FC2ブログ


くせ 8

category: くせ  

『ドンへ君 大丈夫? 痛くない?』


転んだ友達を見て 咄嗟に駆け寄ったユノを見て この子は本当に優しい子なんだと思った


分け隔てなく接するその姿に 大人の方が教えられることが多い





ドンへ君は どうしていいかわからないようで 暫く黙っていた


ユノは ドンへ君の隣りにしゃがんで その顔色を窺っていた


『あ 血が出てるよ 立てる?』


「・・・」


気まずそうに しばらく黙っていたドンへ君も 本当に痛かったのか


『掴まって』


というユノに 無言で摑まり ようやく立ち上がった


『チャンミーン ドンへ君怪我してる』


ユノの様子を 少し離れたところから見ていた僕は その声で近くまで走り寄った


僕がそばに来たことで 少し怯えたようなドンへ君だったが


「本当だ 血が出てる 手当しよう」


にっこりと笑いかけると 


恥ずかしそうに 頷いた





ベンチの近くに 水飲み場があったので そこまで行き


「おじさんの肩に掴まっていて」


”はい・・・”


「ユノ ちょっと これ持ってて」


ハンカチを渡し 僕は ドンへ君の膝を水で流した


”うっ・・・”


「少し痛いかな?ばい菌が入っちゃうから 綺麗にしておかないとね」


『チャンミン・・・ 痛そうだね ドンへ君』


心配そうに見つめるユノ


「ユノ そのハンカチ貸して」


『はい』


僕は ドンへ君の膝を自分の持ってきていたハンカチで縛った


「はい これで 大丈夫
お家に帰ったら お母さんに手当してもらってね」


真っ赤な血が出ていた膝 きっとハンカチにも滲むだろう





おどおどしていたドンへ君が


”ありがとうございます” と口を開いた


「よく我慢したね 君がドンへ君?」


”はい・・・”


「いつも ユノと一緒に遊んでくれてありがとう
ユノが よく君の話をしてくれるよ」


”えっ? 僕の?”


「うん かけっこ早いんだってね 凄いなあ」


すると 緊張していたであろうドンへ君の表情が 少しだけ和らいだ


「これからも ユノと遊んでくれる?」


”・・・”


『一緒に遊ぼう』


”うん!”


「良かったな ユノ」


ユノも嬉しそうに にっこりと微笑んだ


「じゃあ 今日はもう帰ろうか?
おじさん 送っていくよ 一緒に帰ろう」


『そうだよ ドンへ君 一緒に帰ろう』


”うん”


僕はホッと胸を撫でおろし


いつも通りに 左手にユノと手を繋ぎ 右手にドンへ君の手を取った


ユノと同じ まだ 小さい手だ


「お家は どこ?」


”あっち HOTHOTの向こう"


僕もたまにお世話になる お弁当屋さんの名前だった


「じゃあ 案内してくれる?」


”うん”


『ドンへ君 明日も昼休みにサッカーしよう』


”うん しよう”





なんとか 仲直りできそうだ


3人で話をしながら ドンへ君の家までゆっくりと歩いた





⚽️ ⚽️ ⚽️ ⚽️ ⚽️

今日は短くてごめんなさい

拍手に拍手コメントありがとうございま〜す😊

東方神起 新潟でロケ情報ありましたね♪

やはりツアーのVCRかな?





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_09_21


08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top