初恋はヒョンの味 28話


初恋はヒョンの味





チャンミンside





毎日少しずつ 新しい事を教えてくれるヒョン


頼もしいな


ヒョンだって まだまだ若いのに


僕よりも色々なことを知っていて


経験も僕よりも きっと豊富


僕は もともとユノヒョンをとても信頼していたから


ヒョンの言うことなら何でも信じて 聞いてしまうんだ





大好きなヒョンが 僕だけにこっそり教えてくれる


秘密のレッスン


毎晩の 秘かな楽しみは


だんだん 僕の中で 重要なこととなっていった


ヒョンのレッスンも 少しずつエスカレートしていき


僕は 大人の人の気持ちが 前よりも随分わかるようになった気がする





『チャンミナ おいで・・・』


他のヒョンたちは 最近 外に遊びに行くことが増えて


ユノヒョンと僕は 都合よく


2人きりになることが多くなった


いつものように 


早めに夕飯を済ませ


シャワーも浴びて 寝る態勢


今までなら 一緒にテレビを見たり


僕は一人で音楽を聴きながら 本を読んだり


パソコンで・・・例のアレを観たりしていたのだけど


今はもう 観る必要もない・・・


そう 僕が 2年ほど前からお世話になっている


いわゆる AのVというヤツだ


でも 最近は どんなに美人の女の人が 裸で喘いでいても


ユノヒョンとの ”練習” の方が楽しみになっちゃってる





だから 今日も・・・


新しいことって どんなことなんだろう・・・?


もっと気持ちよくなるための エッチな ”練習” ってことだよね?


なんか 期待 MAX


だって 僕が密かに楽しみにしているのは


ユノヒョンのセクシーな声と表情・・・


少し掠れたような声で ”うっ” とか ”あっ” とか


その声を聞いただけで ゾクゾクして 


僕の中心は 堪らなく反応することがわかったから・・・


それに あの表情もまた見たい


イク瞬間の 目を閉じた時の 一瞬の苦しそうな顔・・・





はぁん 思い出しただけで 息が荒くなっちゃうよ・・・


”ユノヒョンと僕だけで共有する誰にも言えない秘かな楽しみ” が


本当に楽しみ過ぎて


今日も シャワーを浴びるときから 下半身は元気だった





ユノヒョンに誘われて


ベッドに腰を下ろし 隣りのユノヒョンに抱きついた


ヒョンは 


『チャンミナ・・・ああいい香り・・・この瞬間を待ってたよ』


優しく 僕の頭から 背中までを撫でた後


『待ちきれないよ』 って


優しいキスをくれた


そのキスは すぐに 大人のキスへと変貌を遂げ


大きく舌を絡めあうものになった


狭い部屋に 湿った音が響く 


舌の追いかけっこをしているうちに 


ヒョンの手が 僕の背中や腹を伝って


既に "気をつけ!” みたいにピンと張るモノに伸びてきた


「あっ・・・」 


一瞬固くなった僕だけど 


ヒョンの手に触れられると 気持ち良くて


もっともっとっていう気になる





『チャンミナ・・・今日は最初から 随分大きくなってる』


「ん・・・ヒョンのこと 考えてたら・・・あんっ」


あっと言う間に下着の中に滑り込んだ手に


取り出されてしまった





「ヒョン・・・」


『気持ちよくしてやるから 大人しくしてて・・・』


「は・・・い・・・ んっ・・・」


僕は 目を瞑り ヒョンの言う通りに大人しくしていた


手を後ろに回し ベッドに手をついて


少し仰け反るように上を向く


腰を突き出すような恰好で 


今にも訪れようとしている快感を楽しみに待ちわびた





「はぁ・・・あっ・・・」


すると 突然 僕のモノに 何か温かいものが触れた


あ・・・


気持ちいい 


それに 温かい





新しいこと・・・?


感じながら 薄目を開けると





え・・・?





ん?





ええーっ?





あろうことか 


ユノヒョンが 


僕のものを 


口に含んでいるではないかー?


ベッドに腰かける 僕の前に膝まづいて・・・





オーマイガー!


これは何なの?


「ヒョ・・・ユノヒョン・・・
何してるの? ね・・・ちょっ・・・やめ・・・はぁっ」


僕の言葉なんて 全く耳にはいらないようで


一心不乱に  頭を動かしていた


響く音の いやらしさったらハンパない・・・


恥ずかしいのに・・・


ユノヒョンにこんなこと させちゃって


僕はどうしたらいい?


これは パソコンで見たアレと同じだ


女の人が 男の人に してたアレ





やめてほしいのに


言えなくて・・・


「ヒョン・・・」


ただヒョンを呼ぶことしかできなくて


ああ どうしよう?!


死ぬほど気持ちいいなんて・・・


僕 やっぱりおかしい


ヒョン こんなに気持ちいいなんて


僕は全然知らなかったよ





「あっ!」


遂に 僕は


あろうことか


ユノヒョンの口の中に


吐き出してしまった・・・





初めての経験は


僕を どうしようもなく


恥ずかしくさせた





     

ちっとも進まねー!

はい もともとストーリー性は無いお話なんです

2人の始まりの妄想の一つでして

こっちが恥ずかしくなるくらいな初キスとか

若さをご堪能くださいませ~♪

     

コメント ジスさん♪
拍手コメント Hさん♪
いつもありがとう〜😍
可愛いチャンミンを堪能してね😘
Mink





応援してくださる方
ポチお願いします!



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2018_05_16

Comments

ラブラブで♪ 

Minkさんあんにょん

ふたりのラブラブ💓💏💓が
続くのが楽しくて❗️
自分がニヤニヤなヤバい顔に
なってるのはダメかもですが




ジス  URL   2018-05-16 22:10  

Re: ラブラブで♪ 

ジスさん
コメントありがとう♪

初々しい2人に乾杯!

初めて お互いのモノに手を触れたのは
もう 随分前なのかな?
妄想が止まりませんv-319

Mink
Mink  URL   2018-05-17 00:13  

 管理者にだけ表示を許可する

05  « 2018_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top