FC2ブログ


くせ 12

category: くせ  

ユノは 小学校に入学してから卒業までの6年間


ずっと リレーの選手だった


それでも ドンへ君には敵わないのだと 毎年運動会のあとに悔しがるのだった





『でもね チャンミン 合気道は僕の方が上手いみたい』


とても嬉しそうに 僕に報告してくれるのは 週3回のレッスンのあと


上達が早いと 以前 師範と言われる先生に言われたことがあった


習い始めたのは 決して早い方ではないけれど


今では ドンへ君より 上なのだそうだ


始めは週に2回だったレッスンも ユノの希望で3回に増やした


中学生になる前に黒帯になりたいと ユノは頑張っていた


その甲斐あってか 


6年生の最後の昇段審査で 見事初段に合格し


ユノは 晴れて黒帯となった





そして 僕は かねてから考えていたことを実行することにした


小学校の卒業と中学校への入学


そして 合気道の初段合格などなど


もろもろのことを含めて ユノに何かお祝をしたかったのだ





「ユノ こっちに来て」


『なあに?』


小学校生活の最後の学期を迎えた ある寒い日


夕食後に ホッとココアを淹れて ユノをリビングに誘った


「宿題は 終わり?」


『うん 簡単だったからもう終わったよ』


ユノが見ているテレビも 丁度終わったところだったので 機嫌も良かった


「ユノ もうすぐ 中学生だね」


『どうしたの 急に・・・』


「小学校の卒業祝いと 中学の入学祝をさ
したいなと思っていて」


『・・・』


きょとんとして僕を見るユノ


「今まで ろくに出かけてなかったからさ
一緒に 旅行でもしようか?」


『え・・・夏休みに 毎年色々なところに連れて行ってくれたじゃない』


「うん 1泊だったけどね」


僕にもユノにも 遊びに行くような親戚はいないし 勿論実家もない


けれど 夏休みの家族でのお出かけを楽しみにしている子供は多いし


低学年の頃は 絵日記の宿題も 家族での旅行を書く子供が多かったので


ユノに 不憫な思いをさせたくなくて 僕は毎年1泊で夏休みのお出かけだけは続けていた


『山も行ったし 川も行ったよ?
温泉も連れて行ってくれたじゃない』


「もっと長く行きたくない? 今度は奮発して2泊3日!どう?」


『いいの? チャンミンと一緒に旅行に行けるの?』


「ユノと一緒に行きたいんだけどな」


『行くー! 行くよ行く! チャンミンと旅行 絶対に行く
行かないわけないじゃん!』


物凄く食い気味に 行く!を連発した





「本当はさ 毎年 もっとたくさん旅行できたら良かったんだけどね
あんまり連れて行ってあげられなかったからね
ユノもたくさんのこと 頑張ったから そのご褒美だよ」


『わぁ~い やったー! ありがとう チャンミン』


椅子から離れ 僕のところに来て 椅子の後ろから抱きついてきた


今でも毎晩一緒に寝ているし


スキンシップも多めの僕たち


ユノは 嬉しいといつも抱きついてきた


一緒に暮らし始めた頃は 抱きついてきたユノを持ち上げて


僕の足に跨らせたりしたけれど


どんどん大きくなるユノを 簡単には 持ち上げられなくなっていた


身長もかなり伸びた


そのうち 僕よりも大きくなるのかな・・・?


背後から 僕の首の前に伸びてきた腕が あの頃に比べて随分としっかりしている


本当に ユノは いい子に育ってくれている


ユノの手首を掴み 少し引くと


今度はユノが頬を擦り寄せてきた


『ねぇチャンミン
旅行って どこ行くの?』


「そうだね これから決めようと思う
あまり遠くには行けないよ」


『うん どこでもいいよ
チャンミンと一緒なら』


頬を擦り擦りしながら 楽しそうに話すユノ


僕もどこでもいいんだよ


ユノ 君さえ一緒にいてくれたら この家でもいいんだ





僕は 以前ユノがテレビ番組を見て


『キャンプ 楽しそうだね』と言っていたことを思い出した


「ユノ キャンプ行きたいって言ってなかった?」


『うん 行ってみたい』


「今はまだ寒いからさ
今年の夏はキャンプにしようか?」


『わぁ いいね〜
行きたい!』


「今度のご褒美旅行は スノーボードに行ってみようか?」


『ほんと?ちょー嬉しい!
ドンヘ君も行ったことがあるって言ってたし
してみたかったんだ』


「じゃあ 決まり!」


ユノは雪は見たことはあっても スキー場は初めてのはず


僕もスノボなんてしたことないけれど 一緒にスクールに入ればいいよね


さあ そうと決まったら計画を立てなきゃ


ユノが心から喜んでいる様子が本当に嬉しくて


ユノの頬に 伸びてきた髭を擦りつけた





💖 💖 💖 💖 💖

拍手やコメントありがとうごさいます♪

Hさん そうですよね。WHYやCATCH ME を彷彿させますね〜😍かっこいいです❣️
でもチャンミンの髪はもう少し伸びてほしいですね😅

SーMーさん 親はね ついついこうなってほしいとか考えるけど子供の自主性を尊重できたらいいですよね♪
何もしたいことがない子もいるけど←うちの子😂
イチャイチャ不足もう少しまってね🥰

あ〜○○さん 2人の交流の様子、ほっこりと見守ってくださっていると思うと一生懸命書いちゃいます❣️
また感想を聞かせてくださいね🥰

ひ○さん 2人は人間が素晴らしいからね、きっといいパパになれる素質は持っていますよね❣️でもなってほしくないの←鬼👹2人で幸せになってね😍

それでは皆さま ツアーに想いを馳せて

日々乗り切りましょう❣️





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_09_26


04  « 2020_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top