HOTEL T の秘め事 76階

category: HOTEL T の秘め事  

HOTEL_T_タイトル画_21話から_convert_20171015124527





ユノの部屋から 出勤


しかも 車で 裏口まで送ってもらっちゃって


僕は 少し戸惑い気味・・・


なんか 昨日の夜は 夢みたいだった





”チャンミンさん! おはよー!”


フロントで 明るく声をかけられて


意味なくギクリとする 挙動不審な僕・・・


「あ・・・おはよ ミノ君」


”あれ?チャンミンさん・・・
なんか 今日いつもと雰囲気が違いますね
何か ありましたか?
何だろう・・・
こう 色気があるっていうか
艶めいているっていうか・・・”


「えっ? 何それ
僕はいつもと変わらないよ
そんな 色気だなんて・・・」


少し 火照った顔を 手のひらで パタパタと仰ぐ


心なしか 耳が赤くなっている予感がする


”ははーん? さては 早速従業員の誰かとデートでもしましたね?
そして 告白されたんでしょ?
わかりやすいなー チャンミンさん
すぐに 狙われて すぐに手をつけちゃうなんて
もうっ 隅に置けないなぁ~”


僕の腕を 肘でぐいぐい押すミノ君


「ミノ君! そんなんじゃないよっ!」


”彼女いないって言っていたから 僕は札幌のオシャレな
後輩を何人か紹介しようと思って 
合コンの設定に奔走していたのにな~
ついでに僕も彼女欲しいなって 計画していたんですけどねぇ
先にいい人作っちゃうなんて~
でも 僕が思った通り チャンミンさん素敵だから
モテますよね・・・
女のコたちも 放っておかないですよね”


「だから ミノ君 そんなんじゃないってば
本当に彼女なんていないし
別に女のコに告白されてもいないし」


”ホント?”


「ほんと」


いい人は いるけれど 女のコじゃないし・・・


だから 嘘じゃないよ


”わかりました そういうことにしましょう!
でもね チャンミンさん!
同じ職場の中での恋愛は よほどのことがない限り
厳重に警戒した方がいいですよ
噂になると厄介だし
別れた後が 超面倒ですからね”


さも その経験が あるような口ぶりのミノ君が可愛い


なんか キュヒョンを思い出した


もしかして ミノ君も頭でっかちのオタクタイプ?


いや キュヒョンよりは 現場経験がありそうだな・・・


「忠告ありがとう 社内では 気をつけるよ
本当にそんな人 いないけどね・・・」


”じゃあ 合コンは 一緒に行ってくださいよ?
ああでも こんなに色っぽい人を連れて行ったら
みんなチャンミンさんに夢中になっちゃうなぁ~”


「そんなことないよ
ミノ君は 僕より若くてかっこいいし
王子様みたいに目がキラキラしていて素敵だよ?
僕が若い女のコだったら 絶対ミノ君のこと
気になると思うけどなぁ・・・」


”チャンミンさんに言われると 照れますねぇ・・・”


「ミノ君は 本当に王子様みたいだよ」


”ありがとうございます
でも今日マジで 色っぽいですね
はぁ・・・溜息出ちゃうな・・・
僕が彼女になりたいくらいですよ”


「なる?」


”チャンミンさん そっちもイケます?”


大きな目で 間近で見つめられ


そっちも・・・とか言われると ちょっとドギマギしてしまう・・・


「・・・え・・・あ・・・まさか」


少しの間を作ってしまった


怪しまれないように 僕は慌てて取り繕った


”もしかして図星だったらごめんなさい
僕は そういうことには寛大ですから気にしないでくださいね”


「まっさか そんなはずないだろ?
僕の前の彼女はFカップだよ?
でも・・・理想は高い方かな」


”Fカップー?
いいっすねぇ どんな感じですか?
僕は そんな大きい女のコは知らないな・・・
もしかして夢の アレしてくれちゃったりするのかな・・・”


うっとりと上を向くミノ君を見ていたら 


ロビーの向こうから イトゥク社長が歩いてくるのが見えた





僕は ホテル正面玄関の方を向き直り


未だ でれーっと エッチな想像をしているミノ君の足を膝で突いた


ミノ君にだけ聞こえるように


「社長が来るよ」 と小声で囁いた


”えっ やべっ”


ミノ君は さっさと 顔をシフトチェンジ!


近づいてきたイトゥク社長に向かって


僕たちは 揃って挨拶をした


「おはようございます」


”おはようございます”


すると 通り過ぎると思っていた社長は


フロントに立つ僕の前に つかつかと寄って来た


”何やら 楽しそうだな?”


「あ・・・すみません」


”はい いつも笑顔を忘れずにって
チャンミンさんから教えてもらっていました”


ぷぷっ 調子がいいな・・・


本当に キュヒョンのクローンがいるみたいだ


社長は そうか と笑顔で返事をして僕を見た


”シム・チャンミン君
10時に上の社長室に来てくれ”


「ぼっ 僕ですか?」


”そんなに驚くことではないだろう?”


「はい・・・」


”10分後に”


「はい 承知いたしました」





社長が去ったあと ミノ君と顔を見合わせた


「さっそく 厳重注意かな・・・」


しょんぼりとする僕に ミノ君も


”僕があんなこと言っちゃったから いけなかったんでしょうか・・・”


「大丈夫だよ 行ってくるね」


僕は ミノ君の肩をポンと叩き


社長室へと向かった





事務所が集まる中二階


その 一番奥に 社長室はある


総務の事務室入口の横の扉


開けると 別な事務室 


中にいる社長専用の受付嬢に声をかけ 社長に呼ばれたことを告げる


”シム・チャンミンさんですね
少しお待ちください”


そして 僕は その奥の社長室へと通された





💖 💖 💖 💖 💖

名古屋参戦された方 お疲れ様でした♪

ファンのリサーチをしてるチャンミンの話をツイで見て

本当に若いファンがもっと増えたらいいのにって😍

おばさん率が異常に高くてごめんね😣って

なんか申し訳ない気持ちになりました←でも好き😘

ジッパー上げるチャンミン💜

見たかったです(//∇//)

コメント 拍手コメント ポチ 拍手

ありがとうございます😊



更新待ってるよ♪な方
応援よろしくお願いいたします!



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2018_01_15

Comments

お世話に♪ 

Minkさんあんにょん

先ほどたまたまCS観たら
キュヒョンのラジオスター やってて
CNBLUEがゲストでした。
ギュラインの忘年会で
チャンミンが酔っぱらったエピだったので、
「お世話になってます♪」て言っちゃいました。
ツアーにも来てくれたとか。
マジ親友ですねー

諸々なワチャワチャが
WOWOWでも生中継されないかなー💓
ジス  URL   2018-01-15 19:35  

 管理者にだけ表示を許可する

03  « 2018_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top