FC2ブログ


桃色レッスン♪ 13回目

category: 桃色レッスン  

桃色レッスンタイトル画①





あんなに時間をかけて ほぐしたと言うのに


なかなか 全てを飲み込むには まだまだ時間がかかりそうだ





ユンホくんの神経を他に向かせ 後ろの力が抜けるように


たまに 前や 赤い粒を 指で刺激すると


あんあんと いやらしい声を上げながら


蜜を垂らし続け 赤い乳首をピンと立たせている


その姿が 薄暗いピンクなムードの部屋に浮かび上がり


いやらしいこと この上ない・・・


その度に 僕のモノもグンと力を増し ますます入りずらくなった


『はぁ・・・ん せんせ・・・キツ・・・裂けそうだよ』


「裂けないように ゆっくりしますからっ・・・でも キツい・・・」


『んっ・・・』


「痛いですか?」


『少し・・・でも 我慢する』





あまりに辛そうなので


一度引き抜き 抱きしめて キスをする


頬は紅潮し うっすら額に光る汗


目は 涙が滲んだまま 手で僕の背中をぎゅうっと 掴む


可愛い・・・ 


ユンホくん・・・


早く 2人で この先へ行こう





閉じない口からは 唾液が伝って 顎に回る


こんなにエロいなんて・・・


舌先で 赤い粒を 突けば 


『はぁん・・・』


女よりも 色っぽい声を上げて 仰け反る


「ユンホくん・・・いけないコですね
そんな いやらしい声を漏らして僕を煽るなんて」


『だって 先生がっ・・・俺をっ あっ ほらっ ああっん』


少し 指の腹で


蜜の溜まった先端の狭い水溜りを ぐりっと擦っただけなのに 


こんなになって・・・


ヤバい反応に もう 僕の下半身は 疼きっぱなしだ


乳首は 綺麗なルビー色に染まり


身体中は 桜の花びらが舞い散るよう・・・


こんなに生々しく いやらしい身体は想像していた以上に


僕の中心の昂ぶりに クル・・・





もう 2人とも限界だった


再度 挿れてはみたものの 半分が精一杯だった


出したい・・・


もう ダメだ


「ユンホくん とりあえず 一度一緒にイキタイ・・・」


言い終わらないうちに 僕は自分の中心を覆うゴムを外し


そのまま ユンホくんの顔の方を足にして 跨った


僕は ユンホくんを咥え


ユンホくんは はぁはぁ言いながら 事態を察し


僕のモノを 手で包み優しく触りながら 口に含んでくれた





2人 重なり合い 相手のモノを口と手で 愛撫した


静かな部屋に チュパっ じゅるっと 響く水温


その音だけで 温度がわかるくらいに 僕たちは燃えていた


そして 時間を置かずに ユンホくん 僕の順で 


溜まっていたものを思い切り吐き出した


ユンホくんは 僕の口の中で ブルブルと震え 


僕もまた ユンホくんの口の中に ドクンドクンと 震えが収まるまで吐き出した





口の中いっぱいになったユンホくんの白い欲を 


僕は手に吐き出し


そのまま 全部 ユンホくんの後ろに塗りつけ


間髪入れずに 新しいゴムを装着し


そのまま ユンホくんの足の真ん中に割って入った





たった今 吐き出したばかりだと言うのに


僕の中心は 衰え知らずで


既に 固くなっていた


さっき 半分まで入ったのだからと ぬぬぬぅっと挿れ込む


入った


ぬめぬめとした感触の温かいユンホくんが 


僕を 全て迎え入れてくれたのだ





「ユンホくん 入りました 
わかりますか?」


『あっ・・・ん すっすごい圧迫されてる感じ・・・』


「負担をかけてごめんなさい
でも こうしないと 君と一つになれないんです」


『いいよ 俺 先生と こうなりたかった・・・
だから 大丈夫だよ・・・』


油汗を 額に滲ませ やせ我慢をしているユンホくん


本当は そうとう無理がある状態だということは 


以前 経験のある僕には 痛いほどわかる


そう 僕は 受けだったのだから・・・





合体したまま 


僕たちは 肌をピタリと張り付け合い


暫く抱き合っていた・・・





「動いていいですか?」


『ど どうぞ・・・』


のそっと起き上がると


繋がった部分を見て ユンホくんが切れていないことを確認する


少し 前後に動かすと 滑りも良く 


この状態なら 何とかなりそうだとわかった


萎えていたユンホくんを握り 上下に扱いて少し復活させ


腰を動かして 彼の反応を楽しむ


手は シーツをぎゅうっと握り 


後ろの痛みを逃しているのか・・・


涙目を たまに開いて 僕を見る


ああ 綺麗です 


キラキラと まるで黒曜石のように濡れて光るユンホくんの瞳


その眼玉こと 食べてしまいたい・・・





「行きますよ・・・」


『はぁっ・・・』


ユンホくんが 甘い吐息を漏らした瞬間から 


僕は 腰を動かし ユンホくんの中で弾ける準備に入った


細かい振動を加えると 


声にならない声を上げて ユンホくんが揺れる


目の前で 揺れている・・・


ああ 僕は この瞬間を夢見たのだ


僕によって こんな風に乱れる 愛する男


若くみずみずしい この青年を 


僕は 乱してみたかったのだ・・・





それからは もう 一心不乱だった


激しく 深く 強く そして 早く


腰を突きあげ 


狂ったように 喘ぐユンホくんの様子に 


また 強い性欲が 湧き上がる・・・


『あっ・・・はっ・・・だめぇ・・・せん・・・せ・・・ああっ』


この身体は中毒だと 強く思った





☃️ ☃️ ☃️ ☃️ ☃️

昨日の雪は大丈夫でしたか?

韓国もきっと寒いのでしょうね🥶

ホミンちゃんバースデーのカップホルダーイベント素敵ですね😍

欲しいけど 今年は行けそうもないので

我慢して 自作しよう❣️

それでは皆さま

また明日~♪



応援よろしくお願いいたします♪



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_02_10

Comments

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2019-02-10 17:59  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2019-02-10 20:10  

ホミン祭り🎵 

Minkさんあんにょん

やはりチャンミンの生誕祭も
大事ですが、ホミン信者には
真ん中も大事ですよねー❤️
運命を感じずには
いられないから~💓
ジス  URL   2019-02-10 23:22  

Re: タイトルなし 

鍵コメ は***さん
コメントありがとう~♪

2人のねv-344
一つになりたい気持ちがねv-344
強かったの~v-308
どんどん2人の世界へ行っていただきましょうv-319

Mink
Mink  URL   2019-02-11 10:52  

Re: タイトルなし 

鍵コメ S-M-さん
コメントありがとう~♪

はいv-363エロ一色ですねv-415
不足し過ぎていて←
私の頭も暴走気味なんですーv-408
東京は今日も寒いですv-404
あと、お気遣いいただいてありがとうv-343
少し心が軽くなりましたv-343

Mink
Mink  URL   2019-02-11 10:56  

Re: ホミン祭り🎵 

ジスさん
コメントありがとう~♪

この週末は日本のあちこちで
ホミンバースデーパーティーが開かれているようで
トンペンさんたちの愛の大きさを感じていますv-415
2人一緒がいいv-344っていうファンが
凄く多いと言うことを実感しますよねv-308

Mink
Mink  URL   2019-02-11 10:58  

 管理者にだけ表示を許可する

01  « 2019_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top