FC2ブログ


桃色レッスン♪ 1回目

category: 桃色レッスン  

20190110123419a65.jpeg




『はじめまして
今日からお世話になるチョン・ユンホです
よろしくお願いします』


「はじめまして
教室主催のシム・チャンミンです
どうぞよろしく」


『・・・』


「どうかしましたか?
私の顔に何かついてますか?」


『あ・・・いえ チラシに載っていた写真よりも
遥かにカッコいいなって思って・・・
カッコいいっていうか綺麗っていうか 
美しい・・・』


先生は ん?というように首を傾げて


僕の顔を見つめては 物凄く優しく笑ったんだ


本当に優しく


包み込むように


そう シム先生は 女神のように


ふんわりと 僕を身体ごと 優しいベールで包み込んだ





「そんなに見つめられては 肝心な授業ができませんよ」


『すみませんっ 初対面なのに 僕・・・
こんなに素敵な人を今まで見たことがなくて』


「それはそれは 物凄い褒め言葉をいただいたようですね
素直に喜んでいいのかな?」


『僕 嘘はつきません
嘘つくヤツは 大嫌いなんです
だから 本当のことしか言いません
本当です 信じてください 先生』


「そんなに真剣に訴えてくれなくても わかりますよ」


『すみません…』


「君が 正直な人だってことくらい
その円らな瞳を見れば 
さほど大きな経験もしてこなかった私でもすぐにわかります
ありがとう・・・
チョン・ユンホくん・・・」





先生の口が 僕の名前を口にした


たった それだけのことなのに


妙に身体が 熱くなった





「ふふふ おかしな人ですね
レッスンの間中 じっと見つめているつもりですか?
穴が開いちゃいますよ」


『すみません』


「謝らないで・・・
こんなに褒められたことないですから
私のほうこそ 少し恥ずかしいです」


『・・・』


「・・・」





シム先生と僕は しばしの間


照れを隠しながら 見つめあった





そう


僕は 今日からボーカル教室に通い出したのだ


大学でダンスボーカルグループを作っていて


今年の秋の学園祭では 女の子たちにいいとこ見せたいなって


不純な動機で 歌の実力を上げたかったのだ


仲間もそれぞれ 着る服や髪型


使う楽器にも気を配り


ダンス教室に通っている奴もいる


でも僕は ダンスは小さい頃から習ってきたから良しとして


メインボーカルとしてマイクを持つため


もっと歌が上手になりたかったのだ


そんなときに 家の新聞の間に入っていた


ボーカル教室のチラシに目が入ったのだ


喉を使うため 時間は長くなく


1回1時間ほどの個人レッスン


家からも近く 個人経営 レッスン費用もバイト代でまかなえそうだったから


大学生の僕には好都合


すぐに 電話をかけたのが昨日のこと


晴れて 今日が初レッスンというわけだ





「チョン君は いくつですか?」


『今 大学2年の19歳です
2月生れだから 来年20歳です』


「ピチピチですね」


『えっ?』


「あ 何でもありません
私の年 知りたいですか?」


『はい 勿論! あ・・・すみません』


「ふふふ 私は25歳です
音大を卒業して しばらく歌手として ステージに立っていました
あぁ ステージと言っても 交響楽団をバックに歌うクラシックとか
オペラ歌手のバックコーラスとかですけどね」


『今は ステージには?』


「3年程色々試してみましたが
どうも 人前で歌うのは性に合わないということがわかったんです
一人が好きなので・・・
それで 両親の勧めもあって 小さな教室でも開いてみようかと・・・」


『そうなんですか ありがとうございます』


「こうして 一対一で 歌に没頭できる方が 
私は好きみたいです」


『僕 運がいいや
こんな素敵な先生に会えるなんて最高の日だ』


「またまたありがとう
君が初めての生徒です
もう一つ付け加えましょう
私も2月生れです」


『え・・・ほんと・・・?』


「本当ですよ」


そう言って シム先生は


ふわりと また女神のような微笑みを僕に向けた





なんて素敵な日なんだ


この時には 僕は既に


シム先生に夢中だったのかもしれない





「少し中性的に見られがちなんですが
私は れっきとした男ですよ
忘れないで・・・」


『はいっ わかってます
男です 先生は』


僕は 全身で 舞い上がっていた





☆ ☆ ☆ ☆ ☆

暫くは 更新が滞りがちになりますので

【黒い瞳が邪魔をする】 をお休みして←何度目?

お気楽な感じで皆さんに喜んでいただけそうな 

明るいHなお話をお届けします(//∇//)

毎日更新ではありません

ご存知の通り 最近の2人の史上最高のビジュアルの進化と

チャンミンの過度な雄化現象により 

本作 ミンホ仕様となっております😍

しかも チャンミン💜がユノ❤️よりも年上という

Mink 作品の中では 初の試みです❣️

ご承知おきくださいね♪

長さも未定 結末も未定

小さな声で言いますが 18禁 ですぅ💕

少しコミカルタッチかも!?

ヨジャ出ます←

ご興味のある方は 是非是非読んでくださいませ~💖

*先日までのコメ返は全ていたしました
拍手コメントの方は拍手欄を見てくださいね♪



応援よろしくお願いいたします♪



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_01_10

Comments

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2019-01-10 17:52  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2019-01-10 18:49  

ウフ❤️ 

Minkさんあんにょん

いいですねぇ😍
コミカルエロ💖😋
進展が楽しみです🎵
昨日私の待ち受けも
このキレイチャンミンに
変更しました✨
ヤバいですよねー
このチャンミンは😆
ジス  URL   2019-01-10 22:48  

Re: タイトルなし 

鍵コメ Hさん
コメントありがとう♪

初ですか?年上チャンミン💜
楽しんでいただけたら嬉しいです〜😍

Mink
Mink  URL   2019-01-11 12:34  

Re: タイトルなし 

鍵コメ SーMーさん
コメントありがとう♪

今回はユノさんに❤️徹底的に可愛くなってもらうつもりです
どうなるか?
2人には愛し合ってもらいますからね!

Mink
Mink  URL   2019-01-11 12:37  

Re: ウフ❤️ 

ジスさん
コメントありがとう♪

チャンミンの色気ハンパないですよね〜
確信犯的なところも好き😍
ユノ様を翻弄していただきましょう(//∇//)

Mink
Mink  URL   2019-01-11 12:38  

 管理者にだけ表示を許可する

12  « 2019_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top