FC2ブログ


コールセンターの君 11call


20181003011627d56.jpeg






「感度がいいですね」


『変なこと 言うな あっ・・・あっ』


「ふふふ・・・」


『おっ お前・・・あっ だからそこは あっ』


「本当に 僕をその気にさせるのが上手ですね
嬉しいです こんなに感じてくれて」





悔しいけど シムさんの舌や指は 神だった


その指先が ほんの少し触れるだけで


俺は ビリビリと感じてしまうほど・・・


「こんなに蜜を零して・・・
勿体ないから いただきますね」


じゅるっ という卑猥な音が 大きく響く


俺の 張りつめた息子は 


シムさんの手の中で 所狭しと成長を続けている


「本当に ユンホさん・・・
あなたって人は 僕を煽る名人ですよ
初めて 身体を合わせるのに まるで僕のためにいるみたいな人です
こんなに好みの人が現れてくれるなんて
毎日一生懸命仕事をしていた甲斐があったというものです」


マジで ムカつく


何でそんなに冷静なんだよ?


『お前 男に慣れてるな』


「そんなことないです・・・
あなたの身体が目の前にあると 自然にこうなってしまうんですよ」


『早く 入れ』


「そんな・・・いきなり僕があなたの中に?
無理ですよ 大変なことになります
柔らかく広げておかないと・・・」


そういうと シムさんは 俺から溢れ続ける蜜を タップリと手に取り


後ろに指を入れてきた


俺から出たものが多過ぎて


指を動かすたびに ぐじゅぐじゅ音がする


シムさんの巧みな指の動きに慣れ始めた頃


ある場所を 擦られて


『ひぃっ・・・』


変な声を出してしまった





「いいんですね? 今のところ いいんでしょう?」


何なんだろう・・・?


今の不思議な感覚は・・・


俺は 悶え続けて息も絶え絶えなのに


もっと もっと シムさんが欲しかった





『触ってくれ 前も・・・もっと』


「なんて嬉しいことを言ってくれるんでしょう?
いくらでも触りますよ 
あなたがお望みなら・・・」


『ああっ』


シムさんは 指で 俺の後ろをほぐし広げながら


空いている手で 俺のモノを擦った


途端 ぶるんと震えて 俺から何かが弾け飛んだ


「勢いよく 飛び出ましたね・・・ふふふ いい感じ」


俺 早速イッてしまった・・・


落ち着く間もなく


今度は シムさんの唇が 俺の胸の突起を舐め始め


頭を押さえて 唇まで奪いに来た


その間も 片方の手は 俺の後ろをまさぐることを止めることはなかった


「ああ なんて可愛い唇・・・
ツンと立った赤い苺乳首・・・」


『マジマジと見るなっ・・・恥ずかしいだろ!』


「いいんですよ・・・
あなたをもっともっと 恥ずかしくさせたいです
恥ずかしくて堪らないのに もっとして・・・
もっと舐めて 弄って・・・って そう思ってるでしょう?」


コイツ 何から何まで 図星じゃねぇか・・・


その通りだよ 


俺自身も戸惑ってるんだよ


なんで こんなに感じるのか・・・


魔性の男 シムさんに 永遠に愛撫されていたいとか・・・


「こんな立派な野苺・・・
食べたこと ないです
んんっ・・・凄く美味しい」


『ああ・・・あっ・・・』


止むことのない 後ろの暗い洞窟の中の動きと 


胸の野苺を刺激されて


俺は また ぴゅーっと出してしまった・・・


『はっ・・・あ・・・あ・・・』


「そんなに 良かった?」


シムさんは まるで 菩薩のように穏やかな微笑みを俺に投げかけた


本当に 令婿沈着なんだな・・・





「でも あなたばっかり いい気持ちになっちゃって 
ずるいから 今度は僕の番です
いいですね?」


余裕のない俺の顔に またまた にこりと女神のような微笑みを投げ


「ほら・・・僕も早く入りたくて 入りたくて
堪らなくなってきました」


ほら・・・と言われて 俺の身体の横に膝をつくシムさんの


股間に視線を移した





え・・・


バスタオルを巻いていた時には わからなかった


強い主張を持った シムさんの息子


さっきまでは全然だったのに・・・


俺が見ている傍で 


シムさんは ゴムをはめた


「あなたを感じたい・・・
入りますよ?」


『あ・・・』


俺の後ろに 固い塊りが あてがわれ


くちゅっ くちゅっ と濡れた音を繰り返しながら


少しずつ 少しずつ 入ってくる


太ももを持ち上げられ


天井を見上げると 鏡になっていて


露わになったソコにシムさんが 入ってくるところが 良く見えて・・・


『あ・・・あっ・・・ふー』


俺 どうなっちゃうんだろう・・・?


「ユンホさん 力抜いてください」


『ふーっ・・・はぁ・・・ふーっ』


「全部入ったら また他のところを触って舐めてあげます」


『あ・・・ああ・・・はっ・・・んんっ・・・』


全部全部 繋がりたかった


早く 深く 繋がりたくて 堪らなかった





     

ああん もう!

2人の色々なシーンが次から次へと

頭に浮かんできて\(//∇//)\

やめられない😍止まらない😍

2人は昨日福岡で "獺祭" を買ったんですね😘

ある方の 今年のチャンミンのお誕生日企画に

参加させていただいたんですけれど

プレゼントの中に "獺祭" があったんですよ❣️
(私が選んだわけじゃないけど😅)

チャンミンが飲んでくれて

気に入ってくれたいたのなら 凄く嬉しいです❣️

チャンミンのご両親へのプレゼントにも同じものがあったから

今回ご購入のお高い獺祭は(種類が沢山あります)

チャミパパへのお土産かもしれませんね😊

優しい息子だから😍

それから

ユノさんの大きいベッドが欲しいと言う発言は

その〜あの〜そういうことでしょうか\(//∇//)\

ですよね\(//∇//)\

ああ〜幸せだわ〜 ← 単純🤣



東京ドームのチケットがまだ余ってるみたいですが

どうか 埋まりますように・・

まだ迷っている方や 新規ペンさんにおススメしたいです❣️

12月の平日はやはり厳しいか😞

     

コメント📝に拍手コメント📝
拍手👏にポチ☝🏼
いつもありがとうございます😘
Mink





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2018_10_11

Comments

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2018-10-11 21:43  

🙈きゃ 

Minkさんあんにょん

ミンホ~😆
チャンミンが男らしくて
ヤバいですね~
日本では珍しい
二人の様子は太野しそうで😍
ジス  URL   2018-10-12 00:48  

Re: タイトルなし 

鍵コメ S-M-さん
コメントありがとう~♪

ガッツリエロエロ過ぎかしら?と
少し心配しながら公開しましたv-408

S-M-さんがはぁはぁしながら
妄想してくだされば嬉しいですv-344

チャンミンは獺祭飲んでくれたんだと思っています♪

Mink
Mink  URL   2018-10-13 16:30  

Re: 🙈きゃ 

ジスさん
コメントありがとう~♪

最近のチャンミンのナムジャ感が凄くて
どうしても今ミンホを書きたくなりましたv-408

普通に笑ったり喋ったりすると可愛いんですけどねーv-363

Mink
Mink  URL   2018-10-13 16:31  

 管理者にだけ表示を許可する

12  « 2019_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top