャンミンと飲みますね♪

もしかしたら 昨夜のチャンミンのインスタのストーリーは

ギュのためのお料理だったのかな?

昨日は ギュは家族と過ごすのかな?と思っていたけれど

どうなんでしょう?

2ショット上げてくれたら嬉しいな~😍

それでは また~

イタリア編 楽しんでいただけて嬉しいです

かなりストーリーが湧き出てきて

構想がまとまってきました👍

まだまだ続きますよ~♪

コメ返遅くてごめんなさい🙇‍♀️







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_05_08


04  « 2019_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top