FC2ブログ


黒い瞳が邪魔をする ~ 第四幕 どんなに遠く離れても 22話 ~


第四幕 チャンミン ①_convert_20170806080548





チャンミン side





キュヒョンとの約束は 午後6時


実家で昼ごはんを食べたあと


一人で ブラブラするために 街に出た





久しぶりのソウルの繁華街


たった数か月しか経っていないのに


随分変わったみたいだ


そんなに おしゃれな街に繰り出して遊んでいたわけではなかったけれど


それでも 新しいカフェや飲食店が


物凄く増えているように感じた





ユノヒョンは こういうところで


恋人とデートとか してるのかな?


キュヒョンも してたりして・・・


自分には 一生縁がないような気もするし


いつかは 女性と結婚したりするんだろうか?


今の僕には 想像もできないことだ





ブラブラと 洋服を見たり


大きな本屋を覗いたりして


アメリカでは買うことのできない本を数冊


見繕って 買った


カフェで コーヒーでも飲もうかと思ったけれど


カップルばかりが目について


店内に入るのを 躊躇った


待ち合わせまでの時間 


少し 散歩してみようと思い立ち


ユノヒョンの家の近くに行ってみることにした


駅から ユノヒョンの家までの道のりは


はっきりと覚えている


忘れることなど できない


時が経ち 年を取り


周りの建物が変わっても


ユノヒョンの家に 辿り着く自信がある


僕たちが 初めて結ばれた場所なんだから・・・





2人で 話をした公園


あの頃と ちっとも変わってない


あ・・・


ふわりと吹いた風が 運んできたのは桜の花びら


あのときも 桜の季節だったっけ


思えば 初めてユノヒョンと一つになった季節と


今は全く同じ


桜吹雪が少し肌寒い風に乗って 僕のところに遊びにくる


止めてよ 思い出すから・・・





女々しい気持ちを抱いたまま


僕の足は 自然と目的の場所に向かい 


あっという間にユノヒョンの家のすぐ近くに来ていた





いるの かな・・・





突然 身体中が発火したように熱くなり


容赦なく 額に汗が噴き出て来た


もしかしたら そこに


20メートルも離れていない場所に



ユノヒョンがいる・・・?





心臓が 激しく跳ねるように 動いて


僕は 動けなくなった





ユノヒョンが家にいるなんて保障は これっぽっちもないのに・・・





通り過ぎるだけ


そう 僕は 1人で歩いているだけ・・・





ユノヒョンの家の前に差し掛かった時


ガチャンと音を立てて 玄関扉が開いた


「・・・!」


思わず見てしまった僕の目に映ったのは


ユノヒョンのお母さんだった





”あら? もしかして チャンミン君じゃない?”


「あ おばさん こんにちは」


”あ~やっぱりそうね チャンミン君ね!
元気だった?”


「はい 元気です」


普通に 普通にと 心の奥から もう一人の僕が顔を出してアドバイスをくれる


”ユンホとは 全然会ってないの?
最近 名前を聞かないから・・・”


「ええ 僕も授業とか忙しくて」


”ユンホもねぇ 大学の授業や就職活動で忙しかったからね
チャンミン君も 同い年の友達と一緒に遊ぶ方が楽しいわよね~”


「いえ そんな」


”ユンホも就職したら落ち着くでしょうから また遊びにいらっしゃいね”


「ありがとうございます」


ユノヒョンの就職先 決まったんだね


僕は おばさんに 小さく頭を下げた


”今日は ユンホに用? じゃない・・・わよね”


「あ この先に高校時代の友人がいるんで
たまたま前を通りかかって・・・すみません」


僕は 引き止めてしまったことへのお詫びを口にした


”なに言ってるのよ!
こんなイケメンの後輩 いつでも大歓迎よ?
今日はね ユンホはいないのよ”


「そうですか・・・」


”あの子 就職前の最後の自由な旅行だとか何とか言ってね
今 アメリカに行ってるのよ”


「えっ? アメリカ?」


”そうなのよ 詳しい計画も教えてくれないんだけどね
ドンへ君 覚えてるかしら?
彼と二人で なんでもカリフォルニアに行ったのよ”


そ・・・そうなんだ・・・?


何で・・・? またカリフォルニアなんかに?


ユノヒョン


僕 錯覚しそうになるよ・・・





僕がいるはずのカリフォルニアに行ったユノヒョン


まさか・・・ね


勘違いするなよ


すれ違ったことが 何よりの証拠じゃないか


僕たちは 逢えない運命になったのかもしれない





複雑な思いを抱え


キュヒョンとの待ち合わせに向かった





     

【世界まる見えテレビ特捜部】

ご覧になりましたか?

いやぁ〜チャンミン💜マジ最高っす😂😂😂

ユノは安定のかっこよさ😍

チャンミンのリアクションが😂😂😂

お笑い芸人より面白いレベル🤣🤣🤣

もうリピートが止まりません❣️

動画を載せられなくて申し訳ないですが

ツイッターにインスタ 情報ブログにたくさん上がってますので

まだ観てない方は必見ですよ❣️

元CAの方はのカツラの話な時のリアクションね😂

最後は素晴らしいコメントでしめるチャンミンと

新曲『jealous』の宣伝をするユノがとても素敵でした💕

何の偏見もなくテレビを観た一般の方々に

2人の素晴らしさが少しでも伝わることを願っています✨

201811131245429c8.jpeg


20181113124612d64.jpeg


2018111312463582d.jpeg


ビジュアルが恐ろしく良い😍😍😍

首コテッも可愛かったっす!

これしか今載せられなくてごめんなさいね〜🙇‍♀️

     

拍手コメント Hさん
コメントありがとう😊
テレビじっくり観てね♪
萌えポイントたくさんありましたよ〜♪
Mink





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2018_11_13

Comments

すれ違い… 

切ないシーズンですが、第1章の再会したユノとチャンミンの切なさが大好きです。あ、もちろんエロも好きなのですが( ゚∀゚)遠い距離にいる2人、ユノもチャンミンも頑張れ~!!と思いながら読んでいます。
世界まる見え、良かったですね♡
ワイプの2人をガン見しすぎて、スタジオでアップになったときの美しさに対応するのが難しかったです!(笑)
がまりあん  URL   2018-11-13 17:28  

ちぇご〰️💗 

Minkさんあんにょん

ふたりのビジュアルに
一般の方の間でも
話題になってますね!
でも、それよりなにより
控え室前の写真撮影にて
「近くてはいらない」って😍
腐界の住民はソコ、
じゃないですかー😆❔😁
ジス  URL   2018-11-13 20:21  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2018-11-14 02:32  

Re: すれ違い… 

がまりあんさん
コメントありがとう~♪

切ないお話 いいですよね
私も大好きなんですv-415
はい 同じくエロエロも大好きです
黒い瞳は まだ先が長いですが
じっくり読んでいただけたら嬉しいです♪
ワイプの2人 最高でしたねv-344

Mink
Mink  URL   2018-11-18 15:33  

Re: ちぇご〰️💗 

ジスさん
コメントありがとう~♪

一般の方々に好印象v-344
コレ とても大事ですよねー
そしてスタッフレポートね
最近結構長く詳しく書いてくれていて
読むのが楽しいですv-354

Mink
Mink  URL   2018-11-18 15:35  

Re: タイトルなし 

鍵コメ Aさん
コメントありがとう~♪

テレビ 残念でしたねv-406
でもSNSに沢山あがっているから
もう見られましたでしょうか?
2人の出演は貴重ですから
見られたらいいですねv-415
いつもここに来てくれて嬉しいですv-415
ありがとうございますv-308

Mink
Mink  URL   2018-11-18 15:37  

 管理者にだけ表示を許可する

12  « 2019_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top