FC2ブログ


紫色の誘惑 21


~ 待ち続ける日々 by ユノ ~


チャンミンが 彼女とキスしている場面を


見てしまってからというもの


そのときの光景が


頭から 離れなくて


困っていた


正直に言うと


その時の 表情が


あまりに 印象的で


目を閉じた 色っぽい顔


数メートル離れた場所にいた


俺にも 聞こえてきそうな


息遣い


最後に 唇を 離したときの


少し顎を 上げて


下を見下ろすような 視線


彼女を 見ながら


顔を 少し斜めにして


人差し指で 長めの前髪を 直す仕草・・・


そう 


俺と 目が合う直前の


彼の仕草や表情が


俺の頭を 支配していた


思い出すたびに


ゴクっと 喉をならしてしまう・・・


店では アッコに怪しまれないように


極力 チャンミンのことは


考えないようにして


仕事に 集中した





いつ来るかも わからない


連絡先も 年も 仕事も


何にも知らない


未知の相手に対する


おかしな気持ちを 誤魔化すように


仕事に 没頭した


「ユノ 今週 お前 休んでないだろう?
明日 休めよ」


ヒチョル先輩が 俺を気遣ってくれる


たまたま


1人 長期休暇を取っている従業員がいるから


忙しくなると


人出が 足りなくなるときがある


「いや 疲れてないし
今週は 出ますよ」


俺は 休みたくなかった


”チャンミンが また来るかもしれない”


そんな思いが


俺を 休ませなかった





でも


チャンミンは 一向に 現れなかった





だよな・・・


あんなとこ 見られたら


普通 嫌だよな・・・





彼女の存在が あるというのに


俺は 何故か


チャンミンに 対する


不思議な気持ちを


確かめたくて


休みなく


”Paper Moon”に 顔を出していた


アイツも 俺も ノンケだよな・・・





友達のミノ君と 


初めて 店に来たとき


カウンターで 


少し緊張気味に 座っていた


美しい男


茶色がかった 長めの髪


ゆるく ウエーブが かかったその前髪の間から


大きな瞳が のぞく


ミノ君と 話しているときに 見せる


楽しそうな 顔


カウンターの中にいた 俺には


まだ 向けられたことのない 笑顔


その大きな 美しい瞳に


俺は 映らないのか・・・


チャンミンの来店を


待ち続け


新しいカクテルを 考案した





気づけば 


1か月近く


まだ


チャンミンは 来ない・・・


ミノ君も 来ない・・・


このまま 


もう 会えない・・・?





なんか ユノさんらしくないですね・・・

早く来てね チャンミン






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト




2015_02_14

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

09  « 2020_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top