FC2ブログ


桃色レッスン♪ 17話

category: 桃色レッスン  

桃色レッスンタイトル画①





「ユンホくん・・・
悪いコですね」


『先生が いけないんだ』


「なぜ?」


『俺を 俺を こんなに 虜にするから・・・』


キスをしながらのお喋りは擽ったい


ユンホくんの息が みるみるうちに上がっていく


そして 下半身に触れるものが 


だんだんと 固さを増していくのがわかる





「ユンホくんが こんなに嫉妬深いとは思いませんでした」


『先生が こんなにエロいのもわからなかったよ・・・』


見つめあっては キスをして 


舌を絡めながら 相手の様子を確かめて


耳に届くその淫靡な音だけで 二人の温度がわかる





「今日も 違うレッスンになっちゃいますね・・・ん・・・」


『はぁ・・・ん・・・レッスン代 返せ・・・あん・・・』


「ふふふ そうですね 返さないといけないですね」


レッスンよりも 2人で抱き合っている方がいいなんて


口には出せないけれど


ユンホくんの身体は こんなにも柔らかい


高級な白桃のような 柔らかくいい香りのする肌に


この手が触れた途端に


僕の理性は 吹っ飛んでしまう・・・





「ユンホくんは 本当に罪な男」


『先生も 罪だよ・・・
男のくせに こんなにも美しくて悩ましいんだから』


「お互いさまですね」


キスをしながら 僕たちは 全裸になる





そのまま ベッドに倒れこむように移動して


今日は ユンホくんが 僕を押し倒した


『先生・・・せんせい・・・チャンミンせんせ・・・』


「んっ あぁ・・・ん どうしたんです・・・?
ユンホ・・・くん んんっ」


僕に覆いかぶさるユンホくんは いつもより熱い


『好き・・・先生が好き・・・』


僕の顔中に キスの雨を降らせ 耳を甘く噛みながら


好きだと言い続けるユンホくんが 


僕もまた 好き過ぎて堪らないのだ


「あっ・・・そこはっ」


ユンホくんが 僕の首筋に唇を滑らせたかと思ったら


いきなり 強く吸われた・・・


「ああっ・・・ダメですよ・・・」


目を閉じ 顎を天井に突き出すような恰好で 感じてしまった僕


きっと 首には 目立つ痣がついたはず・・・


『先生は 俺のものだから・・・』


ユンホくんは 止まらなかった


僕の身体のあちこちに 濃い色の染みを次々と作っていった


一つも二つも変わらない 


こんな熱いユンホくんを感じることができるのなら


好きなだけ つけてほしい


『はぁっ・・・ん』


「ああ・・・ユンホ・・・くん 
私の身体は 痣だらけになってしまいます・・・ん」


『首の黒子って ヤラシイね・・・』


「そうですか・・・あっ・・・」


『先生の身体のラインは どこもエロいから 困ります』


「ユンホくんには 負けます」


きっと 鏡で見たら 今夜の僕の身体は 


大小様々な大きさの薄紫や濃い紫の花が散っているに違いない・・・





「ユンホくん チャンミンて呼んで・・・」


『え・・・』


「私のこと 先生ではなくて チャンミンと・・・
名前で 呼んでほしい・・」


『いいの?』


僕の上に跨ったまま キョトンとした表情のユンホくん


「恋人同士でしょう?」


『・・・じゃ・・・じゃあ 呼んでみる』


僕は目を閉じ ユンホくんの声が 耳に届くのを待った


『チャ・・・チャン・・・ミン・・・』


「もう一度・・・」


『チャンミン・・・』


「ありがとう これからは ずっと チャンミンと呼んでください」


『じゃあ 俺のことも ユノって呼んで?』


「ユノ?」


『そう 俺のニックネーム
友達は みんなユノって呼ぶんだ』


「私は 友達?」


『違うけど・・・ユンホくん よりも親しみが籠ってるから・・・』


「そうですね そう思います
ありがとう そう呼ばせてくれて・・・ユノ」


『うっ・・・』


僕のお腹の上で ユノのソレと僕のソレが 


ビンと 力を増した


「ユノ・・・僕も ユノの身体に 印をつけたい」


有無を言わさず ユノを抱きしめて 隣りにゴロンと転がした


「ユノ・・・」


今度は上になった僕から キスのプレゼント


『チャンミン・・・』


「ユノ・・・」


柔らかく白い肌に たくさんの桃の花を咲かせよう


ちゅっと リップ音を響かせて


ユノの身体のあちこちに 愛のしるしをつけて行った





🍑 🍑 🍑 🍑 🍑

今日の東京は冷たい雨でした

東京マラソンのコースが近いので 

ちょっとだけ 見に行きました

ランナーの皆さま 早くて

スゲーわ とわかりきった感想を持ち帰りました😅

そして 今日はひな祭り🎎

皆さまはどんなひな祭りを過ごされたのでしょうか?

私も自称女の子←ですので 桃の花を飾り

ちらし寿司や蛤のお吸い物でお祝をします♪

それでは また~🥰



応援よろしくお願いいたします♪



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_03_03

Comments

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2019-03-03 17:14  

こっそり😝 

Minkさんあんにょん

こんなエロいふたりを
こっそり見たいなあ💓
あ"刺激が強すぎるか~🙈
こんなにエロくなくてもイイ!
チャンミンの膝枕で
うっかりうたた寝してるユノ
くらいで手を打ちます←😁
ジス  URL   2019-03-03 19:50  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2019-03-03 23:00  

Re: タイトルなし 

限りコメ Yさん
コメントありがとう〜♪
2人がラブラブだとなんだか妙に嬉しいですよね😊
今週も妄想で乗り切りましょう!
Mink
Mink  URL   2019-03-04 12:40  

Re: こっそり😝 

ジスさん
コメントありがとう♪

2人のあんなシーンやこんなシーンを除いてみたいけど
本当に見ちゃったらもう大変かも💦
確かに 膝枕とかいいですね\(//∇//)\

Mink
Mink  URL   2019-03-04 12:43  

Re: タイトルなし 

鍵コメ SーMーさん
コメントありがとう〜♪

ヨジャとの写真はいつもいらないと思ってマス😅
でもどこをどう見ても
チャンミン💜が一番可愛い💕って結論に達するから
ヨジャは引き立て役と思うことにします😌
髪切ってまたえらく可愛子ちゃんになってたし🥰

Mink
Mink  URL   2019-03-04 12:46  

 管理者にだけ表示を許可する

09  « 2020_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top