FC2ブログ



20190831111438e3d.jpeg







『チャンミナ!』


・・・


いるわけないか・・・


その部屋は 静かだった





そうだよな


俺たち 別れてから プライベートの約束なんて


一度もしてない


この部屋は 協賛品やファンからのプレゼントなど


自分の部屋には 置ききれない服などが置いてあるし


自然災害にあっても しばらく暮らしていけるくらいには 多くのものが揃っている


今までは自由に出入りして 自然にここで逢うことが多かったけれど


あの話以来 俺は ここに足を踏み入れるのは初めてだった





チャンミン・・・チャンミナ・・・


俺 やっぱり お前が好きだ


お前から別れを告げられたけど 俺 納得してねーし


うん そうだ


お前に逢えたら もう一度だけ 聞いてみようか・・・





このひと月の間 毎日毎日 何かが違うと考えていた


どうして チャンミンは 俺のそばから離れたのか・・・


暗い部屋に明かりを灯す・・・


静まりかえってはいるものの


何やら 人が出入りしている気配がうっすらと感じられた





んなわけないか・・・


明るいリビング


ん?


やっぱり 気配だ


チャンミナ ここにいたろ?


もしかして パエリア ここで 作った?


もしかしたら?と淡い期待を込めて キッチンへ行き


冷蔵庫を開けたら・・・





あの 黄色いご飯が鎮座していた


チャンミナ・・・


Instagramに上げていた あの器のまま


三分の一ほどが 残された状態で ラップがかかっていた


きっと自分の部屋で作り その後この部屋に持って来たんだろう


俺 勘違いしても いいかな?


チャンミンの心は まだ俺にあるって


そう思っても いいよな?





どうしてチャンミンの別れ話をすんなり受け入れてしまったのか


あの時は 気が動転していたとしか思えない


今となってはもう そんなのどうでもいい


早く伝えなきゃ


チャンミンに 今 伝えなければ!


ジーンズの後ろポケットに入っているスマホを取り出し


大切な人の名前を表示させたその時


ガチャッ!


玄関のドアが開いた


そういえば 鍵かけてなかったかも・・・





「ユノ・・・ヒョン?」


『チャンミナ』


「どうして ここに・・・」


驚くチャンミナに近づき 無言で抱きしめた


「ユノ!」


『しっ!何も言わないで・・・』


「・・・」


しばらく 無言のまま


腕の中の一人のぬくもりを感じていた


それは とても懐かしく 温かいもので


何よりも 俺が安心するものだった





「か…鍵・・・」


『黙って・・・』


「・・・っ」


『チャンミナ・・・』


「ど どうしたんですか?
何かあったんですか?」


『撤回しろ』


「何をですか?」


『この間の別れ話』


「え?」


『お前の 煮え切らない別れ話』


「何のことだか」


『チャンミナが 俺に別れようと言った話だよ』


「あれは・・・」


『そもそも俺は納得してない』


「でも 僕のしたいように って」


『あの時は 気が動転してた』


「そんな・・・」


『パエリア 食わせろ』


「冷蔵庫の中まで見たんですか?」


『あれは俺に残しておいてくれたんだろ?』


「それは違います」


『うそつけ!』


「本当です だから食べようと思って来たんです」


『じゃあ なんでこの部屋にある?』


「それは・・・」


『だから撤回しろ 俺は嫌だ お前と別れるなんて』


「ユノ・・・」


『あんな一方的な話 受け入れられるわけねーだろーが』


「僕がそうしたいのなら って言ったくせに・・・」


『俺のこと 嫌い?』


「そんなわけ ないです 
大切なヒョンですから」


『ヒョンとして だけ?』


「東方神起のメンバーであり ライバルであり・・・」


『恋人 だろ?』


「今は・・・ちが」


『勝手に決めるな』


「・・・」


腕の中でじっと動かないチャンミンを ぎゅうっと強く抱きしめた


「ん・・・ユノヒョン・・・」


『戻ろう・・・元の関係に・・・
てか 別れてないからな』


「・・・」


『顔 見せて』


身体を離し 頬を両手で包む


その眼は 少し潤んでいた


『俺 やっぱりお前が・・・
チャンミナが 好きだ』


「・・・」


『で 一番 大切』


「ヒョン・・・」


『だから バカなこと 考えるな
女がどうとか 考えるな
結局一人でパエリア作ってんだから・・・』


「そんなこと言ったら食べさせてあげません」


『まずは チャンミナの気持ち 聞かせて?』


「・・・」


『俺とじゃ ダメなの?
一緒に人生を歩んで行こうって決めたの 忘れたの?』


「僕で いいの? 
ユノヒョンの隣りは 僕でいいの?」


『ダメ』


「え?」


『隣りじゃない 一心同体なの』


「何それ・・・」


『お前と俺は 2人で一つなの』


「・・・」


『だから 片方が欠けると 動けない』





暫くの沈黙


下を向いたり 俺を見上げたり 


口を開きかけては 閉じたり・・・


業を煮やした俺


『好きだって言え』


「・・・」


『ユノが好きだって 言ってくれ』


「・・・」


『愛してるって 言ってくれ』





すると 潤んだ目を真っ直ぐに俺に向けて


ふわりと 首に腕を回してきた


耳元に 触れる柔らかい唇


「嫌いになったことなんて 一度もないです
若い頃から・・・」





俺の方が 固まった・・・


直接的な言葉ではなくても これは愛の告白と捉えていいよな?





チャンミンは あっという間に離れて 


冷蔵庫から パエリアの残りを取り出した


好きだとは 言わないつもりだな?


まぁいいさ そのうち言わせてやる





「さあ 食べましょう 温めます」


少ししかないパエリアを 俺は噛みしめて食べた


『エビが一匹しかいない』


「ふふ だから言ったでしょう? 僕一人で食べる予定でしたから
殆ど先に食べちゃったんです」


拗ねながら 食べる俺に


チャンミンは


「また 作りますから」


優しく 微笑んだ





💖 💖 💖 💖 💖

やっぱりユノにはチャンミンが必要で

チャンミンにはユノが必要なんですよね\(//∇//)\

で チャンミンだけ一人先にジャカルタ入り〜

ユノは一日遅れて イケメン振りまいてジャカルタへ~

せめて帰りは一緒に帰ってきてね♪

昨日は ジャカルタの熱い夜 あったのかなあ・・・💛

ライブのレポも楽しみです♪





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_08_31

補足〜

category: 雑談  

腐界(海)の住人の皆さま

おはようございます Mink です♪



私 やらかしましたねー💦

昨日は 途中のお話を公開してしまいました😅



当初 2人のSSとして【僕の手料理】の後の続きを書いていて

28日にアップする予定だったのですが

花火の儚げピンクチャンミンにやられて急遽 

【一人で見る花火】をアップすることにしたので 

続きは29日にしよう と下書きにしたはずが

すっかり28日公開になってた😱



一度に 同じ時間に2話更新とか 変でしたよね~

ごめんなさい🙇‍♀️

28日は 【一人で見る花火】

29日は【パエリアは俺のもの 1 】の順番で読んでいただけたら嬉しく思います

可愛いチャンミン貼っておくから許してね♪

201908290703176bc.jpeg


20190829070405aae.jpeg


20190829070440173.jpeg


20190829070510676.jpeg


20190829070555fbd.jpeg


20190829070647ce2.jpeg


20190829070729ccc.jpeg


20190829070833944.jpeg


2019082907155303e.jpeg


201908290716238c6.jpeg


20190829071702dd4.jpeg


20190829071743dc7.jpeg


20190829071927db2.jpeg


足 長い〜😍😍😍😍😍

それにしても

チャンミンたら 本当に現実離れした感じで

一人浮いてたなあ💖

髪の色 少し明るくしたのかな〜

文化祭とかキッザニアとかよちよち案件とか

赤ちゃんとか姫とか色々言われてて本当に可愛い😍

実際に会った方は ✨✨✨王子様✨✨✨と✨

一番ウケたのは こちら

20190829002345192.jpeg


☆あまりにお上手なので拝借いたしました☆

こちらは妄想用にどうぞ♪ *ツイよりお借りしています

20190829072551aea.jpeg


ユノやチャンミンのヨジャとの2ショが上がるたびに

またか〜となるのですが

相手によっては全く気にならないという場合もありますよね

まさに"人によって違う"😂

この方も別に気にはなりませんが

腰に手を回す必要はないです( ̄^ ̄)

私も回したいよ〜😆

ユノ〜チャンミンのそばにいてやってよ〜😙

20190829073718670.jpeg


では〜Have a good day ❣️





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_08_29


最近 シウォンとチャンミンが 妙に仲がいい


別に俺が口出しすることではないけれど・・・


2人でパッピンスを食べに行ったり


よく連絡を取り合っている


シウォンからは しょっちゅう電話もかかってくるみたいだ





愛しのチャンミンの 義務警察への入隊が決まった時


シウォンとの同伴入隊が発表されて 安心したファンも多いかっただろう


実を言うと かなり前から 


”東方神起のチャンミンはSJのメンバー誰かと一緒に兵役に就く”ことが決まっていた


チャンミンを一人で むさ苦しく厳しい場所へ送ることは 


何故だか 関係者の誰もが心配していたことだからだ


入隊時期も含めて 事務所とも随分話し合ったが


東方神起を何よりも大切に思うチャンミンが 早めの入隊を希望したことで


時期的に そろそろ入隊をしなければならないシウォンに白羽の矢が立ったのだ


ドンパチ部隊にチャンミンを送ることなど 地球が爆発しても考えられなかった俺も


義務警察ならと 安心したことを覚えている


そして 見事に同時期に試験をパスしたシウォンと


行きも帰りも全く同じという 同伴となったのだ


ま 事務所の押しもあってのことだけれど


チャンミンのそばに シウォンがいてくれるというだけで俺の気持ちがどれだけ落ち着いたか・・・


想定外だったが 一足先にドンへが義務警察にいたことも有り難かった


『チャンミナを見守ってくれ』 という気持ちで 渡した訓練中に使える腕時計


シウォンとチャンミンにお揃いのものをプレゼントした


おかげでというか 事務所の思惑通り


シウォン ドンへ チャンミンの義警トリオは 何事もなく勤めを終えることができた





ただ 朝から晩まで一緒の生活を1年9か月も続けてきたシウォンとチャンミンは


俺の予想以上に 仲良くなっていた





別れを切り出したのは まさかシウォンが関係してるわけじゃないよな?


俺とチャンミンの絆は エベレストよりも高く


マリアナ海溝よりも深いんだって ずっと思っていた


一生大切にすると誓ったチャンミンからのまさかの別れ





心臓が止まったようで 何も言えなかった


あれから ひと月・・・


俺は 今でも変わらずにチャンミンを愛している


でも アイツが俺といることを選ばなかったのだから 仕方ない


俺は チャンミンを縛ることだけはしたくないと思っていた


アイツが 羽ばたきたいというのなら 喜んで背中を押そうと決めていた


女ができて 女と人生を歩みたいと チャンミンが言うのなら


俺は 潔く送り出す覚悟は 最初からできていたはずだった





なのに・・・





今でも 何一つ変わらない チャンミンへの気持ち


無理に変える必要もないと思っている


俺たちは 2人で東方神起なのだから・・・





キスをしなくても 一緒に眠らなくても


仕事では 最高のパートナーでいたいんだ





そんな俺の気持ちを見透かしたように 揶揄するのは他でもない


シウォンだった


ある日 事務所で会ったときのこと


”ユノ また チャンミンのこと じっと見てただろ?”


『当たり前だろ 仕事仲間なんだから』


”別れたんだろ?”


『気になるだけだ
お前に関係ないだろ?』


”あるよ”


『は?』


”俺さ チャンミンのこと すごく守ってやりたいと思ってる”


『・・・』


”ユノと別れて ちょっと寂しそうだったから 本当は別れたくなかったんじゃないかって
可哀そうに思ってたんだけどさ
この間2人で デートしたら 凄く楽しそうだったんだよ”


『デートとか言うな
それに デートなんてするな』


”ほーっ どの口が言う?
自分だって しょっちゅういろんな奴らと出かけたり
写真撮ったりしてるだろ?
チャンミンが誰と出かけようが ユノが口出しすることじゃない”


『で? お前はどうしたいわけ?』


”ん・・・これからもチャンミンを誘うよ
で 折を見て告白する”


『っ!』


”お互い恋人のいない者同士
悪いことはしてないよ”


『・・・』


よく知る相手だけに 迂闊に物を言えない


『シウォン まさか チャンミンに 何もしてないよな?』


”何もって?”


『・・・』


”キス・・・とか・・・?”


いくら気心の知れたシウォンであっても ダメだった


一気に頭に血が上った





多分 鬼の形相だったんじゃないかと思う


『チャンミンはな 軽い気持ちで人とつき合ったりする奴じゃない』


”知ってるよ 俺だって・・・
元々たまに飲んだりすることはあったし
義務警察時代は 1年9か月も一緒に生活していたんだ
休み以外は片時も離れずにな”


『俺に喧嘩売ってんの?』


”喧嘩も何も どうしてユノがそこまで怒るのか?って話”


『チャンミンは大切な東方神起のたった一人のメンバーだからだ』


”メンバーね・・・
大丈夫 安心しろよ 東方神起のチャンミンだってこと
常に肝に命じてるからさ”


『・・・』





チャンミン お前 シウォンのこと・・・


いても立ってもいられなかった


昨日 チャンミンがインスタに上げたパエリアの写真


俺のために料理をするのが楽しいと言ってなかったか?


ユノヒョンと2人で食べると何でも美味しいねって 言ってただろ?


誰かのために作るって 凄く心が満たされるんだねって 笑ってたんじゃなかったのかよ?


あのパエリアは 誰のために作ったんだよ?





ダッシュでチャンミンのマンションを目指した


俺たちが 逢っていたのは 同じマンションの別な部屋


正確には チャンミンの家の隣りの部屋


そこが2人にとっての 俗に言う ”愛の巣” だった


最近は 殆ど行っていなかった


行くと 思い出してしまうことが多過ぎるような気がして・・・


でも いても立ってもいられなかった


汗だくで 到着した部屋


迷わずに ロックを解除した・・・





💛 💛 💛 💛 💛

花火を見上げるチャンミンに 

あまりに胸がきゅーんってなったので

花火チャンミンを先に公開し

このお話は29日に上げる予定でした

間違えて公開してしまいました・・・

途中だったのに・・・

本当に 私って おっちょこちょいだわ~

一度に2つも記事が公開されて 変だなと思った方も多いと思います

もう読んでくださったかたもいらっしゃるようなので

公開のままで 日付を29日にさせていただきますね♪

最後の方 少し足してマス







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_08_29


パエリアを食べながら泣くなんて


女々しくて情けない


腹も満たされたところで


たまには一人で夜の散歩でもしてみようか


暗闇なら 人にも見つかりにくいし


今 誰かと飲みたい気分でもないから・・・





一人でぶらぶらし始めたら 遠くに花火が見えた


検索したら意外と行きやすい場所


早速タクシーを捕まえて会場に向かった





綺麗だな


そう言えば いつだったか


ユノヒョンと一緒に 日本の花火を見たことがあったな


車の中からだけど


大規模で遠くからでも良く見えた





次々に打ち上がる花火に誘われて


どんどん近づいていく


芝生の公園は広く


結構ゆったりと見られそうだ


人目につきにくい木の側を選び 腰を下ろした


20190828124725ae2.jpeg



となりにユノヒョンがいたら


どんなに幸せかな


201908281249090b4.jpeg



鼻がツンとしたのは 花火の火薬のせいだよね


ああ 今 あなたと一緒にいたい


ユノヒョン


今宵は何処で 誰と何をしてるの?


20190828125000266.jpeg



僕は 華やかに自己主張する花火を


ユノヒョンのように眩しい想いで眺めた


8月も終わりのある夏の日の夜


夜風がほほに優しかった





🎆 🎆 🎆 🎆 🎆

昨日のイベントのチャンミンがあまりに儚げで可愛くて

続きの妄想に繋げてしまいました🥰

あんなにかっこいいのに

何をしても可愛いとか言われて

タイムラインにチャンミンを赤ちゃん扱いするツイートが溢れてて😂ホントにそれが可愛いわ😂

チャンミンて見た目だけではなくて

中身も含めた存在そのものが綺麗なんだな〜💖

もちろんユノも美しいし

きっと ユノはチャンミンをとても大切に思ってるんだろうな

ユノ❗️隣に座ってあげて❗️

切に願ったよね\(//∇//)\

20190828162928779.jpeg


はぁ😍可愛い💕💕💕💕💕





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_08_28

僕の手料理

category: 2人のSS  

『チャンミナ! お疲れ』


「お疲れ様でした」


『明日は レコーディングだな』


「そうですね」


『・・・』


ユノヒョンが 僕をほんの一瞬 見つめた気がした


何か言いたげな感じで


『あの 今日さ 飯でも食いに行く?』


「え・・・?」


『せっかく早く終わったんだしさ 
どうかな?って 思って・・・』


「・・・」


言葉に詰まる


『あ ごめん 嫌ならいいんだ 無理にとは言わない』


「あ いえ そういうわけじゃ・・・」


『うん うん ごめんごめん 
困っちゃうよな』


「僕 キュヒョンと約束してて・・・」


そう言うと ユノヒョンの目が 少し大きく見開かれた


「ユノヒョンも お友達たちと約束あるんじゃないですか?」


『ん? まぁ俺の友達はいつでも大丈夫だからな・・・
そうだな この間の撮影のお礼もしなきゃならないしな
アイツらと 飯でも食ってくるよ』


「・・・はい」


『悪かったな 返事に困るようなこと言って』


「いえ そんなこと・・・」


『キュヒョンによろしくな』


「はい・・・」


少しだけ 苦笑いした僕


『チャンミナもキュヒョンも 2人で飲んでばかりいないで
早く 彼女 作れよ?』


ユノヒョンは 僕に手を振って 先に打ち合わせをしていた部屋を出て行った


出て行くとき 一瞬だけど 振り返って僕を見た


お互い無表情で 目が合うこと2~3秒


でも ユノヒョンは 何も言わずに出て行った





シーンと静かになった事務所の一室


僕は 大きなため息を吐いた


これでいいんだ


本当は キュヒョンと約束なんて していなかった


キュヒョンは 今 海外だ


よくよく考えれば ユノヒョンにだってすぐにわかること


だって キュヒョンの予定は スーパージュニアの予定なんだから・・・


今 ソウルにいるわけないのに・・・


どうせ ドンへやウニョクのインスタで すぐにバレるんだろう


僕も情けない


咄嗟にキュヒョンの名前を出すなんて


キュヒョンしか友達がいないみたいじゃないか・・・


ある意味 そうだけど・・・


ミノは今 いないし


他の友達とは そんなにしょっちゅう飲んだりはしない


つまらない嘘をついて またユノヒョンに呆れられちゃったかな?





”あれ? ユノは帰ったのか?”


一人で ボーッと立っていた部屋に マネージャーが戻ってきた


「はい 友達と予定があるみたいで」


”そっか じゃあ チャンミナは家でいいか?”


「はい お願いします」


僕はマネージャーの運転する車で 家に帰った





静まり返った僕の部屋


シャワーを浴びて ビールを開けた


冷蔵庫に残っていたものを 少しテーブルに運び ビールと一緒に流し込んだ


最近は 2人で使っていた部屋にもあまり入ってない


想い出が あり過ぎて


ユノヒョンの匂いが 僕を捉えるから 足を踏み入れるのが少し怖いんだ





別れを切り出したのは 僕からだった


今でも ユノヒョンを愛している


大勢から愛されるユノヒョンを 僕だけのものにしてはいけないような気がして


少し前から 考えていたことを口にしたとき


ユノヒョンは とても驚いたようだったけれど


『チャンミナがそうしたいなら・・・』と言った


もともと 男同士の関係


ゲイではない僕とユノヒョンが結び着いたのは 必然だった


何年も そんな関係を続けて来たのだ


お互い 好きな女性ができたら その時は潔く相手の幸せを願うようにしよう


そんな冗談めいたことも 言いあってきた


大好きで 大好きで 今でもユノヒョンしか見えなくて


でも ユノヒョンを縛らずにいたかった


もっともっと輝いてほしかった


理由はそれだけだ 


理由を問いただされたり


引き止められたり もなく


ユノヒョンは何も聞かなかった


ただ静かに考え込んで さっきの言葉を発したのだ


それは 彼なりの配慮だったのだろう


きっと言いにくいに違いない僕のための・・・


理由を聞かずに僕を見るユノヒョンの 黒い瞳に 


「僕も30を過ぎて そろそろ ちゃんとした彼女を作りたいなって思うようになって・・・
母さんもうるさいしさ
だから 別にユノヒョンのことが嫌いになったとかいうわけでは全然ないんだよ
これからの人生をちょっと真剣に考えてみたくなったんだ」


『そうか そうだよな 俺たち 30過ぎたいい大人だもんな
チャンミナみたいないい男 
きっとヨジャは放っておかないよ』


穏やかな笑顔で 僕にそう言ったユノヒョン


ヨジャが放っておかないのは あなた ユノヒョンだよ?


僕たちの東方神起は これからも続くから


嫌いだとか 重たいだとか 見え透いた嘘はつきたくなかった


もっともらしい嘘をついて 別れたはずだった


昔のような兄と弟のような関係に戻るはずだった





きっと今頃 ユノヒョンは 仲のいいいつものメンバーで


クラブにでも行って踊っているのかな?


僕は 相変らず 料理に熱中している毎日


小腹が満たされた後


僕は夢中で新しい料理に挑戦した


あの部屋で ユノヒョンに食べてほしかった料理


今日のメニューは パエリア


ユノヒョンならきっと


『チャンミナ 天才だよ すげー美味いよ』


喜んで食べてくれるね


黄色いご飯粒を こぼしながら・・・


僕はご飯粒の代わりに涙をこぼしながら


妙に上手くできた黄色い料理を口に運んだ





💖 💖 💖 💖 💖

ごめんなさいね〜🙇‍♀️

また暗いSSになってしまいました〜

今回はチャンミンからの別れ

目線はチャンミン

もともと切ないお話も大好きだからな〜

2人はこんなことにはなっていないと思いますが

どうにも寂しさが埋められません😭

明日は明るいお話を書きたいわ〜

コメントで【黒い瞳…】の続きが読みたいといただきました

私のトン作活動の中の一番の大作なので

思い入れもありますので必ず書き上げます!
(思い入れはどの作品にもありますが)

もう少しお待ちくださいね♪

BLサイトについては皆さんそういうのは見てないのかな?

おススメいただいた作品は読んでみるつもりです

ありがとうごさいました😊

遅ればせながらコメ返してますので

今更とは思いますが見てみてくださいませ





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_08_27


腐界(海)の住人の皆さま

こんにちは Mink です♪



a-nation が終わって週が明けた途端

少し秋めいた風を感じるようになりました

やはり a-nation と共に(私の)夏が終わるようです

TRF も楽しかったし 倖田のねーさんも超カッコ良かったです♪

来年は 是非 恒例の味スタで開催を希望します!

できれば 以前のように全国8か所くらいでしてくれて

東京と大阪の両方 開催してほしいです

そうすれば 参戦できる人もずいぶん増えるのになあ・・・なんて思いました

トンは全公演出ることはないと思いますが

東京大阪の両方くらいは 出てほしいな・・・



BoA ちゃん デビュー19周年だそうで おめでとうございます💛

長く活動するには ご本人の努力と回りの環境や運など

ありとあらゆるものが きちんとかみ合わないと 上手くいかないと思うんですよね

我らが東方神起も たくさんの日韓両国のスタッフやファンがあってこそ

そして 何より本人たちの努力や資質 誠実な人柄など様々な事が重なり合っての活動継続可能に他ならないので

昨今の日韓関係には 本当に頭が痛いです

(トンペンに限ったことではないと思いますが)

過去の歴史は消せないけれど 蒸し返してばかりの隣国のトップには残念な思いしかありません

一度決めたことを数年経って掘り返すようなことばかりして どんどん後ろに進んでいる

このまま同じことを繰り返しても あちらのお国もいいことないと思うのにな・・・

ここで政治のことを たくさん語ることはしませんが

チャンミンに堕ちて ユノを知り 東方神起を好きになった身としては

これからの活動に支障が出ないことを祈るだけです



最近ね 2人が別々にいるせいか

あまり萌えがなくて 正直つまらないんです

少し前には(タイ婚の時) 仁川空港の出国写真の距離に驚きましたしね

あれは 絶対に何かあったと思うんです 
おりしもチャンミンが馬様とパッピンスデートをした後でしたし
嫉妬やすれ違いからギクシャクしていたと・・・

a-nation はそんな不安を払拭してくれたし

チャンミンがギュの生中継にゲスト出演したときは ユノのソロをリクエストしてデレデレしていたし

お互いのインスタにはアップと同時くらいに いいね♪をしているし

つまりは一緒にいた?

やっぱり2人は魂の深いところで繋がっている!

それは確信したのですが

それでも 何かが足りなくて・・・

2人の愛を信じて妄想し 

たとえ 正解がわかることがないとしても

本当の2人の関係を検証し 紐解いていくことだけが生き甲斐の私にとっては
(これ 本当なんです)

潤いの足りない毎日で 本当に肌がカサカサになってしまいました

木曜日には皮膚科に行きました(単なる加齢と怠慢なケア?!)

どうやら

【慢性的ホミン蜜月欠乏症】 という病気にかかっているようです

もともと

ユノとチャンミン2人の東方神起が生きる糧という

【永遠の東方神起病】 という 不治の病に侵されているのですが

別々の活動に 更に追い打ちをかけられて

このままでは サハラ砂漠かカラハリ砂漠 はたまた遠いナミブ砂漠のように

”何処まで行っても乾いている” 状態が続きそうです・・・



だから 史上最高のビジュアルを更新し続けているユノのソロ活動は

気持ちでは応援しているけれど 常に一抹の寂しさを感じるし

チャンミンのソロ活動にも もどかしい煮え切らなさを感じています

どうせなら オジサマたちとの年配向け番組じゃなくて 

俳優のお仕事とかして欲しいと思ってしまいます

昨今の日韓情勢では 日本の映画に出演とか CM 出演は難しいのかもしれません

チャンミン本人も ソロでガツガツ仕事をしたいとは 思っていなさそうなので

チャンミンが楽しくレゴを作ってお酒飲んで 本を読んでくれてて 音楽聴いて

健康で穏やかな日常を幸せと感じ 嬉しいと思っているのならばいいです(無理矢理)

それでも 寂しいです・・・



年に一度の(現在は)日本でのアルバム発売からのライブツアーには全てをかける

そういうことなのだと 理解します

私たちはツアーで会える日は限られていますが

ユノとチャンミンにとっては その準備期間があるわけで

私たちは我儘に ”早く逢いたいよ~” とか

”日本に来てよ~” とか 言っちゃうけれど

”日本でのツアーは成功して当たり前” という状況になっている今

2人だけではなくて 東方神起チーム全体のプレッシャーも相当なものだと思うんです

アルバム1枚にしても とてつもなくたくさんの人の手が加わっているんですよね

そして 5大ドームライブツアーともなれば

コンセプトづくりから 曲の選定 大まかなライブの構成

それに伴い 衣装や道具 セットの発注に場所や人の確保にスケジューリング

それはそれは 多くの人の手があってこそ出来上がるものなんですよね

私たちはその多大な準備の行き着く先の 完成されたステージしか観てないわけです

きっとね ユノとチャンミンの心の中には 素晴らしいステージを用意するから待っててね

という気持ちがあるはず

だからね 日本活動が少ないとかいう人もいるけれど

常に日本での活動や地上波出演は 物理的に無理なのかなと思うことにしています



普段 地上波に殆ど出ないので 東方神起を名前しか知らない人も多いみたいですが

本国で 末永く活動する基盤みたいなものを作る必要性もあっての今の個別活動だと思うのです

昔みたいに 日本の隅々まで回って日本に根付いた活動はもうないでしょうねぇ~

そんなことをしてくれたら本当に嬉しいですけれど

きっと次のアリーナツアー(何年後かな?)では また明日婚時のような活動くらいはしてくれると踏んでいます



ただね 日本には Bigeast という公式ファンクラブがあるのです

だから それなりの活動はあってしかるべきという気持ちもあります

一番の活動 それが ライブツアー なんだなと・・・

今年も 昨年のTOMORROW発売時のように

秋以降は 少し日本の地上波での出演もあると信じていますよ

Mステ MUSIC FAIR くらいは出てくれるかな~

またまた超絶カッコいい東方神起を期待します!

後は 嵐の活動休止前に 一度嵐にしやがれとか VS嵐とか にも出てほしいし

諦めきれない情熱大陸や NHKのSONGS とか プロフェッショナルとか

15周年記念アルバムXVの作成風景から ツアーのリハなどを追った

3か月限定のドキュメンタリー番組とか 夜中でもいいから放送してくれないかな~

めっちゃ欲張りじゃねーか(≧∇≦)

ただただ2人の東方神起に逢いたいだけなんですよぉ~

20190825162350080.jpeg




チャンミンの短髪による最近のナムジャ感や 

2人別々事態に 寂しさを感じて妄想が少し止まった間に

どうにも 濃密なBL作品を読みたくなってしまったりしたのですが

他のブロガーさんのお話も少しですが 読ませていただいていますし

BL漫画や小説を読みたい衝動に駆られています

かと言って 家には置けないので スマホのサイトで読みたいのですが

沢山あってどれがいいのかわかりません

どこがいいんでしょう?

詳しい方がいらしたら 教えていただけませんでしょうか?

ネタはたくさん 頭の中にストックしているので お話もちゃんと書きますからね

安心してください



それから 好き嫌いの分かれそうな昨日のお話は数話の予定です

小さいユノとのエロはないですから←そこは道徳的に

ご安心くださいませ

さすらい・・・ の韓国編も完結させて 

先日サワリを書いた 似非極道のお話も書きたいし

他の国でのカメラマンシリーズも浮かんではいるし

あなたに出逢うまでは の続きも書きたいし

黒い瞳・・・の続きを書くという使命もありますし

長い目で 見守っていただけたら嬉しく思います

とりとめのない記事を最後までお読みいただきありがとうございます



コメ返 滞っており申しわけありません

大切に読ませていただいています♪





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村






テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_08_25

くせ 1

category: くせ  

腐界(海)の住人の皆さま

こんにちは Mink です♪



突発的なお話を書かせていただきます

何話になるかわかりません

題名すら決めてないという・・・

仕事中や食事の準備中などに ふと思いついたりすることがたくさんあるのですが

それをその場でメモれない~

忘れてないときはあとから ちょろっとメモするんですが

これもそんな思いつきのお話です

大人のチャンミンと子供のユノ

子供を題材にするのは初めてです

少しおふざけ的な感じで読んでいただければと思います

設定があまりお好きでない方はこのままお引き取りを・・・

Mink の書く作品ですので まぁ エロもありです

では お楽しみいただけましたら幸いです









『ねぇねぇ チャンミンのお〇〇〇〇と僕のお〇〇〇〇は どうして違うの?』


「同じだよ?」


『違うよ ほら チャンミンのは大きいし 毛も生えてる』


「あのね ユノ 男の子はね
みんなお〇〇〇〇がついていてね それが男の印なんだ
ユノは毎年 背が伸びているでしょう?
それと一緒で 大人になると ここも大きくなるんだよ
ユノだって 大きくなったら もっと大きくなるし毛だって自然に生えてくるんだ」


『ふぅん・・・』


お風呂で


僕の股間をまじまじと見て 観察しているのは 最近引き取った子





名前はユノ 年は5歳 天涯孤独


ご両親を事故で無くし 親戚もいなく 引き取り手がないため


近所の施設に入った


僕は 仕事でその施設に出入りをしている


ユノは 初めて会ったときから 僕に懐いていた





僕もわけあって家族とは絶縁状態で 戸籍も全く別


つまり 同じく天蓋孤独


高校卒業と同時に家を出て 一人暮らし


アルバイトでピアノを教えたり ゲームで鍛えた得意のコンピューターを使って在宅ワーク


貯めたお金で 通信制の大学で卒業資格を得た


22歳の今 近所の孤児院に週に1度 ピアノを弾きに行っている


勿論 これはボランティアだけど・・・





ユノは 初めて会ったときから 異様なまでに僕に懐き


帰りは泣き出してしまう程で


先生たちも 困っていた矢先


一度 ”チャンミンさんにご迷惑でなければ” と頼まれて


ユノを自宅である狭いマンションに泊めたのが 1ヶ月ほど前のこと


それが 僕とユノの運命を狂わせた


いや 狂ってなんかいない


2人を結び付けたのだ





『チャンミンのお〇〇〇〇気持ちいいね』


ユノは 寂しいのか 何かに触っていないとダメなようで


夜も一緒のベッドで眠り 僕にぴったりとくっついている


そして 僕の股間についている 男の印を握って眠るのだ


5歳の男に握られて さすがに変な気にはならないけれど


最初はとても驚いた





ベッドの中で もぞもぞユノが動いて下に移動したから・・・


「ユノ どうしたの?」


『・・・』


布団を剥いで ユノを見ると


ボクサーブリーフだけで寝ていた僕の股間を まじまじと見つめていた


「ん? 言ってごらん?」


『チャンミンのお〇〇〇〇 さっき 尖ってた』


「えっ?」


『飛び出しそうだったから よしよししたら 静かになった』


「え・・・?」


正常な大人の男である僕は 朝はもちろん たまにわけもなく固くなったり


勃ってしまうこともある


興奮していなくても 寝ている間に 勃っていることもある


それを見たのだろう・・・


尖ってはいないと思うけど(笑)





「ユノ それで気になって見てたの?」


『うん』


「大人になるとね カタチが変わったりすることがあるんだ
別に変なことじゃないから 気にしないでいいよ
僕は別に病気でもないし」


『そうなの? じゃあ 触ってもいい?』


「え・・・?」


『さっき よしよしした後にちょっと触ったの
そうしたら ムニムニしてて とっても気持ち良かったの』


「・・・」


『僕 ずっと 一緒に寝ていたニョロがいなくなっちゃってつまらないから』


「ニョロ?」


『うん これくらいでね チャンミンと同じくらい柔らかいの
いつも一緒に寝ていたんだけど なくなっちゃって・・・』


「ぬいぐるみかな?」


『うん きのこみたいで 顔がついてて可愛かったの』


「そっか・・・」


きっと 自宅に置いたままのお気に入りのぬいぐるみなんだろう


整理されてしまって きっと捨てられてしまったに違いない


今は ご両親と住んでいた家は もうないみたいだから・・・


僕は そんなユノがとても不憫に思えて


「握るだけならいいよ」


そうい言ってしまったんだ





『ほんと? チャンミンありがとうー! 
やっぱりチャンミンは優しい 大好き!』


そう言って 僕の股間のモノを握りしめた





無邪気な顔で 僕を見上げ 嬉しそうににぎにぎしているユノを見たら


ダメだよとは とても言えなかった


「いけない子だね 大人の身体で遊ぶなんて」


『気持ちいいんだもん 僕寝るね』





5歳のユノが 本当にイケナイ子になるなんて


この時の僕は 考えもしなかった





💖 💖 💖 💖 💖

2人は今日は何をしてるのかな?

色々書きたいことあるけどこのへんで

また明日〜♪





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_08_24


20190622141148293.jpeg






赤くなった膝をいたわるように


俺はチャンミンを横抱きにして 


バスルームの床に腰を下ろした


片方の膝を立て チャンミンの背中を支えるようにして 


もう片方の手で さっきまで繋がっていた部分を綺麗にした


シャワーを流しっぱなしにして できる限り丁寧に綺麗にした


ぐったりとしたチャンミンは 反応もせず俺の身体に寄りかかり


されるがまま 洗われるがまま という状態だった





膝頭が赤い・・・


『ごめんな 無理させて』


「ん・・・」


目は 開いたような開かないような


多分殆ど無意識なのだと思う


痛かったに違いない膝を 手で優しく撫でた





『チャンミン 立てるか?』


床にべったりと座っている 自分よりも背の高い男を持ち上げられるほど 俺は力持ちでもない


チャンミンの脇の下に手を回して 抱きかかえるようにして身体を支えた


『痛くないか・・・?』


「ん・・・」


『そう ほら いいから掴まって 持ち上げるよ』


「ん・・・」


『よいしょっ』


やっとの思いで持ち上げ


また 俺に寄りかかるようにして 腰と肩を抱きかかえた


立ったまま 片手でバスタオルを動かすのには 少し無理があった


今のチャンミンは 俺の支えがなければ このまま倒れ落ちてしまいそうだ


だから手を離すわけにもいかず


かと言って 水をダラダラと滴らせながら ベッドに戻るわけにもいかず


できる範囲で 拭いた


それから まだ 水滴の落ちる髪を雑にひと撫でし


チャンミンを横抱きに持ち上げ ベッドに運んだのだ


ボンと凹んだスプリング


大の男を運ぶのは やはりキツイ


いくらチャンミンが痩せていたとしても 俺よりも身長があるのだ


これ以上動かすのは 難しいなと


ベッドからはみ出した細い足を見て溜息をついた 


もう少し頭の方に動かしたいのだけれど


これは チャンミン本人に動いてもらうしか方法はなさそうだった





『チャンミン 動けるか?』


「ん」


相変らず ん しか言わない


暫くこのままかと諦めて 自分はドライヤーでもかけようかと 


立ち上がったとき チャンミンが目を開けた


「ユノさん・・・」


『チャンミン 大丈夫か?』


「ユノさん ありがと・・・重かったでしょう?」


『ああ 腰が痛いよ』


「ごめん 後で僕がマッサージしてあげるから」


『いいよ 俺は大丈夫 腰が痛いなんて冗談だよ ハハハハ』


「でも 僕を運んだから・・・」


『心配するな チャンミンを動けなくしたのは俺なんだから・・・』


「もう 大丈夫です 動けそう」


重たそうに 身体を捩って 寝たまま 横着して枕のある方に這い上がろうとして上手くいかないチャンミン


諦めたのか クルリと横を向いてから 起き上がり


四つん這いで 少しベッドの上の自分の位置を調整した





まだ 水分の多く残る髪をタオルで拭き


下着を穿かせ


自分も髪を乾かしてから 水を持ってベッドに戻った


多分 たったの5分程度の時間だったと思う


ベッドに戻ると 


チャンミンは 穏やかな顔をして スヤスヤと寝息を立てていた


『寝ちゃったか・・・』


寝顔も美しい


超がつくほど 忙しい身でありながら 俺との時間を持ってくれたチャンミン


ぐったりと疲れるほどに 抱いてしまったことは 


申し訳ないと思いこそすれ 後悔はしていなかった





俺とチャンミンは まだ 始まったばかり


毎回こんなに激しく繋がることはできないだろうけれど


まだまだ 神秘のベールに包まれたチャンミンという人間を


どんどん剥いていきたいという強い欲求


チャンミンの全てを 俺に預けてもらえるように


俺は 仕事も恋も 全力で頑張るまで


目の前で コアラのように可愛く眠るチャンミンを見下ろし


そっと 唇に 唇を重ね合わせた


勿論 重ねるだけの軽い口づけ





『お休み チャンミン』


歯を磨き 寝る準備を済ませると


狭いベッドではあるが チャンミンの隣りに寄り添うように


そっと身を横たえた


愛しくて堪らない最愛の恋人を 起こさないように・・・





チャンミン 明日も 一緒にいよう


そして 俺の願いが叶うなら


この先もずっと 一緒にいよう・・・





そんな決意を いつ チャンミンに伝えようか


無邪気にも見える恋人の寝顔を見ているうちに


いつの間にか 俺も 夢の中へと誘われていた





❤️ ❤️ ❤️ ❤️ ❤️

ユノとチャンミンは月曜日の帰国後も忙しくしているようですね

でででででー

遂に❣️遂に❣️遂に❣️

ユノ様 ご開帳〜💖㊗️💖㊗️💖㊗️💖㊗️💖㊗️

2019082112484933b.jpeg


あ〜この日をどれだけ待ち望んだことでしょう😭

嬉しいですね〜

旅行とか一緒に行くお友達ですよね?

皆さまそれなりに背も高くてゲイゲイしいお写真最高です😘

TARZAN の表紙も飾れそうです(*≧∀≦*)

ますますユノとチャンミンが離れているようで寂しいけれど

ホンマもんのガチだから 見せてくれないのよね←

ユノはやっぱりお胸のいちご🍓ちゃんあたりが

えっちですね\(//∇//)\

だから白黒なのかな😆😆😆

それでは❣️





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_08_21


腐界(海)の住人の皆さま

こんにちは Mink です♪



a-nation 終わりましたね

現地参戦された方 テレビ参戦された方

観られなくても心で参戦された方

お疲れ様でした♪

201908220855517e1.jpeg


きっと SNSを通じて レポはお読みになっていることと思います

当たったー!と言うか 希望が叶った~!

明日婚の時も ツイでちょっと呟いたんですが

会場に入ったら チャンミンに

♪Welcome to the Jungle ~

って 迎えてもらいたいと思っていたんです❤️

だから 1曲目に Jungle が来たときは 

心の中で 盛大にガッツポーズしました😆

はい Wi-Fi もバッチリで 家の大画面で 東方神起を観ることができました

嬉しかった~㊗️

8月18日 a-nation 最終日 (大阪 ヤンマースタジアム長居)

大トリ 東方神起 セトリ


① Jungle

② Showtime

③ Get Going

④ Road

⑤ Jealous

⑥ 運命

⑦ Share the World

⑧ This is my Love

⑨ HOTHOTHOT

⑩ Trigger


最高じゃないですか?

20190820163049344.jpeg






オマケに私のJungle〜妄想置かせてください♪

いらない方はここまでで♪



待ちに待ったドームライブ(ドームツアーの時に思っていたことだったので)

会場の中に入ると 靄がかかっていて 

うっそうとした熱帯雨林が生い茂る

カラフルな南国の鳥が飛ぶ 蒸し暑い空間

湿った雨露の匂いが立ち込め

東方神起のライブ会場だと言うのに 

いったい私は 何処をどう行けば ライブが観られるのかもわからない

気づけば 自分一人が 見たこともない樹々に囲まれ

たった一人・・・

あああ~ と遥か彼方から聞こえるのはターザンの声?

大好きなチャンミンの声にも聞こえる

もしかして 私 呼ばれてるの?

チャンミンに 呼ばれてるの?

夢中で 大きな葉をかき分け 先もわからないのにただ進む

うっすらと 滲む汗

それでも 声のする方へと 南国の高い樹々の間をすり抜けて走って行くの

暫くすると 白い靄の中に 一筋の光が・・・

うっそうとした森を抜けると

卒然 明るい空間が広がっていたの

光で 眩しい 

思わず 腕で目を隠した

すると さっきのターザンのような声が 間近で聞こえて

薄々と目を開けると 

そこは 靄が晴れてステージが・・・



あ・・・やっと・・・

やっと辿り着いたんだ

そう思った瞬間 身体の力が抜けて 座ってしまいそうになった

すると 

いきなり

♪Welcome to the Jungle ~

目の前に チャンミンがぁ~

にっこりと微笑んで 立ち

片手を出して 招いてる・・・

私を招いてるの・・・

思わず手を伸ばして 

チャンミンの手を取ろうとしたの



すると 突然目の前が真っ暗になって

視界が遮られて・・・

『ポクを招いてくれる?』

そう言って チャンミンと向かい合い 

見つめあっている黒マントの男

遮られたと思ったのは ユノの背中だったのだ

息を切らし走ってやっと辿りついた場所で いとも簡単に

私の努力をなかったものにしてしまうユノ



チャンミンは にっこり笑ってユノの手を取り 

ユノの手を引いて 歩き出していってしまった

えーーー?

チャンミーン 私は招いてくれないの~?

その人は 吸血鬼なのよ~ (TONEのライブVCR参照)

騙されちゃダメ~

叫んでいる私の目の前に また 靄がかかり

ユノとチャンミンは消えて行ってしまった・・・

あああ〜と ターザンの声だけがこだましていた





失礼しました💦

ジャンゴーで始まる夢が叶ったので嬉しくて😂

それでは皆さま

また〜






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_08_20


腐界(海)の住人の皆さま

こんにちは Mink です♪



今日も暑いですね~

家族で冷たいお蕎麦を食べて 高校野球を見てます

以前 夫の転勤で住んだことのある県の高校が勝ったので

盛り上がってマス



盛り上がると言えば

今日はいよいよ a-nation 本番ですね

20190818155357d78.jpeg


あんよ出して可愛かったなぁ〜😍

7時過ぎから テレビ前でスタンバっていようと思うので

今夜の夕飯は6時です!と宣言いたしました

さっさと食べて テレビの前でビール用意して観ようっと

流石に家で 家人がいるときにウチワとペンラは出せないので

心の中で掛け声して 心して観たいと思っています



参戦の方 HOTHOTHOT の振りを練習して

HOTHOTHOT のMV に出て来た HOT DOG屋さんで HOT DOG 食べて

身も心も HOTHOTHOT になってください ← しつこい



今日はね チャンミンがオツトメを終えて

シウォンとの同棲生活に終止符を打って ← だから違う

私たち いえ ユノ様の元に戻ってきてくれた記念日でもあるのですね♪

20190818155549448.jpeg


あれから2年 (綾小路きみまろ風に)

何と 美しくカッコいいナムジャになったのでしょう

ユノ様も ますますカッコよく頼もしくなられて

婆やは嬉し泣きでございます

もう 思い残すことはござい・・・ます

まだまだ 2人の行く末を見届けて行かなくては!と

決意を新たにした次第です



だってだってだってー

新アルバムのお知らせが来たじゃないですか

嬉しい~

【XV】(エックスブイ) と読むそうですよ

一瞬 VXガス?と思ったことはユノとチャンミンには内緒にしておいてください

これは15ですね♪

なんか イチゴ🍓婚?いちご🍓婚?15🍓婚?

ストロベリー🍓婚? ユノ喜びそう(*≧∀≦*)



日本デビュー15周年に向けてのアルバム

新曲12曲を含む 全15曲収録~

あまり大きくなくていいんですが

豪華ブックレット付きだの3面折りメモリアルパッケージなど

またまた大きそうです・・・とほほ

新曲12曲以外の3曲は おそらく1曲が♪HOTHOTHOT

もう1曲が ミラーズ

そして 過去曲の歌い直しが1曲という感じでしょうか?

それともHOTHOTHOT とミラーズを抜いて3曲なのかな~?

私の歌い直しの希望はこのあたりです(あえて日本のアルバム限定で)

① HUG
  言わずと知れた韓国でのデビューシングル
  日本語ver.は1st Album 【"Herat, Mind and Soul"】に収録されています

② FOREVER LOVE
  日本の3rd Album 【T】に収録されている名曲
  「いつか歌うからね」 ってチャンミンが約束してくれた曲でもあります

③ ONE
  歌詞がとても良く 今の2人にぴったりだと思います
  元は韓国のアルバム第二集(セカンドアルバムをこう呼びます)に収録
  日本語ver.は1st Album 【"Herat, Mind and Soul"】に収録されています

それとも 日本デビュー曲の♪Stay With Me Tonight が来たりするのか?

言葉はいらない (1st Album)

Eternal (1st Album)

I'll be there (2nd Album 【Five in the Black】に収録)

Song For You (3nd Album 【T】に収録)

Proud (2nd Album 【Five in the Black】に収録)

約束 (2nd Album 【Five in the Black】に収録)

もうね 全てホミンソングに思えて仕方ないのですよ

歌詞はどうぞ歌詞検索サイトでググってみてくださいね

歌詞を載せるとダメなので・・・

以前 他のアーティストさんの曲で ザ・ホミンソングでしょー?これ

というのを記事にしていたら日本著作権協会の方から連絡が来てしまい

記事(8記事くらいあったと思います)を引っ込めたと言う経験があります

WITH婚で歌い直してくれた Choozy Lover や NO? みたいなセクシー路線で行くなら

ZION (2nd Album 【Five in the Black】に収録)や

Beautiful You (4th Album 【The Secret Code】に収録←この曲はチャンミンが好きらしい)

なども 良いですね♪

いずれにしろ 過去曲が1曲は来ると思うので どの曲を選んだのか興味津々です

5人時代の曲は 本当に素晴らしい J-POP がたくさんあるので

是非 2人でもっと歌ってくださいませ~

今まで 2人が過去曲の歌い直しをライブで何曲も披露してくれていますが

音源がないので(ライブBlu-rayやライブDVDには入ってますが)

是非 CDでも欲しいですよね

だからね まだまだ埋もれている名曲をジャンジャン掘り起こしてほしいのです



それから 15周年記念ショートムービー制作をするそうで

エピソードを募集してますね

何もないけど



それでは 今夜のa-nation を楽しみに待ちましょう

見られない方は レポを楽しみに待ちましょうね

私も ちゃんとその時間に Wi-Fi が繋がるか 戦々恐々です

201908181621255aa.jpeg


大トリを飾る東方神起

このタイムテーブル見たら

じわんと涙腺が緩みました😭

誇らしいです❣️





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村





テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_08_18


07  « 2019_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top