FC2ブログ


コールセンターの君 8call


20181003011627d56.jpeg






持っていた荷物を落としそうになった


え・・・?


あのエロい男が シムさん・・・?


あんな エッチなダンスを恥ずかしげもなく


堂々と 披露する男が あの


コールセンターのシムさん・・・?





一瞬にして 頭の中がパニックになった


でも・・・


気づけば


俺も 周りの女どもと何ら変わりがない


あの腰の動きから 目が離せなくて


凝視していたのだから・・・





ゴクリと 生ツバを飲み込んで


それでも ステージ上の 


全身エロ光りしている シムという男から


目が離せずにいた


帽子を取って ポーズを決めたままのシムさんが


会場を見渡して


あ・・・


俺 目が合った


確かに 一瞬だけど


目が合った


どうしたらいい?


俺 どうした?


胸が ザワザワを通り越して


ワクワクドキドキ いや


俺の胸が ドックンドックン 波打っている・・・





”キャーッ”


また 突然の悲鳴に ハッと我に返ると


もう ステージの上から シムさんの姿は 消えていた


『あ あの彼は もう出てこないんですか?』


”そうなのよ~
一度しか踊らないの
ああ 次はいつかしら?”


またまた 俺を見ないで 語る女


”ん? そういえば あなた さっきから
彼のこと 聞いてくるけど 彼のファン?”


初めて女が 俺を見た


”あらやだ 凄いイケメン・・・”


”ホントね あなた 彼のこと好きなの?”


”あなたは 踊らないの?”


『いえ 俺は 別に・・・』


”・・・”


なんか ジロリと見られている・・・?


また 変な声をかけられないように


ここから 退散したい・・・


俺の己惚れでなければ


この後の展開は だいたい想像がつく





案の定


”あの・・・”


話かけられそうになった瞬間


俺の身体は 無意識に その場から立ち去っていた





久しぶりに入ったクラブの外は


まだ そんなに遅い時間ではないせいか


これから 飲み行くであろう人たちや


デートと思しきカップルなど


大勢の人で 賑わっていた





混乱する・・・


あの 令婿沈着がウリだと言ったシムさんと


目の前で 高速ピストンでエロさをアピールしてくるゾーンに入った男


同一人物 なんだよな・・・


もう 俺の頭の中は あのエロセクシーなカッコいい


シムさんで いっぱいだった





絶対に 彼を堕とそう・・・


何故か 俺の頭の中は


彼とのベッドシーンで いつの間にか埋め尽くされていた


スーツを纏った彼と 


その彼が見せたあの動きを 反芻しながらも


俺の脳内は あのスーツが素肌に変換されていく・・・





俺は 遂に 男に恋をしてしまった・・・





女は嫌いだが 男が好きなわけでもない


そんな中途半端な性癖の俺に


シムさんは すっぽりと ハマったのだ





俺は 半ば放心状態で 歩きながら


明日も コールセンターに電話をかけ


帰りに待ち伏せしようと 決めた





シムさんを 堕とすというよりは 


シムさんに囚われてしまった自分を何とか


シムさんの興味の対象にしたいという思い


こんな気持ちは 初めてだ・・・





そんなことを考えながら


視点も定まらないまま 歩く俺の横を 


スーッと 通り過ぎた黒いスーツの長身の男が


数メートル 追い抜いたところで くるりと振り返った


あ・・・


シムさん・・・





「どうでしたか?」


『・・・』


「見ていたでしょう? 僕のこと モノ欲しそうに」


『なっ・・・』


「そんなに 僕とデートしたいなら いいですよ?
あなた 悪い人じゃなさそうだから」


『随分 偉そうなんだな』


「毎日のように コールセンターに電話をかけられたり
ビルの外で 待ち伏せされたりするの 困るんです」


全て お見通しというわけか・・・





ドキドキする胸が 更にバクバクし始めた


強い目力で 俺を捉えるシムさんに


『じゃあ デートしてよ』


咄嗟に そう答えていた





下を向いて フッと 不敵な笑みを浮かべたシムさん


「いいですよ じゃあ
これからデートしましょう」


『いいんだな』


「はい 今日はあなたのせいで
ストレスが溜まっているんですよ」


『悪かったな』


「ストレスが溜まったときは 暴れると言ったでしょう?」


『確かに そう言っていたな』


「今日は 暴れたい日なんで
暴れさせてください」


『・・・』


「さぁ 行きましょう」


シムさんは 俺に背を向けると


サッサと歩きだした


『待てよ』


慌てて 追いかけながら


俺の頭の中は


どんな風に暴れるつもりなのか?


また 混乱し始めていた





     

福岡のエロ婚

無事に開催されて良かったです

うたコンの話とかしてたみたいですね

そして 嬉しいのは 

福岡の街全体が東方神起歓迎ムードで溢れていたこと

あたたかいですよね

きっと 2人も思い入れのある土地で 嬉しかったでしょうね

ユノもチャンミンも そして今日参戦される方も関係者も

みんな ファイティンです!

そうそう 【Trigger】 の時 2人が撃つシーンが

左右のスクリーンに別れて映ったらしいですねー

アンケートに書いた甲斐があったー

ずっと分けてお願いしますね♪

見どころなんですから!

     

拍手コメント Hさん
コメントありがとう♪
新大久保堪能されたんですね!
美味しそう~💛
Mink





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2018_10_07

Comments

びっくり💗 

Minkさんあんにょん

福岡のエピソードは
本当にほっこりするし
嬉しいですね!
タクシーの運転手さんとか
ライブの前後もテンション上ガルぅ💖
まだ1日ある!羨ましいです🎵

お話のチャンミンが
積極的でエロそうで
たまりません😍😍😍
ジス  URL   2018-10-07 21:43  

 管理者にだけ表示を許可する

03  « 2019_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top