FC2ブログ


わかっているのに (後編)

category: 2人のSS  

音を立てないように 僕は必至に堪えた


ともすると しゃっくりが出てしまうのではないかと心配になるくらい


涙が とめどなく溢れて 止まらなくなった





ユノヒョンのバカ・・・





このまま じっとして入れば ユノヒョンも寝るだろうと


ひたすら 息を殺して 寝息が聞こえる瞬間を待った


でも ユノヒョンが 寝返りを打つ音が聞こえても 


寝息はちっとも聞こえてこなかった


僕は 筋を違えてしまいそうなくらい 身体を固めて


ただただひたすら 泣く声を我慢した





『チャンミナ・・・?』


「・・・」


声を殺さなければと右手を口に当てて目をぎゅうっと瞑る


すると ユノヒョンが 僕の肩に手をかけて 僕を自分の方へ向かせようとした


絶対に泣いている顔なんて見せたくない


ユノヒョンの手が 僕の肩を動かそうとするたびに


全身に力を入れてユノヒョンの方を向かないようにした


『チャンミナ 起きてるんだろ?
どうしたんだよ 顔見せて』


「・・・や・・・」


『チャンミナ』


何度も僕を振り向かせようとする綺麗な手を 払いのけた


「やだ・・・」


『ほら やっぱり起きてる・・・』


「お休みなさい」


『チャンミナ 顔 見せて?」


かたくなな僕に痺れを切らしたのか


ユノヒョンは 起き上がった


そして 


ぼくを 跨いだのだ


意地でも 見られたくない僕は 必死に顔を枕に埋めた





『はぁ・・・』


溜息が聞こえる


『チャンミナ?』


「・・・」


僕の顔の両脇に肘をついて 僕を逃げられないようにしていることがわかる


数秒の沈黙


『おまっ・・・』


「だから! 寝てるんだから 見ないで!」


『泣いてるのか?』


そんなことを口にするなんて この人は本当にデリカシーがない


なのに 


嫌いになんてなれないんだから そんな自分に呆れてしまう・・・





『悪かったよ』


「・・・」


僕の髪を撫で 顔を隠している手の甲に 自分の手を重ねてきたユノヒョン


『俺が 泣かせてるんだろ・・・?』


「違う・・・」


『意地はるな』


首から耳もとに ユノヒョンが近づいてくるのがわかる


僕の耳元に近い短い髪を その綺麗な指で何度も何度も撫でながら


『チャンミナ・・・俺 嫉妬した』


チュッ・・・


僕の耳に唇を落とし


続けて優しく髪を撫でる


たったそれだけで 更に泣きそうになる


ヒョンのバカ バカバカバカ


思い切り言いたくなる


僕は 自分が情けないんだ


こんなことで 泣いたりして・・・





今に始まったことじゃない


僕たちは 今までも嫉妬から喧嘩をしてきた 何度も・・・


ヒョンが 僕じゃない人の肩を抱いて 楽しそうにしていたりすると


僕はいつも モヤモヤする


そこには 何の感情もないってわかってるのに・・・





『チャンミンが 顔をみせてくれないと ごめんのチュウもできない』


「・・・」


ユノヒョンは 喋りながら 僕のうなじに唇を這わせた


「ん・・・あっ」


思わず身を捩った僕 


すかさず 僕の手をどかして 顔を見つめたユノヒョン





どうしてそんなに優しい顔をするの?


『チャンミナ 明日はライブだぞ?
このまま泣いていたら 目が腫れちゃうじゃないか
チャンミナの綺麗な瞳を タイのファンはきっと楽しみにしてるはずだ
少し冷やした方がいいよ』


「うん・・・」


ゆっくり起き上がろうとした僕を シーツに押さえつけて


『仲直りのチュウが終わったらな』


「あっ・・・んん・・・んっ」


僕に跨ったままのユノヒョンの熱いキスが 僕を襲う


すっかり いつもの熱いキスに 段々その気になる


「ユノ・・・ヒョ・・・ン」


ヒョンの首に腕を回し 僕もユノヒョンの舌を追いかけた


ああ このままだと 抱きあいたくなる 


その先へ 進みたくなる


でも わかってる


僕たちの暗黙の約束は ライブ前日には SEX はしないこと


身体が資本の僕たち


無茶なことはしない 


ライブが終わった後には 一つになれるのだから・・・





『寂しかったろ? ずっと 俺忙しかったから・・・』


「ん・・・ユノヒョンが 認められて活躍するのは僕にとってはとても嬉しいことなんだよ」


至近距離で会話するのは 何日ぶりだろう・・・?


この間 日本に行ったとき以来かもしれないな・・・





「ヒョン・・・好き? 僕のこと」


『何言いだすんだよ そんなの 当たり前だろ?』


「僕はユノヒョンが好きだよ 
僕の特別は ヒョンただ一人だよ・・・
それだけは わかって」


鼻が 触れる


唇も 微かに触れる


今 言わなきゃ 


わかっていても 今 言わなくちゃって思った


『俺の特別も チャンミナだけだよ・・・』


「んん・・・」


僕たちは 久しぶりに 激しいキスを交わした


体温を感じたくて 2人同時にTシャツを脱ぐ


足を絡め 腕を絡め 舌を絡めて


お互いの体温を確かめた


僕も 上になって また 下になって


ユノヒョンの鍛えているのに僕より柔らかい胸を確かめ


大きな赤い粒を口に含んだ


「ヒョンのここ 可愛い」


『あっ・・・やめろっ』


「僕よりずっと 大きくて赤い」


『あっ やっ・・・だからやめっ・・・あんっ』


「エッチなんだもん ヒョンのここ」


僕は 思う存分 舐めたり噛んだり吸ったりして ヒョンの赤いところを楽しんだ


ヒョンは 怒らなかった


『チャンミナが好きなら いいよ 沢山食べな』


「好きだよ ここも 赤い唇も」


『そんなことしてる お前の口の方が もっとエッチだって』


ふふふ


僕たちは 一緒に笑いあった


裸で 抱きあいながら キスをして 


そのうち 手で中心を握り合い キスをしながら 今までの嫉妬を吐き出した





『明日のライブは 全力だぞ』


「わかてるって よろしくね ユノヒョン」


慈しむような 女神のような優しい微笑みで 僕を包んだヒョン


裸で抱き合ったまま 眠ったバンコクの夜





結局 目も冷やさなかったけど


楽しそうに歌い踊る僕たちを見ているファンは 嬉しそうだったから


きっと そんなに腫れずに済んだんだと思う


すれ違いが続くけど 次に一緒に眠れる日は 一つになろうね


大好きなユノヒョン・・・





fin


💛 💛 💛 💛 💛

やっと更新できましたー

2人のお話を書いているときって とても満たされる

チャンミン プーケットでのグラビア撮影💛って

聞いただけで 鼻息が荒くなります

もう身体中が枯渇状態の私に あんなこんなでエロ攻撃をしかけてほしい

できれば ユノと二人で 裸でベッドルームでの撮影でも良くってよ?

大人になった東方神起2人で恋愛映画を作ったら

きわどいベッドシーンがなくても 昇天するなって

諦めきれない希望を持ち続けております

それでは 皆さま 良い週末をお過ごしください♪

最近 以前のお話を一気読みしてくださっている方 

ありがとうございます

励みになります♪





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_07_06

Comments

枯渇。 

Minkさんあんにょん

ツアー当選は嬉しかったですが
まだまだ先だし、
あまりにもホミンに枯渇過ぎて
少し冷めちゃいそう?!なんて
思ってたところに
くっそ可愛いチャンミン😁
やっぱり大好きだー😆
あとは二人の登場を待つのみ!
なんですがねー😅
ジス  URL   2019-07-06 23:54  

可愛い❤️ 

可愛い可愛い💕チャンミン可愛いなぁ〜
72時間の時も自然に涙が出てるのを見て、びっくりしました。結構泣き虫さんなのかな〜⁉️と。
ユノヒョンはそんなチャンミンを可愛いなぁ〜と思ってるんでしょうね。
プーケットですね。プーケットにがっつり服は着てまさんよね⁉️2人でプーケットイチャイチャ撮影して欲しかったなぁ〜♡
主婦は忙しいですよね。いつも応援しています。
えっぴっち  URL   2019-07-07 06:21  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2019-07-07 08:04  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2019-07-07 08:48  

Re: 枯渇。 

ジスさん
アンニョン♪

遠くにいるのに毎日いろいろな情報が上がってなんだか不思議な感じですよね~
可愛いチャンミンに癒されたわ~
早く2人一緒の姿を見たいけれどHOTHOTHOTを聴くのが怖いような気もv-408
ミラーはカッコ良さそうですね💛

Mink
Mink  URL   2019-07-07 13:03  

Re: 可愛い❤️ 

えっぴっちさん
コメントありがとう~♪

以前チャンミンが出ていたバラエティでも泣いてましたー
真面目で感受性が豊かなんでしょうねv-344
プーケットは本当に2人で行ってイチャイチャして欲しかったですよv-415
いつも読んでくれてありがとうございますv-343
たまに愚痴ってしまうけど流してね♪
何だかんだ言っても妄想で生きてる私なので
これからもお付き合いくださったら嬉しいですv-398

Mink
Mink  URL   2019-07-07 13:07  

Re: タイトルなし 

鍵コメは〇〇〇さん
コメントありがとう~♪

ホミン欠乏症という病が大量発生してますね←
ここまで別々だと本当に寂しいv-413
除隊した頃のこれでもかというくらいのブロケミをもう一度見たいですv-344
きっとユノもチャンミンも寂しいわよね~v-408
お話の中ではイチャイチャしてもらいたいわ♪

Mink
Mink  URL   2019-07-07 13:09  

Re: タイトルなし 

鍵コメ S-M-さん
コメントありがとう~♪

いつもいつも抱きあって眠ってほしいですよねv-415
シなくても←繋がってる2人は尊いね💛
いつも表現とか褒めてくれてありがとう~嬉しいv-344
そしてハンナさんに嫉妬する気持ちもわかるわ~
チャンミンが心を許していて羨ましいですもんねv-343
教授ならいいv-408それもわかるわ(笑)

Mink
Mink  URL   2019-07-07 13:13  

 管理者にだけ表示を許可する

11  « 2019_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top