HOTEL T の秘め事 60階

category: HOTEL T の秘め事  

HOTEL_T_タイトル画_21話から_convert_20171015124527





「ん・・・んんー」


目覚めて ベッドの上で 思い切り伸びをした


なんか とても疲れて寝たような記憶があるけれど


って ここは?


今 自分がいる場所が どこなのか?


一瞬わからなくて 


サッと起き上がり 辺りを見回した





え・・・?


目の前のソファーで 丸くなって寝ているのは チョン様・・・?


あ そうか・・・


僕は チョン様の家に連れてこられて


抱かれたんだった・・・


このベッドはチョン様のベッドで


ここで 僕は昨日 何度も・・・


だんだんと フラッシュバックしてくる夜の光景に


自然と 身体が熱くなった





僕が着てる服は チョン様が?


僕だけベッドで寝かせて 自分はソファーで寝るなんて・・・


僕は そっと ベッドから下りた


チョン様は シウォンさんが言う通り とても優しい人なのかもしれない


近づいて 整ったシャープな寝顔を見つめる


こんな格好では 風邪をひいてしまう


ベッドから 薄い掛け布団を持ってきて チョン様にふわりとかける


「社長さんなんでしょ?
風邪 引いたら仕事に差し支えますよ・・・」


僕だけベッドに寝かせないで チョン様もベッドで寝れば良かったのに・・・


そう思ったのも一瞬で 


いくら大きなベッドでも


一つの布団で 一緒に眠るなんて 


考えただけでも 恥ずかしい





バカだな・・・僕は


そんなコト 想像したりして


チョン様には 僕以外に 一緒に寝る相手はちゃんといるはず


短い間でも こうして 想い出ができただけでいいじゃないか・・・


所詮 僕はお遊びの一人なんだし


男同士だし・・・





好きです なんて 言っちゃったから 


ちょっと 引かれちゃったかな?


まぁ いいや 僕は僕なりのけじめをつけたかったから・・・





静かに眠るチョン様の寝顔を眺めて


僕は この寝顔を写真に撮ろうと思った


あっと言う間に 好きになってしまった人を


もうしばらくは 覚えていたい・・・





自分の荷物から そっとスマホを取り出して 構えるけれど


シャッター音が大きいということを思い出し


なかなか タップできずにいた


起こしちゃったら悪いし 撮ったことがばれたらどうしていいかわからないしで


困り果て


僕は 動画にしようと決めた


今日で お別れなんだから これくらい いいよね?


そっと構え 赤いボタンをタップした


小さく ピッ!と鳴ったけれど 写真のシャッターに比べれば 相当小さい





綺麗な寝顔・・・


僕は 声を出さないように


チョン様の寝顔にスマホを向けていた





次の瞬間 バチっと目を開けたチョン様


「ひゃっ」


『何を撮ってる?』


「あ・・・あの ごめんなさい」


すくっと起き上がったチョン様が ソファーから下りて


僕のスマホを取り上げ ソファーに置いた





怒鳴られるかと思ったのに・・・


『ごめん ひとりにして・・・』


ふわりと抱きしめられていた


「チョン様・・・?」


『おはよう チャンミン』


僕は 頬を挟まれ キスされて


また 切ない気持ちになった





この人は 寝た相手に対して 決して冷たい態度をとる人ではないこと


わかってるから・・・


明日からは 


僕じゃない誰かに 


おはようのキス するんだよね・・・


胸の奥が ズキンとなる・・・


泣きたい気持ちをぐっと 押さえ


涙が こぼれないように 目を見開いた





「あ・・・あの 昨日は色々とありがとうございました
あんな高級な車 乗ったことないし
お墓で大切なことまで 教えてくれて
買い物にもつき合ってくれて コート 買ってくれて
ここに 泊めてくれて・・・」


何故か饒舌になる僕を チョン様は優しい目で 見つめていた


『遠慮することはない 
俺がしたくてしてることだから 気にするな』


「ありがとう ございました」


『それより 身体は 大丈夫か?』


「・・・はい」


『随分 無理に抱いたような気がする』


「いえ・・・」


『悪かった・・・でも 俺にとってはとても素敵な時間だったから
後悔はしていない』


僕を 抱きしめたまま 耳元で話すチョン様の声が


あまりに優しくて


僕は 想い出と言うには生々し過ぎる


こんな瞬間を忘れることができるのだろうかと


不安に駆られ 身動きが取れなかった





     

今日からはまた 

こちらのホテルのお話を書きますね♪

昨日は いきなりミンホでビックリされた方もいらしたでしょう

でも私が想像するリアルなミンホはあんな感じです

決してチャンミンが優位とかではないです

2人はそんなこと気にしていないと思いますが・・・

ユノはカッコ良くて チャンミンはいつもユノにホの字です💛

ユノは チャンミンが可愛くてしかたないヒョンだけど

その実 チャンミンをとても頼りにしていますよね

2人の関係も 東方神起も落ち着いてきた今

2人は ゆっくり愛し合えるのではないかな・・・

チャンミンはいつもヒョンをたてて 尊敬し 半歩後ろから見守る

嫁的な役割も持っていますが

夜の凹凸の関係においては また別もアリではないかと思っています



でもね ホミン押しの腐ペンが多いこと

承知していますよ~

私の中での空前のホミンブームはまだ続いていますので

お話は 今書いているホミンを完結にむけて 

ホミホミしていきま~す ←



今日は 福岡ヤフオクドームですね♪

参戦の方 

2人に声援をたっぷり届けてくださいねー

では また明日~♪



応援ありがとうございます💛



ポチお願いします!



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2017_12_02

Comments

ホミホミ💓 

Minkさんあんにょん

ミンホでもホミンでも
2人が幸せならOK!
スタンスなんて関係ないっすね😁
今日の福岡でも
何か漏らしてくれたら
私も幸せでーす😍
ジス  URL   2017-12-02 23:02  

 管理者にだけ表示を許可する

03  « 2018_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top