FC2ブログ


Chocolate Play 3


僕がゆっくりと


ユンホさんの胸のいちごを食べていたせいか


じっと 硬直して動かずに我慢していたユンホさん


今は 僕のしたいようにさせてくれている





後が怖いけど まぁいいや


今は ユンホさんを舐めたくて・・・





いちごを綺麗に食べ終えると


僕はユンホさんにお礼を言った


「ユンホさん ありがとう
ユンホさんみたいに甘かった」


『何だよ 俺みたいに甘いって
甘いのは チャンミンだよ?』


不敵な笑みを浮かべ


ゆっくりと起き上がる


2人とも 舐め合ったせいで


チョコは綺麗に 消えているものの


なんとも言えない甘い匂いに包まれていた


おもむろにベッドから下り


僕の横に立つユンホさん


『チャンミン ここに手をついて』


「はい・・・」


施術用のベッドに手を着くよう言われ


僕は今までユンホさんが寝ていたベッドに手を着いた





いきなり背中から覆いかぶさり


僕のうなじに 甘い唇を這わせてきたユンホさんは


最初から猛スピードで飛ばす車みたい・・・


一気に 僕は愉楽の園へ・・・


「えっ・・・あん んんっ」


ユンホさんに倒され


肘をつきながら


背中の愛撫に感じてしまう


容赦なく 激しく動くユンホさんの唇


僕は ユンホさんに羽交い絞めにされた形で


身動きが取れない


『甘いよ・・・チャンミン 全てが甘い』


「はっ・・・あ・・・ん」


ユンホさんのいたずらな舌が動くたび


僕は 身を捩って応えてしまう





ゾクゾクする堪らない感覚に目を閉じていると


「あっ!」


ツプっと 侵入してきたのは ユンホさんの長い指


『そろそろいいだろ?』


「は・・・ん どうぞ・・・」


手慣れた仕草で 僕の中を動き回り


手ばやくほぐしにかかる


僕たちは 逢うたびにしちゃっているから


僕の秘密の場所も ユンホさんを受け入れる準備には


そんなに時間がかからない





あっと言う間に僕たちは 一つになる


『ああ・・・入ったよ 全部・・・
んあっ・・・気持ちいい サイコー』


「あ・・・ユンホさん 僕もこの瞬間 好き・・・」


振り向いて見るユンホさんの顔は 


本当に気持ち良さそうだ


そんな ユンホさんを見ると


僕も 気持ちよくなる


自然に 腰を振ってしまうイヤラシイ僕を


ユンホさんは 可愛いと言う


『俺も動くよ・・・』


両腕を後ろに引かれ


僕は身体を起こされた


手は後ろに引っ張られたまま


足は グイっと更に広げられ


ユンホさんの熱が グッと深くまで突き刺さる


「ああ・・・」


『すげー深くまで入ってる』


大きくグンと 突かれるたびに 


「ああっ・・・」


思わず大きな声を出してしまう


口を隠す手も 捕まえられたまま


僕は 後ろから ユンホさんの想いのままに 揺さぶられ続けた


『チャンミン・・・いいっ・・・気持ちいい』


「ユンホさんっ・・・はっ 僕もっ・・・気持ちいい」


暫く無我夢中で お互い腰を動かし続け


甘い香りに包まれたまま 2人ほぼ同時に果てた・・・


一緒にイク瞬間が 僕は大好きだ





僕の中で ビクビクと震えながら 性を解放したユンホさんの逞しい熱が


ずるりと 引き出され


「あん・・・」


僕はまた 声を出してしまう・・・


『その声・・・毎回ゾクリとするよ』


「そんな・・・」


果てた瞬間 また肘をついていた僕だけど


ゆっくりと起きて立つと 生暖かい湿った感触が太ももを伝うのがわかる


床を見ると


ユンホさんの放ったどろりとした白い液体が


怪しく垂れている様子が見える





『ごめん 生でしちゃったよ』


「今日はいいんです・・・気もちよかったし」


ユンホさんとの行為は毎回新しくて


この先も きっともっと新しい快感が待ち受けているに違いない


こんなに合う相手に巡り合えたのは奇跡に近い





『チャンミン・・・一緒にシャワー浴びるか?』


「ここは狭いでしょ?」


『くっついて浴びよう!』


「大丈夫かな?」


本当はお客様用のシャワールームで


僕たちは ぴったりとくっついて


洗ったのか戯れているだけなのか わからない時間を過ごした





『なぁチャンミン 今度チョコレートフォンデュに付き合ってよ?』


「ふふふ いいですよ」


でも僕は


甘いものが大好きなユンホさんこそ


フォンデュの具材にして


ユンホさんのチョコレートフォンデュもいいな


なんて思ったことは内緒・・・





     

ただの一夜の営みに過ぎなかった💦

2人がたまに醸し出す甘〜い空気感が大好きなので

バレンタインデーに因んで

ただただ甘いだけの時間もいいなと思いました😍

一人暮らしのバラエティに出演とか?!

お部屋の中 解禁?

ベッドはどんなかしら?

ペアのカップとか見えたりするかしら?

写真はちゃんと隠してるかしら?

既に妄想MAXです(//∇//)



更新待ってるよ♪な方
応援よろしくお願いいたします!



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2018_02_14

Comments

ステキなバレンタインデー💓 

Minkさんあんにょん

ラブラブ💓イチャイチャ
エロエロなバレンタインデー😆
大人のバレンタインですね!笑

ひとり暮らしのTVは
韓国では人気あるそうで。
プライベートがどこまで
見られるのか!
ちょっとコワイ…
気もします😂
ジス  URL   2018-02-14 21:34  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2018-02-16 04:01  

 管理者にだけ表示を許可する

07  « 2018_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top