FC2ブログ



20190422122927955.jpeg






『大丈夫か? まだつってる?』


「はい・・・あ・・・」


顔を歪めるということは まだ 治っていないのだろう


淡水で 足がつると厄介なことは知っていた


海水よりも 溺れやすいと聞いたことがある


チャンミンが 溺れる前に 気づいて良かった





だいぶ岸に近づいたら 湖底に足が着いた


『チャンミン もう大丈夫だ』


俺は 助けに来てくれた現地案内人に 手でジェスチャーをして


掴まっていたクーラーボックスの蓋を手放した


案内人は 俺のそばまで来て


心配そうに 俺の腕を掴み支えた





『チャンミン 歩けそうか?』


「・・・あ・・・いえ」


『俺に おぶされ』


「・・・」


躊躇しているチャンミンに業を煮やし


まだ辛そうな表情をしているチャンミンを 無理矢理おぶった


『今 何かを気にしている状況じゃないだろう?
いいか? しっかり掴まれ 岸までおぶっていくから』


少し 怒り気味に言うと


チャンミンは おとなしく 「はい・・・」 と言った


傍には 案内人がついている


もう心配はない


チャンミンの太ももをしっかりと開かせ 強く引き寄せ おんぶした


『俺に掴まるんだ』


「はい・・・」


すると チャンミンは 諦めたのか大人しくなり


俺に静かに抱きついてきた


耳元に感じるチャンミンの肌の感触


俺の首の前で 交差された細い腕


背中にぴったりと張り付いたチャンミンの胸


水の中とは言え


思いがけず チャンミンの素肌に触れることができて 嬉しい


不謹慎かも知れないけれど


このまま ずっと足がつっていればいい


俺がいないと 動けないようになればいい


そうしたら 嫌がっても チャンミンの身体にずっと触れていられるのに・・・


岸では マネージャーがタオルを持ってスタンバイしている


思わずニヤつきたい気持ちを何とか抑え


チャンミンの素肌を感じながら ゆっくりと進んだ





「もう 大丈夫です」


少し歩いただけで まだ 水は胸の深さまであるというのに俺から離れようとする


『歩けないだろ?』


「でも このままでは・・・」


どうしても 俺におんぶされているのが気になるらしい


『そんなに 俺から離れたい?』


「そういうわけじゃ・・・」


『じゃあ 歩いてみて』


さっと チャンミンから手を離し 身体も離れると


「えっ? ああーっ痛いっ」


思い切り声を上げる


ほら 見たことか・・・


俺は まだ足が治っていない 再び溺れそうになるチャンミンを


真正面から抱きしめて 抱っこした


「やっ ユノさん・・・やめ・・・あ これじゃ・・・」


ああ もうこのまま 口づけたい


身体はほぼ水の中だというのをいいことに チャンミンをぎゅうっと抱きしめた


『大人しくして』


「ユノさん・・・」


チャンミンの耳元に 口を寄せ


『おんぶが嫌なら 抱っこしかないだろ?
一人じゃ歩けないんだから』


「じゃっ じゃあ おんぶにします
だからっ 離してくださいっ」


チャンミンの顔を見ると 真っ赤になっていた


『そんなに嫌がられると 傷つくなぁ・・・
俺 嫌われてるの?』


「・・・」


そんな泣きそうな顔で 見つめられてもね・・・


『残念だけど 約束は守るよ
今は緊急事態だから もう少しだけ我慢して
マネージャーに引き渡したら もう触らないから・・・』


「ユノさん・・・」


『これ以上嫌われたら 少しの希望も持てなくなっちゃうからな』


「希望・・・?」


『ああ チャンミンと恋人になる 希望』


「ユノさん!」


ああ 困っている 


困っているチャンミンが こんなに可愛いなんて!


困らせて困らせて 無理矢理抱いてしまいたい





”おーい 大丈夫かぁ~”


危うく 2人の世界に入りそうになった俺を 現実に引き戻したのは 


マネージャーの声


『はーい 大丈夫でーす』


俺は大きな声で 思い切り叫んだ


『さあ チャンミン 抱っことおんぶ どっちにする?』


「じゃあ おんぶで・・・」


『ラジャ!』


チャンミンをおんぶして また 岸に向かって歩き出す


前を向いたまま 俺は言う


『チャンミン 大好きだ
俺の気持ちは 伝えた
チャンミンが 俺に好意を持ってくれているのなら 
チャンミンの口から聞かせてな?』


「・・・まだ わからないです・・・
でも ユノさんの気持ちは 嬉しいです」


動く水の音に かき消されそうなほど小さな声の告白


俺は それには 答えず


ただ ひたすら岸を目指した





言葉にできないくらい 嬉しかったから・・・





❤️ ❤️ ❤️ ❤️ ❤️

SP席のエントリー終わりました

たいして変わりもしないのに何度も自撮りをして

あまりに自分の姿が醜くて嫌になりました (>_<)

仕方なく笑ってしまえ〜と 笑ったら

真面目な顔よりは少しマシになったので

そのまま登録しました😅

自撮りが可愛い東方神起のお2人は

本物もどんだけ可愛いんだ😍と

改めて惚れ惚れした次第です♪

そんなお2人には こんなSOAPで💗

お互いを洗いっこしてほしい\(//∇//)\

ネーミングも【LOVE❤️LOVE❤️SOAP】ですって❤️

20190526095906dc2.jpeg


最近SMさんが売り出すアーティストグッズが

ラブリー💞極まりなくて💘

ハート♥️や星⭐️ キラキラ🤩好きなので

見ていてグフフとなります←気持ち悪い😵






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村






スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_05_26


04  « 2019_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top