FC2ブログ


くせ 3

category: くせ  

2019091012414618b.jpeg


ユノのパパになれて嬉しいチャンミン💜





ユノと暮らし始めて半年ほどたった頃


孤児院の先生から そろそろ幼稚園に通ったほうがいいのではないかと言われた


世間では とっくに幼稚園に通っていておかしくない


ユノも ご両親が亡くなるまでは 自宅近くの幼稚園に通っていたみたいだ





ユノは僕と同じ2月生まれで 年が明ければ 次の2月には6歳になる


そして 僕は 23歳になる





僕も いっぱしの大人ということと


ピアノ教師や ネット事業の収入が安定してあることなどから


ユノの将来を考えた時に そろそろちゃんと戸籍を整理しないとならないと思っていた矢先だった





孤児院の先生とも相談していた 養子縁組の話が現実味を帯びてきたのは


秋に 役所の人が僕の家を尋ねて来た時だった


孤児院の先生は 今までにも何組もの養子縁組を手助けしてきた経験がある


その ノウハウから 必要な人を紹介してくれたり


役所にも連絡を取ってくれたりした


僕は ちゃんと税金も納めているし 住民票もある


それらを全て調べ上げた上での 担当者の訪問だった


孤児を引き取るのにふさわしいかどうか


虐待などの恐れはないか?


たくさんのチェックポイントがあるらしく


担当者は 僕の家で 僕とユノを観察しばがら ノートに色々と書き込んでいた


ユノは 最初怯えたように不安な顔をして 僕にしがみついていた


僕から 引き離されるとでも思ったのだろう


手に汗をかいて 僕にしがみついていることがわかった





「ユノ 大丈夫だよ?
この人はね これからユノと僕がずっと一緒にいられるように考えてくれる人なんだ」


『考えてくれなくてもいいよ
僕が考えるから!』


敵対心剥き出しで 担当者を睨むユノが可愛かった


「すみません 不安なんだと思います」


”いえいえ 大丈夫ですよ 慣れてますから
ユノ君 おじさんはね 怖い人じゃないからね
ユノ君が チャンミンおじさんと 一緒に暮らすための手続きをしにきたんだ”


『てつづき?』


「そうだよ ユノ 
ユノは これからもずっと僕と一緒にいたい?」


『うん チャンミンと一緒がいい
他の人は 嫌
先生も優しいけど 僕はチャンミンがいい』


「一緒にいるための お話を聞いているんだよ
だから安心してね ユノ」


『ふうん・・・』


不思議そうな顔をして 椅子に座る僕に跨り


ずっとずっと しがみついていた


僕は ユノの背中や髪を 撫でながら 担当者の話を聞いた


僕についての大体のことは 孤児院の先生から聞いていたらしいけれど


正式な手続きをするにあたり やはり確認や調査 書類などが必要とのことだった





”特に問題はないように思います
チャンミンさんも孤児院の先生のお墨付きですし
それに”


担当者は 僕にしがみついたまま 寝てしまった5歳のユノをチラッと見て


”何より ユノ君が あなたに懐いている
そして あなたもユノ君を愛おしそうに可愛がっていることがわかります
一番大切なのは ユノ君の気持ちです”


今後の手続きなどについての説明を受け 役所に赴く日にちを決めたりした


ユノと一緒に暮らしていくためには 養子縁組をすることが最良の策だと


孤児院の先生にも 役所の担当者にも言われ


僕自身も ネットで調べたりしたけれど やはり養子縁組をした方が良さそうだと思っていたので


今後のことを考えて そうすることに決めた


何より ユノに保護者が必要だったから・・・


戸籍もきちんとあることで 僕はユノの父親になり ユノは僕の子供になる


新たな保険証も用意され 教育を受けることもできるのだ


ユノには 未来がある


幼い頃に 事故でご両親を亡くしたという悲しみを背負っているからこそ


曲がらずに 真っ直ぐ育ってほしいし 将来は幸せになってほしい


ユノには その権利があるんだ


僕は ユノの輝く未来のため ほんの少しの手助けがしたいのだ





養子縁組という 人生の中での大きな決め事をするにあたり


両親も健在な僕が 何故戸籍を離れて一人でいるのか?などを話す必要もあると感じ


僕は 自分が同性しか好きになれないのだと告白した


両親は どうしてもそんな僕を 受け入れることができなかったのだ


両親には悪いと思ったけれど 自分の性癖を変えることはできなかった


なら お互いのために 離れて暮らす方がいいだろうと話しあったうえでの円満勘当だった





一通りの話を終えて 担当者が帰るとき


ひとつだけいいかと 質問を受けた


”チャンミンさんは まだお若いですし 何よりハンサムだ
立ち入ったことを聞くようですが 恋人はいらっしゃるんですか?”


「えっ?」


”あ 不躾ですみません
念のためです
ご存知かと思いますが
最近 シングルマザーが恋人を作って
その男に子供が虐待されるケースが後を絶たないんですよ”


「はい よくニュースで見ます」


”もし 恋人がいらっしゃるのなら その方とユノ君の関係も気になったものですから・・・”


言いにくそうに 汗をかきながら言う担当者の年配の男性は


僕を窺うように見た


「僕は 恋人はいません
それに 今後できたとしても 男女ではないですし
ユノ君を責任持って大人にすることを約束します
恋人がずっとできない確証はないですが ご心配なさっているようなことはないと信じてください」


”そうですか ならいいんです”


「それに 今 僕の頭の中はユノ君でいっぱいですし
彼との生活が本当に楽しいんです
子供を持つことはないのだと思っていたので 嬉しいんですよ」


”その言葉を聞いて安心しました
失礼なことを聞いて申し訳ありませんでした”


担当者は ホッと胸を撫でおろして帰っていった





さあ 今夜は ユノにもきちんと話そう


ユノは 喜んでくれるよな?


僕の胸で眠る 天使のような寝顔を見ると


むにゃむにゃと寝言を言うユノの口もとから 涎が垂れていた





💨 🌊🌪 ☔️ 🌫

台風凄かったですね(@_@)

東京で あんなに強い台風が来ることは滅多にないのですが

今回の台風は 暴風雨が激しかったです💦

千葉や横浜でも被害が出ていました 

皆さまは大丈夫でしたか?

私は職場も比較的近いのですが 

昨日は 定時に出社してもフロアに数人しか人がいませんでした

結局来られなかった人や午後から来た人など

何だか一日中 仕事モードになりにくい一日でした😅

中には 電車の中で3時間缶詰だった人もいて

疲れ切っていました・・・お気の毒に😞

台湾から帰国した後 ユノとチャンミンはゆっくりできたかな?

チャンミンにはまた寄付のニュースも🥰

そして何やらSMが仮想通貨?の発行を計画⁉️

アーティストを応援する仕組みに取り入れるとか?

ますますわけわかめ〜

昭和な私はあまり進まれても着いていけないの〜

もっとシンプルに応援させて〜と願うのは私だけでしょうか?





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_09_10

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top