FC2ブログ


初恋はヒョンの味 22話


初恋はヒョンの味2人_convert_20180428102138





チャンミンside





やっぱり ユノヒョンは 僕よりも大人だ


僕がまだ経験したことないことを きっとしてる・・・





ユノヒョンが 僕を可愛がってくれて


仕事の時も 宿舎でも いつも気にかけてくれていた


それは 僕がまだ 本当に幼く感じるからなんだろうな


いくら彼女ができても


僕はまだ つきあいたてのホヤホヤで


年上の彼女をリードするなんて 到底できそうもなかった


いくら ユノヒョンと キスの練習をたくさんしたからと言っても・・・








その晩


僕は 夢を見た


ユノヒョンが 女の人と 裸でベッドにいる夢





女の人に 上から覆いかぶさるユノヒョン


綺麗な背中が やけにセクシーだ


腰から下は ブランケットで隠れていて 見えない


女の人も 顔こそ見えないけれど


長い髪が ユノヒョンの身体の陰から ちらちらと見える


僕は その様子を 少し離れたところから じーっと見ていた


ユノヒョンは 僕に背中を向けているのに


女の人に 優しい微笑みを投げかけているのがわかってしまう・・・





嫌だ・・・


あ・・・まただ・・・


この感覚・・・





僕以外の誰かに 優しくしているユノヒョンの姿


彼女と こんな時間を過ごすときは


僕のことなんて 忘れてるんだよね・・・





可愛がっている弟だから


僕が 恥ずかしい思いをし無くて済むように


キスとか 教えてくれたんだよね・・・





僕は ここにいるよ





ユノヒョンのす近くにいるのに


ヒョンには 僕が見えないみたいだ





だって





さっきから ずっと 僕に背中を向けてる


キスしてるの?


それとも 下半身は 繋がっちゃってるの?





ねぇ ヒョン・・・


答えてよ


僕 ずっと そばにいるのに・・・





いくら 呼んでも


ユノヒョンは 後ろを振り向くことはなくて


ずっとずっと 僕に背中を向けていた





ヒョン 


ヒョン 


僕と キスしてよ・・・


僕を 大事だって 言ってくれたじゃない


僕を 抱きしめてよ・・・








『チャンミナ? どうした?』


耳に入るのは ユノヒョンの声?


僕のところに 戻ってきてくれたの?


『チャンミナ! どうしたんだよ?
何か あったか? 
変な夢でも 見たのか?』


「えっ・・・?」


『泣いてる・・・』


変な夢・・・?


僕 泣いてるの?





目の前のユノヒョンは 本物?





ぼうっとしている僕の顔を 覗きこんで


優しく そばにあったティッシュで 涙を抑えてくれる


ガバッ!っと 起き上がった僕は 


さっきまでの寂しい夢を思い出した


「ユノヒョン!」


無意識だった





僕は 咄嗟に ユノヒョンに 抱きついていた





『チャンミナ? どうしたんだよ?』


「ヒョンが ヒョンが 僕を・・・」


『チャンミナ・・・泣いてちゃわからないだろ?』


「ヒョン・・・本物?」


『おかしなこと言ってるな・・・
やっぱり何かあったんだろ?
そんなメソメソしていたら彼女に呆れられちゃうぞ?』


「え? 彼女?」


『そうだよ・・・』


「うん そうだよね
ヒョンに迷惑かけちゃいけないのに・・・」


『迷惑なんて何もないさ
可愛いチャンミナが泣いていたら気になるだけだよ』


ヒョンは 僕をあやすように


背中をさすり 後頭部を撫でてくれた


それだけで こんなにも安心する





『チャンミナ? 今日は一緒に寝るか?
泣いてる姿なんて 彼女に見せたくないだろうけど
俺の前なら いいだろ?
言いたくなければ言わなくてもいいから・・・』


「ありがと ユノヒョン」


『それに 練習が足りないなら
また練習してやるから』


「ほんと? また してくれるの?」


顔を上げて


僕はユノヒョンを見た


それはそれは優しそうに 慈しむような視線が


僕を優しく包み込んだ





「練習 たくさんしたい・・・
毎日 したいし 色々な練習したい」


『おっとっと いきなり積極的だな』


少しだけ 驚いたような表情を見せたユノヒョンが


『じゃあ 早速練習だ』


キリッとした顔になり


素早く僕の顎を掴んで持ち上げた





「ん・・・」


ピッタリとくっついた柔らかい感触


あっと言う前に 奪われた唇


あ・・・


僕が 欲していたのはこれだ


これだったんだ





ヒョン・・・


僕とする練習は 気持ちいい?





     

昨日と一昨日は リアル設定でしたが

生々し過ぎましたでしょうか?

あまり需要のないお話だったみたい (^_^;)

私の腐った頭の中は常に

2人がどうこうなっているので ←

また思い浮かんだら書いちゃうかもです😂

お気に召さないお話のときは

Mink さんは変態だし 少し変わってるから☝🏼ってことで

温かい目で見守ってくださいませね(//∇//)



そして 【初恋はヒョンの味】

また 若い2人の"練習"が始まりました〜㊗️

もう(≧∀≦) 永遠に練習してて(//∇//)



拍手👏ポチ☝🏼コメント📝拍手コメント📝

ありがとうございます♪

お返事間に合わなくてごめんなさい💦



応援してくださる方
ポチお願いします!



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2018_05_10

Comments

鍵🔑つき 

Minkさんあんにょん

私独自 の統計によると←
リアルもエロ💓も
みんな好きだと思いますが😆
鍵🔑付きだと、今回はいっかなー
と思う人が居るかも(私だ)
必ず解る鍵なら行きます🙋

ジス  URL   2018-05-10 20:08  

やっぱり 

minkさん‼︎
昨日のリアルな二人は本当にドキドキしました💓そして妄想ではなく、確実だとソウルコンの動画を見るたび確信しました。
また若い頃の二人の初恋にもとり、私もオタオタしてますが、minkさんの頭からの仲をリスペクトしまくりです。
初恋はヒョンの味 大好きてす❤️😍
まんどぅい  URL   2018-05-11 00:12  

 管理者にだけ表示を許可する

09  « 2018_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top