FC2ブログ



腐界(海)の住人の皆さま

こんにちは Mink です♪



東方神起 7ヶ月ぶりの新曲

【HOTHOTHOT】本日発売で〜す㊗️

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



早速昨日フラゲしました🥰

3種類を一つずつ買いましてジャケカはダブらなかったです♪

白シャツホミン❤️と白シャツユノ❤️白シャツチャンミン💜でした😉

ご縁があれば 白シャツユノ❤️をもう一種類のホミンかチャンミンに交換をしたいなあと思っております♪

追いHOTはしないつもりです

今回は滑り出し好調のようなので是非

オリコンウィークリーチャート1位❣️

取りたいですね(*≧∀≦*)

日韓関係が最悪の中

日本にいてくれる2人に1位のお知らせが届くといいな🥰

このフォトブック😍とても素敵でした〜✨✨✨

201907311236445ce.jpeg


シンプルなカッコ良さの CDのみ盤

2019073112381154c.jpeg


さて 毎度楽しみなビギ盤😍はと言うと

何でこんな釣り人みたいな服?!って思ってましたよね😅
まさか 本当に釣り人だったとは🤣🤣🤣

とっても可愛い2人のブックレット😍

やっぱり買って良かったです♪

201907311239002b1.jpeg


まだの方は是非❣️

公式のCDやDVDを買うことが一番の応援だと思っているので

他のグッズなどを節約して 今回もCDは全3種類にしました😊

しまう場所が🤪

梅雨が明けて世間は夏休みに突入!

お子さまがいらっしゃるご家庭は恐怖のロングサマーがスタートした感じでしょうか?

お話の更新ができずごめんなさい

私は元気に1人トン活しております😆

PCの前で落ち着く時間が取れず💦滞っておりますが

気長にお待ちいただけたら嬉しいです💕

それでは 夏バテに気をつけてお過ごしくださいね♪

今週末は SMT ❣️

ユノとチャンミンに逢ってきま〜す💖

参戦の方 楽しみましょう💖

お留守番の方 レポートがたくさん上がると思いますので

そちらを楽しみに待ちましょう❣️

それではまた〜





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村





スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_07_31


20190622141148293.jpeg






チャンミンは 本当に忙しかった


ニューヨークから帰ったと思ったら 翌日にはタイだった


今度はグラビアの撮影だとか・・・





正直 SNSを通じて様子がわかるのはありがたい反面


少し不安もある


良からぬ輩が近づかないとも限らないし


常に人の目に晒されて 気の休まる時間もないのではないかと思うから・・・


疲れてないだろうか?


それでも 常にセキュリティの人はついているみたいだったし


水上マーケットで笑っている写真を見ると 安心した





早く逢いたいな 


そして 触れたいな


チャンミンの笑顔は 俺の最高の栄養剤だ


願わくば 俺の腕の中で 俺だけに向けられる笑顔であってほしい


チャンミンが帰国するまで 俺は友達と会ってボウリングをしたり


BoA のレストランの仕事を撮りためたりしていた





「ユノさん ただいま」


『チャンミン お帰り
疲れてない?』


「大丈夫です 飛行機の中で寝たし
それに 明日 ユノさんに逢えると思ったら元気が出ました」


『俺 チャンミン不足で乾いちゃってる』


「ふふ 僕も 早く逢いたい・・・」


『今日は ゆっくり休んで?
片付けなんかもあるだろ?』


「うん お洗濯したりもしないといけないし
明日を励みにがんばります」


『じゃあ明日 8時な?』


「はい おやすみなさい」


『おやすみ』





チャンミンに逢うのは何日ぶりだろうか・・・?


BoA の店の個室に到着したのは 約束の8時よりも


1時間も早かった


人使いの荒い BoA には手伝えと言われ


野菜を運ばされたりした


そう言えば 厨房の中の様子って アップしてなかったなと


思いついた提案をしたら BoA はとても喜んだ


一つの料理のできるまでを追ったり


それを美味しい顔をして食べているお客様に許可を得て


登場してもらったり


BoA のレストランで働く一人一人にスポットを当てて


ストーリー仕立てにInstagramにアップしていく


どんどん湧くアイディアに 俺もBoA も生き生きと意見を出し合った


そこには 敢えて有名人の力を借りずに


このレストランの良さをわかってもらいたいという願いも込められていた


チャンミンだけじゃない


他にもたくさんの有名人が来る店だ


おしのびで 安心して食事ができる貴重な店という場所は 残しておかないとならない


俺たちだって 困るわけだし・・・





厨房で 湧いてきたアイディアに BoA はたいそう機嫌よく


珍しく 俺とチャンミンの料理にサービスをしてくれた


協賛品だからと 白ワインのサービス


それから


海外での仕事が続いたチャンミンに対する気遣いも・・・


いつも通り 美味しく食事をした後


帰り際に 朝食に食べてと おかゆや野菜のスープを持たせてくれたのだ


「BoA さん ありがとうございます
ちょうど 優しい味のお粥が食べたいなぁって思っていたところなんです
凄く嬉しいです」


”アワビ 好きでしょう?
たっぷり入れてあるから 温めて食べてね”


「最高の朝ごはんになります 
本当にありがとうございます」


『俺には?』


”ユノは別に疲れてないでしょ?”


『ひでぇな』


チャンミンを見ると 何故か 照れたように少し俯いて笑っていた





その日は 俺の車で チャンミンを俺の部屋に連れて帰った


帰りの車の中 チャンミンが言った


「ユノさん 明日の朝 BoA さんのお粥 一緒に食べましょう」


『えっ?』


思わずブレーキを踏んだ


「ちょっ 危ないってば」


『ああ 悪い悪い
それってさ チャンミン 俺の家に泊まってくれるってこと?』


「また そんな はっきり・・・
そういうことです・・・」


『マジ? 明日は仕事は? 休み?』


「はい 疲れてるだろうからって 休みを貰えることになって」


チャンミンのマネージャーは 物わかりがいい





本当なら アワビとかウナギとか食べて 精をつけてから


お泊りイベントに臨みたいところだけれど


明日の朝 気怠いチャンミンにお粥を食べさせることを想像して 


にやけが止まらなかった





「ユノさん ちゃんと前を見て運転して」


『大丈夫だって』


ちらっと 横を見ると 心配そうに俺を見るチャンミンと目が合った


『チャンミン 逢いたかったよ』


膝の上にあるチャンミンの手を取り 


甲に ちゅっとキスをした


「ユノさんっ・・・」


ああ 待てない 家まで待てそうもない


このまま 車の中で襲いかかってしまいたい


愛しい俺の恋人





家まであと少し ほんの少しだけ 強めにアクセルを踏んだ





❤️ ❤️ ❤️ ❤️ ❤️

昨日の不意打ち 嬉しかったですねぇ

SMT まで日本にいてくれるといいですね

きっと 秋に発売になると思われるアルバムのお仕事があるのではないかと見ています

8月2日のMステ 東方神起の名前が無くて残念だったけど

まだパフォーマンスが何もできていないのだと思いました

なんなら Jungle でも Showtime でも Electric Love でもいいんですよ~←ない😅

振付まだなら またHOTHOTHOT でもいい 

地上波に出演するということの大切さが 今回のFNSで身に沁みてわかりました

一般の方々からの絶賛のツイート 本当に嬉しかったです🥰

そしてゲーテのインタビューも胸アツでした😭

ユノは『長く続けることこそがカッコいいんじゃないかと』って・・・

チャンミンも「僕らの歌で幸福感や元気を得られる人たちがいる限り歌い続けたい」って・・・

ちょっと 泣けてきました

ユノと一緒に とか チャンミンと2人で とかの言葉はなかったけど

当たり前だからと受け取っていいですか?

僕ら←って言ってたもんね😍

まだの方 写真も素敵ですので是非GETしてくださいませ♪

201907281653162ba.jpeg


東方神起以外にも興味深い記事が沢山あって

こういう雑誌に取り上げられるのは嬉しいですね♪

それでは また~







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_07_28


腐界(海)の住人の皆さま

こんにちは Mink です♪



昨日のFNS夏のうたまつり♪

ご覧になりましたか?

もう最高過ぎて嬉し泣きでした😭

暫く動悸が治まらず

やっぱりユノとチャンミンは最高だわ😍って再認識しました❣️

誰が何と言おうと お国の情勢がどうであろうと

この2人のことは 好きだなぁという気持ちしかない

日本のお茶の間に爆弾を落としたまま

早々にお帰りになりましたけど←

ありがとうです😊

スタッフさんにもお礼を言いたいです♪

髪型🌟衣装🌟選曲最高でした🥰

あれでいいんですよね

変にいじらないで そのままで本当に素敵でした✨

ありがとうございます😘

HOTHOTHOT☀️の最後の公開イチャイチャ😍は

あれも50さんの振り付けですか😆😆😆?

いやあもうお腹いっぱい胸いっぱい

身体中ホミンエキスで満たされて幸せな夜でした💖

今朝もまだ余韻を引きずってま〜す💖

観てない方はいらっしゃらないと思いますが

一応貼っておきますね♪

FNS公式の HOTHOTHOT

https://www.youtube.com/watch?v=x5D_nIePDGg

こちらは一般の方みたいです

WHY?

https://www.youtube.com/watch?v=G_2j-Sb8_5s

それでは

皆さまも笑顔いっぱいのホミン日和をお過ごしください💖


20190725124627596.jpeg


2019072512465679d.jpeg


ご新規さんも増えた模様で嬉しいです🥰





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_07_25


腐界(海)の住人の皆さま

こんにちは Mink です♪



昨日はご本尊の来日嬉しかったでえすね〜😍

ヒャッホー(((o(*゚▽゚*)o)))♡

今日のFNSとーっても楽しみです♪

今年に入ってまともなテレビ出演て初めてじゃないでしょうか?

貴重ですものね 楽しみましょう♪

7時にテレビ前でスタンバイできるように頑張りまーす!

HOTHOTHOT でお茶の間も盛り上がること間違いなし!

日向坂46の皆さんも緊張すると思うんですよね

大勢で盛り上げてほしいと思います😊



チャンミンの髪型と2人の衣装が気になるところですよね

固めたデコ出しじゃないことを祈りましょう🙏

衣装も ぼやけたアースカラーのダボダボなのや

トレンド最先端過ぎてついていけない形や色柄はやめてくださいね

めちゃくちゃカッコいい東方神起を見せてほしいです~

メイクもあまり濃くしなくていいから←

はい うるさいファンですみません💦

ジャニーズグループのように毎日テレビで見られるわけではないのでね

ここ一番にかける思いは並大抵ではないのですよ(わかって)





そして・・・

昨日は デコ出しよりも衝撃的なカウンターパンチをくらったチャミペン多数

皆さま 大丈夫でしょうか?

SNS 炎上していました・・・

私はもう 平気じゃないけど平気です←



今までに何度も 強烈なパンチをくらっているのでね

打たれ強くなっているのかもしれません(悲)

私は毎朝 起きてトイレに入って着替えて洗面を済ませ(いらない情報)

短時間スマホを見るのですが まずインスタを開けるんです

そしたら あの写真がデーンと・・・

うお~ なんじゃこりゃ~ 

え? チャンミン? ん? 何で~?

わぁ~ん ってなりました😭

一瞬 過呼吸になりますよね

あれはPOSTしないでほしかったな・・・というのが正直な気持ちです

炎上したせいか その後削除されました

あの方(ハンナさん)はチャンミンとの付き合いも長いし既婚で子持ちです

チャンミンもプライベートで ハンナさんの子供を抱っこしてたりしてたから

仕事関係とはいえ かなり仲の良い関係なのではないかと思います

だからチャンミンも意識せずに撮ったのではないかと・・・

ハンナさんはずっとスタイリストだと思っていたけれど・・・ 編集長なの?編集者?

インスタのプロフィールには Contributing Director って書いてある

先日のタイだけではなく 最高の写真集 【TIOMO】 の撮影でもイタリアへ同行していましたよね

そしてミラノでも2ショット撮ってましたよね



だいたい韓国では 女性と写真を撮るときに 

”マナーの手” とか言って直接肌に触れないようにするとかいうマナーがあるようで

ユノもチャンミンも そういう手で撮っている写真が何枚もあります

だけど 親しい間柄と思われる相手には がっつり肩を抱いたりしますよね

ユノがBoAにするみたいに チャンミンもハンナさんの肩はガッチリ抱くんです

まぁ 見るたびに 羨ましいというか ズキンという胸の奥の音を聞いてきたわけですけど

今回もね ズッキンドッキン ズッキンドキン♪

ただね

それだけで済まなかったのは

シチュエーションが良くなかった・・・

南国のリゾートホテル (撮影ですけどね)

ベッド

パジャマ

しかもね チャンミンが撮影で来たパジャマの前が はだけているのですよ・・・

なんとも 生々しいというかね

今のチャンミンとユノはヤバいでしょ?←語彙

男の魅力溢れまくってる カッコよくて可愛くて美しくてエロくてセクシーな

こんな鼻血ブーな状態のチャンミンと あのシチュエーションでの2ショット

もう チャンミンがカッコ良過ぎて ナムジャ過ぎて

本当に生身の男で・・・

そりゃあ いつも見慣れているハンナさんだって あんな表情になっちゃいますよね

白シャツに足も露わ チャンミンに寄りかかって 右手はどこにあるんじゃい💥

チャンミンも全く照れもせず 慣れたもんで エッチな余裕さえ感じられるという・・・



きっとね 他にもたくさん写真撮ってるんだろうなって思っちゃうの

ハンナさんもあれだけじゃないと思うし

他の女性スタッフさんも きっとね 撮ってると思うの

そういう見たくも知りたくもなかった部分が 想像できちゃうことが 私は嫌なのです・・・

今回は 腐っている私でさえ自分に変換して 2ショを撮る妄想させてもらいましたよ

皆さんはどうぞ その後もあんなことやこんなことを想像してください

そうでもしないとやってらんねぇー🤪



だいたい韓国のヨジャってどうしてあんなにくっつくんだ?ってくらいくっつくじゃないですか

で しかもその後に自慢気にインスタに上げるという

そういう文化なのか?

何かのイベントやコンサートの楽屋で必ずと言っていいほど上がるくっつき写真

あれ見て 気持ちよく思うファンは少ないですよね・・・



今回は 相手が長い付き合いの気の許せる編集者さんで

既婚で子持ちだから チャンミンも警戒心がなかったということなんだと思います

生々しいチャンミンを見れたということで よしとしましょうか・・・

でも ハンナさんは 少し配慮が足りなかったですね

やっぱりあのシチュだと自慢したくなっちゃうのかな?

案の定 TwitterもInstagramも炎上してました

ユノのスタイリスト お〇の炎上を思い出しました

インスタのコメ欄を朝 サラーっと見たけどやっぱりね・・・っていう感じで

その後 投稿を隠すように朝ごはんみたいなのをポストしてましたけど

きっと 更に炎上したんでしょうね

夜に見たら そのご飯のポストも削除されていました

きっと 心無いコメントが沢山飛び込んできたのでしょう

来日するっていう日だったのにね

チャンミン この手の事件はいつもタイミング悪い

チャンミンに対する暴言を吐いてる人もいましたし

チャンミンは悪くなくても 回りに足を引っ張られることが多々あるからね

ほんと 心配だわ・・・😣



ファンて健気ですよね(>_<)

一部のラッキーなファンを除いては

一緒に写真を撮るなんて夢のまた夢ですし

ましてや2人に触れることなんてできないし

2人から肩を抱いてもらえるなんて到底考えられないし

握手どころか 話すことも

目が合うことも叶わないのに

それでも応援するんです

お金を払って応援するんです

知り合いとか関係者というだけで美味しい思いをする人がいる中で

そうでないファンが圧倒的に多い

ファンて本当に健気でありがたい存在だなあとしみじみと思わずにはいられませんでした

だからね ファンを大切にしないアーティストはダメですよ👎

ユノもチャンミンもそこはわかってくれている

だからやめられないんですよ 東方神起の応援📣



語りだしたらキリがないから

来日ホミンカップルの麗しいお写真を貼って浄化したいと思います

もうすぐ FNS 録画もリアタイも準備は OK?

では また~

2019072408531609f.jpeg


2019072408542966c.jpeg


20190724085505edd.jpeg


20190724085542595.jpeg


201907240856549d9.jpeg




20190724091054c26.jpeg


20190724091134dcc.jpeg


201907240912285de.jpeg






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村






テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_07_24


20190622141148293.jpeg






身体を繋げることで


本当に恋人同士になれたんだって 安心した


目に見えるものではないけれど 俺たちは繋がっている





チャンミンは 仕事も順調で 大好きな”食”に関する仕事が入ったと喜んでいた


チャンミンが楽しそうに仕事をしている様子が


ネットニュースやTwitter 等を通して目に入ってくる


歌手が本業のチャンミンだけど


ツアーが終わったところで 今は 歌以外の仕事をする時期なんだそうだ


チャンミンが食べているところを撮りたいけれど


俺には俺の仕事もあるし


チャンミンの仕事には また 違うカメラマンが同行しているようだった


それに 俺にはBoAのレストランとの契約があるから


BoAのレストランの売り上げを益々伸ばすことに神経を注がなければならなかった





せっかく結ばれたと言うのに


チャンミンは その翌日からニューヨークに発ってしまい


暫く 逢えない日々が続いた





一緒に仕事をしているのは 大学教授とか


まぁ いうなればオジサンばかりだからちょっぴり安心だけど


あのビジュアルだし 


カッコ良かったり可愛かったりエロかったり七変化の百面相だから


どこで どんな輩に声をかけられるかと思うと 心配で堪らなかった


時差もあるから 電話もままならないし・・・


カトクで連絡を取り合うしかなかった


チャンミンがニューヨークにいる10日間ほどの間に


電話で話せたのは 一度きりだった


チャンミンは 毎晩教授たちとご飯を食べてるようだったし


俺は俺で 予定もあったから


やっと直に声を聞けたのは チャンミンが帰るという前日だった


「帰りのフライトに備えて 打ち上げも早めに終わらせるので部屋に帰ったら電話します」


というメッセージに飛び上がった


ニューヨークとソウルの時差は13時間


ニューヨークが夜の11時 ソウルが昼の12時頃


昼の仕事がなくて助かった





『チャンミン?』


「ユノさん」


『なんか 久しぶりだな・・・』


「ほんとに・・・
ユノさんの声 聞きたかったです」


『俺も チャンミンの生の声が聞きたかったよ
身体は 大丈夫か?』


「大丈夫ですよ 沢山食べてニューヨークを満喫してます
たくさん歩いてるし 見たことないような建築物もあって刺激にもなります」


『だから その 身体って あっちだよ』


「え? あっちって?」


『だからさぁ 行く前に無理させちゃったかなぁ・・・って 心配してたんだよ
後ろの方だよ あと 腰とか・・・』


「もうっ ユノさん 変なこと言わないでください
だっ大丈夫ですっ」


『だって心配になるだろ?
あんなにぐったりさせちゃったんだから・・・』


「だから 大丈夫です」


『そっか・・・ならいいんだけど 
後から ひりひりしたり 切れてたりしてないかな?って考えちゃってさ』


「・・・もういいです 電話で話すことじゃないです」


『本当に心配だったんだよ
でも もうすぐまた逢えるな?
今度は もっともっと丁寧に 身体も大丈夫かどうか確かめながらシないとな?
楽しみにしてるよ』


「・・・」


『チャンミン?』


「ユノさんの頭はそれしかないんですか?」


『うん』


「うん って・・・もう・・・」


『だって つきあいたてだし 初めてヤったわけだし・・・』


「ユノさん! もう 切りますよ?」


『ごめんごめん もしかして周りに誰か人がいるの?』


「いませんけど・・・そんな 色々思い出しちゃうじゃないですか・・・」


『え? もしかして 俺とシたときのこと?』


チャンミンが 俺と同じ想いでいてくれたら こんなに嬉しいことはない


「ユノさんて そういう人だとは思いませんでした」


『ちょっ・・・チャンミン お願いだから嫌いにならないでよ
1回ヤッただけで嫌われたりしたら 俺 自信なくすじゃないか・・・』


「だからそういうアカラサマな言い方がデリカシーがなくて嫌ですっ」


まずいまずい 嫌われたら大変だ


せっかくあのシム・チャンミンをモノにしたというのに・・・


『ごめん わかったよ・・・』


なんか 俺一人が舞い上がってるみたいで恥ずかしい


「僕だって・・・
僕だって 逢いたいんです ユノさんに・・・
でも 今は仕事でこっちに来てるし
逢いたくても逢えないんだから 帰るまでできるだけ考えないようにしようって
仕事に集中しようって 決めて来たのに
ユノさんが 変なことばかり言うから・・・」


『ごめん・・・』


「思い出しちゃうじゃないですか・・・」


『マジ?』


「・・・」


これって 同じってことだよな?


チャンミンも俺とのことを色々思い出しちゃったらシたくなるって


いや 俺に逢いたくなるってことだよな?





ヒャッホー!って叫びたい気持ちだ


って 叫んだけど・・・


神様ありがとう! 


『チャンミン サンキュー
俺 部屋の掃除もしておくし
ベッドも綺麗にしておくから
帰ったら 今度はうちに来いよな?』


「・・・また 連絡します
おやすみなさい」





ツーッ ツーッ ツーッ





切られた・・・








『BoA ・・・俺ってそんなにデリカシーがないかな?』


翌日 仕事で会ったBoAに 昨夜の電話のことを話した


”あのね そういうことを人に話すってこと自体 もうデリカシーがないってことなの”


『そうか・・・』


”いい? 相手は芸能人なの! しかも世界中に女性のファンがたくさんいるイケメンアーティストなの!”


『うん 知ってる』


”いつどこで 誰が見たり聞いたりしているかわからないのよ?
口は慎むにこしたことないの わかる?”


『うん わかった』


BoAの呆れ顔が 


俺のダメぶりを物語っている


”つきあうってことになったんでしょ?”


『うん』


”好きだって 確かめ合ったんでしょ?”


『うん』


”あのチャンミンがよ? 人見知りで用心深いチャンミンがよ?
あんたとつきあうっていうことを決めたんだから
本気に決まってるじゃないの! ほんとバカね
何も心配することないの
ユノはね チャンミンのプライバシーを守りながら大切にしてあげるべき”


『そっか・・・』


俺は パァーッと 頭の中が晴れた気がした


『ありがと BoA ! 俺 頑張るよ
また相談に乗って?』


”はっ? 私が言ったこと 聞いてた?”


『うん』


”あんたたちの惚気話なんて 聞きたくないの
2人の間のことは 決して誰にも言わないこと!OK?”


『OK!』


”デートは うちで 最大限の努力をして守ってあげるから”


さっすが BoAだ 


持つべきものは 親身になってくれる友達だな・・・





俺は チャンミンに


『帰ったら連絡して』


一言カトクを送った


チャンミンからは OKのスタンプだけが送られてきた





💖 💖 💖 💖 💖

こちらのお話はラブラブです~😍

昨日のお話は 仁川空港での様子から突発的に書いたものですが

2人が別れたとは思っていません←

距離は感じるけど

サークル婚も無事に終わって何よりです❣️

早々に帰国の途につく2人 

お疲れ様でした♪

FNSの観覧も申し込みしました(*≧∀≦*)

一応ね^_−☆





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村





テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_07_21


20190715163115f10.jpeg






ジリジリと焼けつく太陽の下


カメラマンの要求に応じて ポーズが取れるのは


水に浸かっているから・・・


暑くても 水に浸かれば 汗も気にならない





"そうそう 離れた恋人を想うように"


えっ・・・?


自然に 左手が動いた





あなたに貰ったブレスレット


撮影前に 無言でつけた





長い間 深い関係にあった あなたと僕


別れてから もうすぐ1年になる


嫌いになったわけじゃない


喧嘩をしたわけでもない


ただ 言われるがままに 別れた


こういうのを倦怠期と巷では呼ぶらしいけれど


僕たちの関係は それとも少し違うような気がしている


今も 僕の心には あなたが住み着いているのだから





そんな僕の 遠くを想う気持ちが表情に表れたのか


"凄くいいよ その表情"


カメラマンからは 一発OKが出た


衣装もヘアメイクも 用意されるがままに受け入れることが多いけれど


今回は 特にアクセサリーが用意されていなかったことを知り


いつも持ち歩いているブレスレットを身につけたのだ





雑誌のグラビアは好きだ


知らない自分に出会えることもあるから


韓国での発売は来月


SNS上では 僕の写真が出回っている


ソロ活動で忙しいあなたは 僕の写真を見ることはないのかもしれない


雑誌が発売になって


もし 手にしたとして


ページをめくっても


僕の手首を彩るブレスレットには 気づかないだろう


鈍感なあなたのことだから・・・





『俺たち 少し距離を置いてみないか?』


あなたから そう告げられたのは


日本で 前人未到のスタジアム公演を終えて帰国し


そのすぐ後に 慌ただしくイタリアロケに行って帰ってきたあと


イタリア土産を渡すために 一緒に食事をしたときだった


あなたの言う『距離』の意味がよくわからなくて


その時は 何も言えなかった





それが


東方神起のメンバーとして


恋愛感情抜きのパートナーとして頑張ろう


そういう意味なんだと


なんとなくわかるまで


結構な時間がかかったことは まだ記憶に新しい





僕の頭の中にも 心の中にも


あなたと別れるなんていう選択肢は これっぽっちもなかったから・・・





驚きと混乱


そして


ああ 僕はあなたにとってはそんなに必要な人間ではなかったのかという落胆


希望が絶望に変わり


今まで 何も疑わず


ただひたすらに幸せな未来を思い描いていた自分が滑稽で


あまりに滑稽で


この世の中に 絶対なんてないんだって


身に染みてわかった去年の夏





「誰か好きな人でもできたの?」


『別にそんなんじゃないよ』


「じゃあ どうして・・・」


『俺とチャンミナは これからもずっと東方神起だ』


「・・・」


『同じ方向を見ていくのはこれまでと何も変わらない
そうだろ?』


「ユノヒョン・・・」


『そんな寂しそうな顔すんな
俺はいつもチャンミナが大好きだよ』


じゃあ 何で?という言葉は飲み込んだ


明るく 楽しそうな顔で言われたら 何も言えなかったんだ


聞きたいことは山ほどあったのに・・・





もう 僕とは


キスもしないってことだよね


一つのベッドで


身体を重ねることもないんだね





僕が何かヒョンの気に入らないことをしたのか?


答えは今でもわからないまま


2人で会う時のために 用意した部屋は 今もそのままで


未練がましい僕は 今でも たまにその部屋に行き


食べてくれる人のいない食事を作り 自分で食べる


あなたと2人で選んだダイニングセットも 大きなベッドもあの時のまま


兼用で着ていた服も クローゼットにかけられたままだ





僕の気持ちは 最初からこれっぽっちも変わらない


ただ あなたに認められたかった


あなたの隣りに立つことを許された ただ一人の人間として


僕は 精一杯の努力を重ねていくことは止めないでいようって決めた





だから TOMORROW というアルバムを引っ提げての日本ツアーには


最大限の力を注いだ


新しく生まれ変わった東方神起を魅せるために


ヒョン・・・僕 カッコ良かったでしょう?


楽しかったよね アリーナツアー


大成功に終わったツアー そして 母国でのアルバムでのカムバ


今はあなたのソロ活動


僕は あなたの活動を眩しく 誇らしく見ているよ


僕には僕の 違う活動もあるから 


2人で逢う時間は 驚くほど減ったけれど


東方神起という家で繋がっているから


僕は 頑張るよ 


2人が最高と言われるように


僕の活動の軸は 東方神起だと 今もそう思っている





友達の多いユノヒョンは よく旅行に行く


楽しそうな写真を見ると 少し胸の奥が痛むけど


あなたが幸せなら それでいいよ


だから 僕はこのブレスレットをこれからも持ち歩く


僕が頑張る力になるお守りみたいなものなんだ


たまに このブレスをくれた時の あなたの少しだけ恥ずかしそうな顔を思い出して


ワインを飲む夜があること 言わないけど 認めてほしい


このブレスレットは 


いつまでも 僕のお守り・・・





❤️ ❤️ ❤️ ❤️ ❤️

お久しぶりです😊

昨日 チングと話していて 

GRAZIA の撮影でチャンミンがつけたブレスレットは

あの 疑惑のラブブレスではない!という結論に至りました

チェーンも輪っか←も違うような気がしませんか?

写真を見た時に書き始めた今日の記事

いったい何日かかっているんだ?という時期を逸したお話となりましたが

せっかく書いたので アップしました♪

こちらが本物の疑惑のブレス

20190720141940377.jpeg


さてさて 今日はサークル婚 in HONG KONG ですね♪

参戦の方は気をつけて楽しんで来てくださいね

私は日本で応援しま~す!

昨日は やっと解禁になった新曲 ♪HOTHOTHOT ♪

楽しそうな曲で 良かった😆

概ね好評のようで 安心しました

それでは また~







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_07_20


20190622141148293.jpeg






それはそれは時間をかけて


じっくり ゆっくりと 愛しい人の中へと入って行った


本当に少しずつ 挿れては出して 挿れては出してを繰り返した


チャンミンの身体を折りたたむように 持ち上げ


繋がる場所は 俺からは丸見えだった


わざとそうしたのは どんな風に男同士が繋がるのかを確かめたかったから


だんだんと 深く入って行くにつれ 腰の動きが大きくなるから


出し入れにも体力を使う 


はぁはぁという息切れのような声は 自分から発せられるものだと気づいたのは


半分ほど 入ったときだった





チャンミンは 目をぎゅっと閉じたり


うっすらと開いては俺を見たり 


手は 相変らず ずっとシーツを握りしめていた


『平気か?』


「んっ・・・大丈夫です・・・」


俺は チャンミンの潤む瞳と結合部を 交互に見ながら


腰を動かしていた





くちゅっ くちゅっ と出し入れする度に響く ねっとりと湿った音


チャンミンから溢れた蜜や 用意してきたローションをたっぷりと塗り込んでいるから


滑りは良い


それでも 女のようにこのまま ズンと突くわけにはいかなかった


「あっ・・・はっ・・・ああ・・・」


『んんっ・・・どんどん入って行く わかる・・・?あっ』


「んん・・・はぁ・・・んっ・・・わかる ユノさん 熱い・・・」


『ああ 気持ちいい 
チャンミンの中 凄く熱いよ・・・』


「もう 大丈夫です・・・来て 奥まで・・・」


その一言で もう我慢も限界に来ていた俺は 腰の動きを早めた


「ああっ・・・すご・・・あん・・・」


『チャンミン ホントに? 大丈夫?』


「大丈夫・・・ユノさんが どんどん来るの わかる・・・あっ」


『ん? あ・・・』


気づけば ほぼ9割ほど 中に入っていた


こんな固くて太いものが 入るのだから相当痛いだろうに 


初めて体験する物凄く強い圧迫感に 到底俺にも余裕はなく


チャンミンをいたわらなければいけないという頭の中の指令が


だんだんと 弱くなっていった





「ユノさん 嬉しい・・・入ってるでしょ?・・・ん・・・」


チャンミンが 嬉しそうに俺を見て言うから・・・


『凄いよ チャンミン 入っちゃった・・・あっ・・・』


喋ったり 少し動いただけで 中も蠢く


「初めてだけど・・・ユノさんが僕の中にいるかと思うと 凄く嬉しくて」


『俺も チャンミンと今 一つになってるんだって 嬉しいっ はっ・・・』


きつくてきつくて ちぎれそうだ


うねるように 腰を動かして 自分の分身を全て


チャンミンの秘密の場所に埋め込んで行った


「ああっ・・・はっ・・・」


『全部 入った・・・』


「あ・・・すご・・・あんっ・・・」


少し体勢を 整えただけで チャンミンの口から洩れる怪しい声


チャンミンの膝裏を持ち広げている俺の手はじっとりと濡れ


額から落ちる汗が チャンミンの腹を濡らす


苦しそうに顔を歪めては 虚ろな瞳を薄く開いて俺を見るチャンミンもまた


額に汗を沢山浮かべていた





『チャンミン・・・好きだ』


「ユノさん 僕も 僕もユノさんが好き・・・」


熱かった


どこもかしこも 熱かった





俺 遂に 憧れのシム・チャンミンを 堕としたんだ


心で求めて 身体も求めて


受け入れてもらえたんだ





「ユノさん キスして・・・」


ぐいっと 更に身体を折り曲げ 密着するように俺の身体をチャンミンに近づける


「あああっ・・・ん・・・はぁん」


気持ち良さそうな声を響かせ 俺の唇を強請る


こんなエロい男 俺は知らない


衝撃的過ぎた


チャンミンに覆いかぶさった途端 


最奥を突き刺す形になったソレが 2人に痺れるように快感をもたらした


「ああっ・・・」


大きな声で喘いだチャンミンと激しく唇を合わせ 求めあう


溢れ出る唾液が 掬いきれずに頬を伝っていく


チャンミンの腕が俺の首を引き寄せ


かじるようなキスを繰り返した


もう 口元はダラダラで どっちの唾液かなんてわからない


怪しく光る口もとが 更に俺を欲情させるから


少しずつ動かしていた腰は もう止まらなかった





『あっ・・・気持ちいいよっ・・・はっ・・・』


「あっ・・・もっと・・・もっと 動いて大丈夫・・・」


『ああん・・・んっ・・・ほら・・・どうだ・・・はっ』


「あああっ・・・んん・・・はっ・・・んんっ・・・」


ぴちゃぴちゃ くちゅくちゅと 濡れた音だけが耳に響く


唇を腫れるほど奪い ベタベタな口で チャンミンの首筋を舐めた


「ひいっ・・・ああ・・・ん・・・」


ぶるりと震えながら のけぞるチャンミンが妖艶過ぎて 脳天を勝ち割られたみたいだ


小さい乳首を甘噛みし 美しい胸を 舐めまわした


チャンミンもどんどん大胆になる


おとなしそうな外見とは裏腹に 


仕切りに俺の首や頭を掻き抱き 俺を引き寄せようとするから 


そろそろ 起き上がって終着駅を目指そうとする俺との攻防戦が始まる





「はっ・・・あっ・・・ユノさん・・・」


『チャンミン・・・ああっ・・・も・・・イキそ・・・』


「ぼっ僕も・・・イクかも・・・」


俺は チャンミンの腕を振り払うようにして身体を起こし 


再びチャンミンの膝裏に手を当てて自分の腰を振りやすいようにした


『行くよ・・・』


「ん・・・あっ・・・ん・・・」


もう 本当に無理だった


『あああああ・・・』


「やぁ・・・あっあっあっ ああっ・・・」


一心不乱に腰を振り チャンミンの中を猛スピードで往復する


これでもか これでもかというくらい 速さと強さと熱さの三重奏


更に滑りの良くなった チャンミンの中で ただひたすらに泳いだ


ちょっと別な動きをすると チャンミンの中がうねるのがわかる


『あっ・・・ヤベ・・・』


「ああっん・・・あっ・・・あっ・・・」


最後 無言でチャンミンの中に打ち付けた





いつまでもいつまでも 荒い呼吸が収まらなかった・・・





❤️ ❤️ ❤️ ❤️ ❤️

遂に 2人が結ばれました(歓喜)

リアルの2人も たまに愛の時間を持てているといいな♪

ようやくHOTHOTHOTを予約しました♪←遅っ

ミラーズはめちゃくちゃカッコいい曲だけど

未だにチラリとも公開されない秘密のベールに包まれたHOT・・・

サマーソングと言って ROADみたいなカントリー調じゃないよね?

一抹の不安・・・

あ ROADも好きですよ←何と言ってもMV最高だったし\(//∇//)\

そうそう!GRAZIA も予約しました♪

20190715163115f10.jpeg


このラブブレスがいつものと少し違うような気がしてるのですが皆さまどう思われますか?

最近あまり見せてくれていなかったから飛び上がって喜んだんですけどね

どうなのかな?チャンミン💜

2019071516315267c.jpeg


このパジャマもね〜

ヌッパンのユノと上級ペアルックとか❣️

匂わせだか揶揄いだか知らないけど

私たち 完全に弄ばれてるわ😂

では 明日からまた働きましょう~♪

Love Music 録画し忘れたマヌケなMinkでした・・・😅





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_07_15


20190622141148293.jpeg






初めてのことは 慎重にしないと・・・


頭ではわかっているのに 気ばかり急いてしまう


チャンミンを傷つけるわけにはいかないから


調べたことを思い出すように 沸騰した頭の中を懸命に整理しながら


手と口を動かした





清潔にしようと ゴムを手にはめてから


恐る恐る チャンミンの秘孔に指を伸ばした


自分のだってしたことない


チャンミンだって初めてなはず


指を少しずつ入れていく


「ん・・・」


『痛いか?』


「んんん・・・大丈夫」


1本の指を入れるだけで こんなに緊張するなんて


『痛かったらすぐに言って?』


「ん・・・まだ 痛くはないけど 何か変な感じ・・・」


そりゃあそうだよな こんなこと


男同士の深い関係か 病気の検査や治療でもない限りしないだろう


入口を広げることに神経を集中し 


ひたすらチャンミンの様子を気にしながら 指を動かした


1本なら すんなり入った指を抜き 


俺を迎え入れてくれる 神聖な場所をゆっくりと優しくほぐして行った


辛抱強く・・・


丁寧に・・・


こんなに緊張したことはないくらいに 緊張してる俺


時折 チャンミンが漏らす声で 


自分の動きが強すぎてはいないか


チャンミンは辛くはないかなど 気を配りながら


少し開いた唇に 唇を重ねた


少しでも チャンミンが楽でいられるように


キスに集中させて 後ろを柔らかくしていった





俺の前は もうパンパンで


チャンミンの肌に少し触れるだけで 弾けそうなくらい貼り詰めている


チャンミンはというと 初めての事でまだ快感には程遠いのか


少し萎え気味だった





『チャンミン・・・続けて大丈夫?』


「ん・・・ユノさん 大丈夫 続けて・・・早くユノさんが来られるように・・・」


『指 増やすから』


「ん・・・」


指を2本にし さっきからしていたことと同じようなことを繰り返す


だんだん 緊張がほぐれて来たのか 少し冷静になった


チャンミンの大切なところが切れていないか確認をしながら


更に指を増やして ゆっくりと中に入っていった


たまに もう片方の手で チャンミンを握り 動かすと


気持ちいいのか 


「はぁ・・・ん ユノさん・・・」


色っぽい声を漏らす


強く動かすと 元気になったチャンミンの先端からは透明な蜜がこぼれはじめた


じゅるっと 音を立ててそれをいただき 両の指を動かす


「ああっ・・・ユノさん そんな 口つけないでっ」


『チャンミンからのプレゼントだ 全部俺がもらうよ』


先端を口に含み 吸い上げながら 更に指を動かして後ろを広げていく





チャンミンの身体なら 何処にだって 口づけられる


しきりに 恥ずかしいからやめてと言い腕で顔を覆っているチャンミン


それでも 前を弄られると感じるのか 身体を起き上がらせることはしないで


俺のなすがままになっている





早く繋がりたい


ただ それだけ


チャンミンと 一つになりたい一心で


ひたすら 後ろに神経を集中させた


チャンミンはぐったりとベッドにはりつき


息は荒く熱い


「ユノさん・・・もう 大丈夫・・・来て・・・」


欲情し過ぎて 破裂しそうにそそり勃っているモノが 本当に入るのだろうか・・・・?


『少しずつ試すから 痛かったら本当に言って?な?』


「は・・・い・・・はぁ・・・」


自分にカバーを被せ 準備を整え 


チャンミンの先端に軽くキスを落として 更に足を広げた





『チャンミン・・・いいか? いくぞ』


「ん・・・」


腕を外し 俺を見るチャンミンは なんと妖艶なことか・・・


繋がる場所に 俺の先端をあてがい 少しずつ挿入を試す


チャンミンの腰を持ち上げるようにして 


足をぐっと広げさせ 俺のももがチャンミンの下に入り込むようにして


その場所を見ながら 差し込んで行った


チャンミンの入り口は温かく 怪しく蠢いていた


俺の先端だけでも 結構な太さがあり これが全部入るとは到底思えなかったけれど


そこを乗り越えたら訪れるであろう悦びを想像し


チャンミンに声をかけながら 少し挿れては抜き を繰り返し


だんだんと 奥に進んで行った





チャンミンはぎゅっと目を閉じ


シーツを握る


『チャンミン もうすぐだよ もうすぐ繋がれるから』


「ユノさん・・・あ・・・はぁ・・・ん」


チャンミンの膝裏に手を当てて さらに持ち上げながら広げる


チャンミンの身体は柔らかく ぐっと膝が身体に近づいても


チャンミンは痛くないと言った


俺は 慎重に 秘孔を確認しながら腰を動かし 少しずつ少しずつ


本当に少しずつ チャンミンの中に入っていった





俺のどこにこんな辛抱強さがあったのかと 驚くほど・・・


男同士でありながら


俺と 恋人になり 深い部分で繋がろうとしてくれているチャンミンを


心から 大切に思った


こんな行為 普通じゃない


今までの俺なら考えられなかったことだ


亀のようにゆっくりでも 俺は 嬉しくて嬉しくて堪らなかった





❤️ ❤️ ❤️ ❤️ ❤️

久しぶりの更新になってしまいました

2人の情報は バラバラなものばかりですが

こちらの2人は 早く繋がらせてあげたくて❤️

どうか上手くいきますように🙏



♪ミラーズ!聴きましたか〜?

チャンミンのハイトーンとスピード感のあるメロディー♪

ドラマの雰囲気とも良く合っていてカッコいいですね😍

テレ朝ですから是非Mステで披露していただきたいです❣️

その際のお衣装は

昨年不完全燃焼で終わったMステ出演時のこのお衣装でもよろしくてよ💕

201907141603051ea.jpeg


スタッフさん

よろしくお願いいたしますm(_ _)m

鬱陶しい雨が続きます

皆さま 体調を崩されませんように♪





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_07_14


腐界(海)の住人の皆さま

こんにちは Mink です♪



バンコクでのサークル婚も無事に終わり

気づけば 七夕も終わっていました T_T

ユノとチャンミンが一緒にいたのは束の間で

相変わらず別々のお仕事が続いています

"七夕くらい一緒にいろよ" とヤサグレました ( ̄∇ ̄)

ユノはユノでサイン会したり

何かの楽しそうな写真も上がってるし

チャンミンはチャンミンで 鍛え続けて

バキバキのお身体を南国の海で披露してくれたりして

それはそれで涎垂らして眺めましたけれど←

すっかり東方神起から遠ざかったお仕事ばかりで

新しい妄想の種がなかなか芽が出ませんね〜😢

なら続きを書け!

はい分かってます😔

そこそこの地位を確立したマルチな俳優さんが

新しいお仕事にチャレンジしていて

合間に少し東方神起という活動をしているみたいで

やっぱり寂しいんですよね・・・

(ユノのソロだけがいいという一部の方は最高に嬉しいのかもしれませんがユノも東方神起なんですよ)

サークル婚が遠い昔に思えて

明日婚が更に大昔の出来事みたいで

この状態に慣れなくちゃいけないんですね〜😭

そんな 干からびた私にも

FNS歌謡祭出演決定は嬉しかったですね〜💖

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

HOTHOTHOT 初披露となるのでしょう❣️

バンザーイ㊗️

生放送は一抹の不安もありますが😅

髪型とか生歌とか→

それでも日本に来てくれるだけで嬉しいです

。・゜・(ノД`)・゜・。

最悪の日韓関係を鑑みると 今後も日本活動は今のペースと思われます

だから貴重なの❤️

とても貴重なの❤️

FNSというと12月のイメージが強いのですが

コラボとかしてくれるのかな〜?

2人の姿が生放送で見られることがどれだけありがたいことなのか

しみじみと感じている昨今です💓

チャンミン💜前髪は下ろしてね♪

短くても下ろしてね♪

お願いだから下ろしてね♪

「しつこいです!」

2019071012480411b.jpeg






ジャニー喜多川さんがお亡くなりになりました

日本の芸能界をずっと牽引されてきた重鎮です

男子アイドルと言えばジャニーズ❣️という確固たる世界を築き上げた

芸能界史上稀に見る大御所なのではないかと思っています

たのきん世代のわたし

ジャニー喜多川さんのご冥福を心よりお祈り申し上げますm(_ _)m





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_07_10


音を立てないように 僕は必至に堪えた


ともすると しゃっくりが出てしまうのではないかと心配になるくらい


涙が とめどなく溢れて 止まらなくなった





ユノヒョンのバカ・・・





このまま じっとして入れば ユノヒョンも寝るだろうと


ひたすら 息を殺して 寝息が聞こえる瞬間を待った


でも ユノヒョンが 寝返りを打つ音が聞こえても 


寝息はちっとも聞こえてこなかった


僕は 筋を違えてしまいそうなくらい 身体を固めて


ただただひたすら 泣く声を我慢した





『チャンミナ・・・?』


「・・・」


声を殺さなければと右手を口に当てて目をぎゅうっと瞑る


すると ユノヒョンが 僕の肩に手をかけて 僕を自分の方へ向かせようとした


絶対に泣いている顔なんて見せたくない


ユノヒョンの手が 僕の肩を動かそうとするたびに


全身に力を入れてユノヒョンの方を向かないようにした


『チャンミナ 起きてるんだろ?
どうしたんだよ 顔見せて』


「・・・や・・・」


『チャンミナ』


何度も僕を振り向かせようとする綺麗な手を 払いのけた


「やだ・・・」


『ほら やっぱり起きてる・・・』


「お休みなさい」


『チャンミナ 顔 見せて?」


かたくなな僕に痺れを切らしたのか


ユノヒョンは 起き上がった


そして 


ぼくを 跨いだのだ


意地でも 見られたくない僕は 必死に顔を枕に埋めた





『はぁ・・・』


溜息が聞こえる


『チャンミナ?』


「・・・」


僕の顔の両脇に肘をついて 僕を逃げられないようにしていることがわかる


数秒の沈黙


『おまっ・・・』


「だから! 寝てるんだから 見ないで!」


『泣いてるのか?』


そんなことを口にするなんて この人は本当にデリカシーがない


なのに 


嫌いになんてなれないんだから そんな自分に呆れてしまう・・・





『悪かったよ』


「・・・」


僕の髪を撫で 顔を隠している手の甲に 自分の手を重ねてきたユノヒョン


『俺が 泣かせてるんだろ・・・?』


「違う・・・」


『意地はるな』


首から耳もとに ユノヒョンが近づいてくるのがわかる


僕の耳元に近い短い髪を その綺麗な指で何度も何度も撫でながら


『チャンミナ・・・俺 嫉妬した』


チュッ・・・


僕の耳に唇を落とし


続けて優しく髪を撫でる


たったそれだけで 更に泣きそうになる


ヒョンのバカ バカバカバカ


思い切り言いたくなる


僕は 自分が情けないんだ


こんなことで 泣いたりして・・・





今に始まったことじゃない


僕たちは 今までも嫉妬から喧嘩をしてきた 何度も・・・


ヒョンが 僕じゃない人の肩を抱いて 楽しそうにしていたりすると


僕はいつも モヤモヤする


そこには 何の感情もないってわかってるのに・・・





『チャンミンが 顔をみせてくれないと ごめんのチュウもできない』


「・・・」


ユノヒョンは 喋りながら 僕のうなじに唇を這わせた


「ん・・・あっ」


思わず身を捩った僕 


すかさず 僕の手をどかして 顔を見つめたユノヒョン





どうしてそんなに優しい顔をするの?


『チャンミナ 明日はライブだぞ?
このまま泣いていたら 目が腫れちゃうじゃないか
チャンミナの綺麗な瞳を タイのファンはきっと楽しみにしてるはずだ
少し冷やした方がいいよ』


「うん・・・」


ゆっくり起き上がろうとした僕を シーツに押さえつけて


『仲直りのチュウが終わったらな』


「あっ・・・んん・・・んっ」


僕に跨ったままのユノヒョンの熱いキスが 僕を襲う


すっかり いつもの熱いキスに 段々その気になる


「ユノ・・・ヒョ・・・ン」


ヒョンの首に腕を回し 僕もユノヒョンの舌を追いかけた


ああ このままだと 抱きあいたくなる 


その先へ 進みたくなる


でも わかってる


僕たちの暗黙の約束は ライブ前日には SEX はしないこと


身体が資本の僕たち


無茶なことはしない 


ライブが終わった後には 一つになれるのだから・・・





『寂しかったろ? ずっと 俺忙しかったから・・・』


「ん・・・ユノヒョンが 認められて活躍するのは僕にとってはとても嬉しいことなんだよ」


至近距離で会話するのは 何日ぶりだろう・・・?


この間 日本に行ったとき以来かもしれないな・・・





「ヒョン・・・好き? 僕のこと」


『何言いだすんだよ そんなの 当たり前だろ?』


「僕はユノヒョンが好きだよ 
僕の特別は ヒョンただ一人だよ・・・
それだけは わかって」


鼻が 触れる


唇も 微かに触れる


今 言わなきゃ 


わかっていても 今 言わなくちゃって思った


『俺の特別も チャンミナだけだよ・・・』


「んん・・・」


僕たちは 久しぶりに 激しいキスを交わした


体温を感じたくて 2人同時にTシャツを脱ぐ


足を絡め 腕を絡め 舌を絡めて


お互いの体温を確かめた


僕も 上になって また 下になって


ユノヒョンの鍛えているのに僕より柔らかい胸を確かめ


大きな赤い粒を口に含んだ


「ヒョンのここ 可愛い」


『あっ・・・やめろっ』


「僕よりずっと 大きくて赤い」


『あっ やっ・・・だからやめっ・・・あんっ』


「エッチなんだもん ヒョンのここ」


僕は 思う存分 舐めたり噛んだり吸ったりして ヒョンの赤いところを楽しんだ


ヒョンは 怒らなかった


『チャンミナが好きなら いいよ 沢山食べな』


「好きだよ ここも 赤い唇も」


『そんなことしてる お前の口の方が もっとエッチだって』


ふふふ


僕たちは 一緒に笑いあった


裸で 抱きあいながら キスをして 


そのうち 手で中心を握り合い キスをしながら 今までの嫉妬を吐き出した





『明日のライブは 全力だぞ』


「わかてるって よろしくね ユノヒョン」


慈しむような 女神のような優しい微笑みで 僕を包んだヒョン


裸で抱き合ったまま 眠ったバンコクの夜





結局 目も冷やさなかったけど


楽しそうに歌い踊る僕たちを見ているファンは 嬉しそうだったから


きっと そんなに腫れずに済んだんだと思う


すれ違いが続くけど 次に一緒に眠れる日は 一つになろうね


大好きなユノヒョン・・・





fin


💛 💛 💛 💛 💛

やっと更新できましたー

2人のお話を書いているときって とても満たされる

チャンミン プーケットでのグラビア撮影💛って

聞いただけで 鼻息が荒くなります

もう身体中が枯渇状態の私に あんなこんなでエロ攻撃をしかけてほしい

できれば ユノと二人で 裸でベッドルームでの撮影でも良くってよ?

大人になった東方神起2人で恋愛映画を作ったら

きわどいベッドシーンがなくても 昇天するなって

諦めきれない希望を持ち続けております

それでは 皆さま 良い週末をお過ごしください♪

最近 以前のお話を一気読みしてくださっている方 

ありがとうございます

励みになります♪





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_07_06


06  « 2019_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top