FC2ブログ


くせ 29

category: くせ  

ユノが 部活のマネージャーに告白された話を聞いてから数日後


その女の子とデートするのだと 告白された





『一度だけでいいから 一緒に映画を観たりしたいってさ』


「行っておいで」


ユノが そのコと2人で出かけて


何となくつき合うことになればいいなと思った


『俺は 何度も断ったのに 結構女子ってしつこいんだよ
一度だけでいいから そうしたら諦めるからって言うからさ
じゃあ一度だけデートしようってことになったんだ
その代わり デートしたら もう部活の帰りも待たないでって言っちゃった』


「はっきり言ったんだ?
そのコ 悲しんでないかな?」


『もう 何度も何度も言ってるからね
いい加減わかれよって感じ 俺からすれば』


「そのコの目が光っているから この先 他のコとつき合ったら
大変そうだね」


僕は苦笑いをした


『そんな予定ないし』


吐き捨てるように言うと ユノは さっさと風呂場に向かった





さて どうなることやら・・・


まだ 中学生だけれど ユノはモテる


この先も きっと女絡みの悩みは尽きないだろうことは容易に想像できる


ユノが好きになれるような女の子が現れればいいけど・・・





実際 ユノは 男友達の話をしているときの方が楽しそうだし


いい友達に恵まれているなあと感じることも多かった


まあ 時期が来れば 少しは興味の対象も変わるのかもしれない





ユノのデートは今度の日曜日だ


僕も久しぶりに 街をウロウロしてみようかな


新しくできたコーヒー専門店が手掛けるブックカフェにも行ってみたいし


最近は 街らしきところに殆ど出かけてなかったから


複合ビルに何が入っているのかも知らない


寒い季節だけど 一人散歩というのも楽しいものだ


もともと 僕は一人が好きなのだから・・・





明日の朝のスープの下ごしらえをていると


いつのまにか ユノがお風呂から上がったようで


僕の隣に立っていた


「あ ユノ 温まった?」


『うん 何作ってるの?』


「明日の朝のスープだよ
寒いからね ユノも身体を温かくして学校に行った方がいい」


『ありがと チャンミンのスープも最高だから大好き』


目を細めて お鍋に顔を近づけるユノ


匂いを嗅ぐと 口角をぐ~んと上げて


『ん~ん 美味そう!』


とても嬉しそうな顔をした


こういう反応は 料理をする人間にとっては嬉しいものだ


また ユノが喜ぶ料理をたくさん作るぞ





『チャンミン 料理しながら何を考えてたの?』


「え? 別に何も」


『さっきから 何か 考え事をしているみたいだったよ』


「そう? それはきっと ユノが何て言うかな?って考えていたんだと思うよ」


『そうかな ならいいんだけど』


ユノは 意外と僕のことを観察している


小さい頃からそう


気づくと 僕のことをじーっと見ている


たった一人の家族になった僕が 離れて行かないように常に気にしているのだと思っていた


だからできるだけ ユノから離れないようにし


ユノに話しかけるようにして 育ててきた





「ユノ デートは今度の日曜だよね」


『うん』


つまらなさそうな返事


「ユノが出かけている間 僕も出かけるよ」


『えっ? 何処に行くの?』


「久しぶりに ウロウロしようと思って
別に何か用があるわけではないよ
新しくできたブックカフェに行ってみたくて」


『そっか チャンミン 本好きだもんな』


「うん ユノよりは早く帰ってくるから安心して」


『わかった』


「晩御飯はちゃんと作るからね」


『絶対だよ 俺 夜はチャンミンのご飯食べるから』


「OK」





聞けば デートの相手 ミヨンちゃんはとても張り切っているらしい


お弁当を作ってくるから 公園で一緒に食べたいとか


ユノにとっても 初めてのデートらしきものだから


楽しいといいんだけど・・・


『映画だけ観てすぐ帰りたいんだけど
約束だから 一日だけ つきあってくる』


「そうだね 優しくしてあげなよ」


『普通にしかできないよ』


本当につまらなさそうなユノが可笑しくて 笑ってしまった





『また笑う 酷いよチャンミン』


「ごめん 楽しんでおいで」


ユノは ぷくぅ~っと頬を膨らませて 明日の準備を始めた





僕が 風呂から上がると ユノは ベッドのど真ん中で


気持ち良さそうに眠っていた


今夜は 別々に眠れそうだ


僕はベッドの下に布団を敷いて 横になった





そう言えば もうすぐ ユノの誕生日だな


今年はどうしようかと考えているうちに 眠りに落ちていた





💛 💛 💛 💛 💛

ようやくグッズの発送メールが来ました

明日には受け取れそうです

ご当地TBちゃんも記念に欲しいけど

やっぱり並ぶのは疲れるかななんて考えている朝です

チャンミンのインスタのポスト 色々気になりませんか?

あれは どこのキッチンなんだろう?

ソウルの自宅とも少し違うようだし

東京の愛の巣ですよね\(//∇//)\きっと💓

で 撮っているのはユノですよね?

マネだったら テンションダダ下がり・・・

ラグーのタリアテッレとストーリーにはスパゲッティ

う~ん ねぇチャンミン💜誰と食べたのぉ?

教えて~

妄想が止まりません

それでは!

いつも応援ありがとうございます♪





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_11_04


10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top