FC2ブログ



失恋日記④


こんにちは
Mink です



毎日気持ちを綴っております
読んでくださってありがとうございます
この件での記事は今日までです
丁寧なコメントの数々 力になりました
本当にありがとうございます


東方神起はこうあるべき!だなんて理想を押しつけようなんて微塵も思わないけれど
こういうアーティストなんだ!という
無意識に自分が作り上げた東方神起がいたことに気づきました
多くを望み過ぎていたのかな・・・?


日本の芸能界の常識を
日本人ではない彼らに当てはめてはいけないのかもしれないなと思う自分もいます
韓国と日本では芸能事情が違いますものね


しかし
デビュー16年のベテランとはいえ 現役アイドルが
31才で交際を公に認めたということだけは
やはり解せない点として私の中に残るでしょう


かと言って 嫌いにはなれない
だから ファンをやめるという選択肢は私にはないですが
今まで通り精一杯全力で応援しよーと言う気持ちも今はないです


年末にユノがワンちゃんを抱っこしている写真を見たときは涙がボワァーッと溢れてきて
”ユノー助けてー””と叫びましたし
元日のユノのインスタにじわ〜っと温かいものが込み上げてきました
なのに『うまくいく』という言葉に
"何がどう上手くいくんだろう?"とかえって不安になった捻くれ者です私(苦笑)


チャンミンのインスタでの本の紹介も
共有してくれることは嬉しいけれど
それより東方神起の活動について載せてほしいなーとか思っちゃうし
続く寄付のニュースに 素晴らしい活動だとはわかっていても少しだけモヤッとしてしまう捻くれ者なんです


ソロ活が多くて東方神起の活動が少ないことが不安だったのかな 自分でもわからないです


フォロワーも多いあるチャミペンさんが
"チャンミンは悪くないとは言えない
現にファンの心をかき乱している"と呟いていました
その通りだ!と思いました
私は記事で"チャンミンは悪いことはしてないけど"と書きましたが
確かに交際自体は悪いことではないけれど
交際を認めて混乱を招いていることは事実ですから
"悪くないとは言えない"ですよね


チングは知り合いのトンペンさんに言われたそうです
"浮上できない人は皆チャンミンに恋してたんだよ"と・・・
私は腐ペンでチャンミンとの恋人妄想はできないけれど
確かにチャンミンに恋していました
今も愛してるから辛いのだと思います


そして彼らに理想を押し付けるのは違うと思うので
東方神起との向き合い方は
9年間 自分の目と耳で見聞きしたことを思い出しながら
結論を出すつもりです
多分少し緩く応援していくんだろうと思います
 

皆さまからいただいたコメントに頷いたり
納得したり安心したりしながら
今後のことを考えています


✨ ✨ ✨ ✨ ✨


さてさて
2人について ですが

去年の7月でしたかね
マレーシア(だったかな?)へ出国するときの2人覚えてますか?
仁川空港で2台の車から降りてきた2人が
一言も言葉を交わさずにいたこと
一定の距離を置いて立っていたこと
いつもなら笑顔で近づくのにそのままだったこと
おかしいな?と思いましたよね
喧嘩してるのかな?と
私は妄想族なのであのときのことも色々考えてしまうのです
今回の報道を受けて思ったのは
マレーシアへ出国の直前にチャンミンはユノに彼女の存在を話したのではないか?ということ
報道では最近恋人関係にとのことだったから
その時つきあっていたからどうかはわかりませんが
ユノに話したんじゃないかな?
「つきあおうと思う」
『それがどういうことかわかってるの?
もしもバレたときには 相手にも多大な迷惑かかるし
ファンはどう思う?』
「その時は認めるよ」
『はぁ?もう少し考えろよ
築き上げてきたものか崩れる可能性だってあるんだぞ』
「でも 決めたから・・・」
『俺は反対だからな
今までにも経験あるだろう?
噂が立っただけでどういうことになるか?
隠し通すことがどれだけ難しいか』
「隠したくはない」
『じゃあ勝手にしろ』
そんなようなやり取りでもあったのかな?なんて
考えてしまいました
でなきゃ あの時の異様な空気と距離感にはならないように思いました
チャンミンはユノには話をしているはずだから・・・
勝手な想像ですが
あの時から今の彼女の存在があったのかな?
もっと前なのかはわかりませんが・・・





入隊前の最後のツアー【WITH】のオーラス東京ドームでの
『僕が"ただいま"と言ったら"お帰り"と言ってください』
人目を憚らず号泣したユノと目を真っ赤に腫らしたチャンミン
出演者とスタッフ ファンの5万5千人の大号泣
ライブであんなに泣いたことはないくらいの自分
あの時の何かに取り憑かれて突き動かされたようなトンペンのテンションを忘れられないし
あの時の東方神起とファンの絆は本物だと今も思っています
あの頃は確かに女性の影はなかったです


2017年8月にチャンミンが除隊して
東方神起の第三章が始まりました
その時の 796日ぶり(訂正しました)の2ショットを見た時の嬉しさと
ユノの口から出た『ブロマンスのケミを見せる』という言葉も忘れられません


そして 入隊前の言葉
『これからは活動の形が変わるかもしれないけど
待っていてほしい』
これが 除隊後の 【ブロマンスのケミ】 なのかと
腐ペン大喜びしました
その言葉を支えにしていました


しかし いつからか
【ブロマンスのケミ】が行方不明になったのです
2人の関係を疑い 確信して 萌え始め
お話を書くようになって5年経ちますが
去年あたりから 
もしかしたら
2人はそういう関係ではないのかもしれないと思う瞬間が何度かありました


それでも 
可愛いチャンミンとカッコいいユノだけではなく
ホミン ミンホ ホミンホ
色々なお話を書いてきました
今も頭の中にありますし
途中のお話もあります


最近ではチャンミンがすっかり男っぽくなり
やっぱり違うのかな?なんて思うことが多くなりました
きっと
私自身が認めたくなかったのだと思います
いつまでも2人でイチャイチャしていてほしいと願う気持ちと
本当はそんな関係ではないのでは?という気持ちの間で揺れ動いていました


今回のことで
真っ向から否定され
衝撃というか
やはりという思いに打ちひしがれています
ホミン隠しのためのフェイクニュースならいいのに


それでも 不思議なことに
お話は浮かんでくるのです・・・


実は 以前あるサイトで 東方神起と女性のお話を書いていました
そちらもまだそのまま残っていますが何年も更新していません
2人の恋愛話しか書けなくなったからです
でも最近のチャンミンを見ていると
不思議と以前書いた女性との話が浮かんだり
情報のない日は 
こういう風にすれば 隠れて女性と出会ってつき合うこともできるなあなんて
2人の韓国での生活を思い浮かべてしまう日もあったのです


だから 今回のニュースに余計に驚きました
まさか 本当にこんなことになるなんて・・・


コメントでもいただきましたが
相手はどんな人かもわからないし
このニュースが本当なのかどうかもわかりませんけどね


今回 このニュースが出た日にブログを閉じた方もいらっしゃいますし
更新ができないという方もいらっしゃいます
2人の恋愛話はもう読めないという方もいらっしゃいます
ファンサイトさんも 悲喜交交でした


でも 本当に不思議なのですが
私 お話は書けそうなんです


数日ぶりで 2人の微笑みあっている写真を見たのですが
やっぱり 2人の絆は深く固く強いよね・・・って
。・゜・(ノД`)・゜・。
どうしても この2人以外にピンとこないのです


こんなにチャンミンのことで悲しいのに
これまでの2人が見せてくれたイチャイチャを思い出すと
幸せな気分になるんです


おかしいよという方もいらっしゃるでしょうけれど
私は お話を書き続けたいと考えています
応援の仕方云々とは別な次元です


続けるにあたって 
お部屋を新しくした方がいいのかなとも思っていて
その辺はこれからゆっくり考えるつもりです


この記事をもって少しお休みさせていただきますが
今後の方針など決まりましたらまた
更新いたします

コメント欄は開けていますので
皆さまの思いはいつでも吐き出してください
一人一人お返事できず申し訳ありません
ありがとうごさいました





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2020_01_04


12  « 2020_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top