FC2ブログ


俺はさすらいのカメラマン ~ イタリア編 24 ~


20190422122927955.jpeg



恥ずかし過ぎるのか


チャンミンは 自分の腕で顔を隠し


「ユノさん・・・」


「はっ・・・あ・・・んっ・・・」


「ダメ・・・バカバカバカ・・・ああっん・・・」


俺の名前を呼んだり 喘いだりと忙しそうだ





俺は チャンミンのモノを握ったまま 器用に自分の下着を片手で下ろした


それこそ 恥ずかしいほどに戦闘態勢


いつでもどこでも 発射OK


俺のモノで チャンミンを貫く夢が もしかしたら現実になるかもしれない


これが興奮しないでいられるだろうか・・・


『ああっ チャンミン』


チャンミンの染みが広がったグレーのボクサーブリーフを


一気に膝まで下げる


「ああっ いやっ やめっ・・・て ユノさん ダメ」


足が暴れないように 下着は脱がせず


わざと 膝で止めた


そうすれば 足が開かず 暴れて蹴られる心配もない


チャンミンは ひたすら何かを叫びながら


羞恥と快感 戸惑いなどのたくさんの感情と格闘しているようだった





『チャンミン 凄いよ どんどん大きくなる』


「ユノさんのせいっ だからっ はっ・・・あ・・・」


自由にならない膝の上に 俺が跨り 


一人で悶えるチャンミンを上目遣いに見やりながら


今にも爆発しそうな 愛しいチャンミンを 口に入れた


「ああーやめてーっ そんな ああっ」


じゅるっ ぴちゃっ という淫靡な音


チャンミンの先端を舌でチロチロと刺激し


ヒクヒク動く腰に ニヤつきながら


唇をすぼめて あふれ出る透明な快感を吸い上げた


じゅじゅじゅーっ


「ああっ・・・んん・・・」


吸っても吸っても溢れ出る泉 


おれにとっては これは聖水以外の何物でもない


大きく口を開けて 根元まで咥えこみ


頭を動かして 口の中で チャンミンを扱き続ける


「ああ・・・あっ・・・んん・・・」


諦めたのか 快感に耐えきれなくなったのか


チャンミンが腕を顔から離し うつろな瞳で俺を見る


「あっ いく イッちゃいそうだから やめてっ・・・
おねがっ ああっ・・・あっ・・・あっ・・・」


一気に余裕をなくした愛しい人は


言葉とは 裏腹に


俺の口の中に 盛大に欲望を吐き出した


喉の奥に 感じる熱


チャンミンのソレは 熱く勢いがあった


自分の口の中で イッてくれたことが嬉しくて


最後の一滴が出終わったと思われるところで そうっと口を離し


生温かい液体を ごくりと飲み干してから 顔を近づけた





「うっ・・・ユノさん やめてって言ったのに・・・ひどい」


なかば 泣きながら 俺を睨む


『どうして? 気持ち良かっただろ?』


「全然」


真っ赤な顔をして ぷいと横を向いた


『気持ち良くないのに こんなに出ちゃうの?』


「いじわるっ」


『なぁチャンミン 気持ち良かったって言ってよ』


「無理矢理 こんな・・・」


『無理矢理か・・・でも嫌がるチャンミンをイかせるのって 
最高にそそられたよ・・・』


「ユノさんの口に・・・だから 僕 嫌だったのに・・・」


俺の口の中に吐き出したことを 悔いているのだろうか


『チャンミン 色っぽい・・・モテるだろ?』


チャンミンの紅潮しきった頬を撫で 汗で貼りついた前髪をかき分けた


まだ 涙目で睨む


『美味しかったよ』


「っ・・・」


『今度は一緒にイキタイ』


チャンミンに跨ったまま 軽くキスをして 


自分のいまだ収まりきらない中心を チャンミンのお腹に擦りつけた


「あっ ユノさん」


俺のパンパンなモノに気づいて


更に赤くなったチャンミン


『本当は チャンミンの中に入りたいんだけど
今日は止めておく 
ロケ中に チャンミンが動けなくなったら大変だからな・・・』


「動けなくって・・・」


あわあわと口が動くチャンミンは可愛いことこの上ない


年齢詐称してるよな?ってくらい純粋で 


さっきまでの妖艶な男と同じ人物とは思えないんだ





イッたばかりで 萎えたチャンミンと 俺のユノを擦り合わせ


俺から出ている先走りを チャンミンに塗り付けた


2人のモノを合わせ 擦り 根元から扱き始めると


あっと言う間にチャンミンも元気になる


手はぬるぬるで 扱くのにはとても都合がいい


『はっ・・・ああ・・・んんっ・・・』


「あ・・・また・・・」


チャンミンが 起き上がる


膝に引っかかっていた下着を取り払ってやると


自然に足を開いたチャンミンの間に入り込み 


俺もまた 足を開いた


向かい合って座り 2人とも足を開くと


自然に 俺の右ももがチャンミンの左ものの上に乗り


チャンミンの右ももが 俺の左ももの上に乗った


俺たちの下半身は まるで磁石のように引き寄せられて


くっつきあう・・・


「僕も します」


チャンミンが 恐る恐る俺のモノに手を伸ばし 握り始めた





『あ・・・』


チャンミンの手の平が 俺を包んでいる


遂に夢への第一歩だ


手を動かしながら 見つめあい


何度も何度もキスをした





❤️ ❤️ ❤️ ❤️ ❤️

ユノのショーケース❣️大成功だったみたいですね♪

チャンミンは心配してないと😌

ほんと2人の信頼関係は深くて誰も入り込めませんね♪

20190613124545a11.jpeg


でもやっぱり私は2人一緒が好きです🥰

20190613124830f08.jpeg






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_06_13

Comments

同感🙋 

Minkさんあんにょん

やぺー電車で読んじゃいました😆
やはり
ふたり一緒がいちばん落ち着きます!

BIGBANGペンの同僚とランチした時
二人の人となりを聞かれたので話したら
「ふたりは離れちゃダメ❗️
離れないか😉」と言われました。
一般の方にも伝わる仲良し感😃🍒😃
好きだー〰️💗
ジス  URL   2019-06-13 22:12  

Re: 同感🙋 

ジスさん
コメントありがとう~♪

2人の魅力を語りだしたら止まらないですよねv-408
BIG BANG ペンの方に上手く魅力を語れるなんて
ジスさんさすがですv-308素晴らしいわv-354
こんなに素敵な2人を知らない人は損してるわっていつも思うもの
私たちは幸せですよねv-345
お話の2人にもどんどん距離を縮めてもらいますね♪
電車の中v-408要注意ね!

Mink
Mink  URL   2019-06-15 15:22  

 管理者にだけ表示を許可する

07  « 2020_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top