FC2ブログ


東方神気かるた ”み” (あるある編)





【見ず知らず
初対面でも 
意気投合!
アドレス交換 
トンペン仲間】



ありがちでは ないですか?


どなたにも フフフ・・・って


心当たりが あるのでは?


トンペンって 


同じ人を応援しているという


一体感や 連帯感 


仲間意識 みたいなものがあって


すぐに 打ち解けるんですよね


以下は 私の場合! の事例ですが・・・


*イメージ ① ランチ会

ツアー中は ”遠征” なるものを する方も多いですよね

私の回りは ほとんどが 遠征しますね

ほんと みんな どんだけ 

東方神起が 好きなんだ?って話ですよ!

で 全国から その日のライブ場所に

トンペンが 集結するとあって

ツアー中に よく見かけるのが

ブロガーさん主宰の ランチ会

もしくは 俗に言う オフ会

ブログを読む

ランチ会の募集に 勇気を出して 申し込む

1人で参加してみる

楽しい! 

トンペンチングが 増える

ただし 参加した会が 全て成功するとは

限りません

会ってみても 合わない場合もありますしね

初めは恐る恐る 話しかけたりして・・・

自己紹介や お隣さんとの会話

名刺やお土産 アドレスの交換などが行われ・・・

行ってよかった

と思えれば その勇気は 成功です!

私は とあるランチ会で 知り合った人達とは

毎日連絡を取り合う仲になっていますし

大切な お友達となりました


*イメージ ② グッズ売り場

ツアーの時は グッズに並ぶことも多いですよね

一緒に並ぶ約束をして

持ち合わせしてから 並ばない限り

たとえ 友達であっても

後から来た人が 列に入るのは

ひんしゅくを買う傾向があります

特に 今回の WITH TOUR に関しては

日替わりで 会場限定の チャームが

予想外に 可愛かったこともあって

グッズ争いは 熾烈です

そこで 横入りができない状況では

1人で 並ぶことも 必然的に 

出てくるわけです・・・

すると コレが 映画や ランチどころの長さではなく

3~4時間は 当たり前体操なので

どちらからともなく おひとり様同士が

”話をする” という状況が 生まれます

(おひとり様でない場合もあり)

そうして 

”どっちペンか?”

”いつからの ファンか?”

から 始まって

”ソウル婚は 行ったの?” とか

”参戦したライブの 席はどうだった?”とか

”CDやDVD グッズの買い方” とか

(何処で予約するか?とか 何種類買う?とか

これ買った?とか あれは良かったよねー!とか)

どの程度 またはどういうタイプのファンなのかを

探りつつ 話をして 盛りあがる!

で 知り合いになっておきたいなと

思った場合には

最後に アドレス交換をしたり 

ふるふるで LINEの友達になったりします


*イメージ ③ チングの紹介

友達が 

”ツイッターでやり取りをして 知り合った人と

ジャケカの交換や チケットの受け渡しをする” とか 

この間 参加した保護者会で

”実は 子どもの学校のママ友に トンペンがいた” とか

友達に頼まれて 

”チケットありませんか? もしくは 譲ります!で

自分の友人 と友人の知り合いが 初めてやり取りをすることになった” とか

自然と 知り合いが 増えて行くものですね

私のチングは タワレコでの衣装展で ナンパをして

友達になったと言っていました

何処でも 楽しく話せはするけれど

なかなか すぐに ”連絡先を・・・”とは

言いにくいですよね? 

①たまたまお互いが 1人で見に来ていた

②次に参戦する会場が 同じだったから 会う約束をした

③年齢や 家族環境 居住地域が 近かった

などなど

何かしら 共通点が 見つかったときに

意気投合するんだと 思います!

だから コレも ある意味 

”運” なんですよね


    
  

中には 回りにトンペンの知り合いが 全くいない方や


トンペンであることを 隠さなければならない方


好きなのに ライブに 参戦が叶わない方


などなど 


いらっしゃると 思います・・・


それぞれが 事情を 抱えながらの トン活だとわかっています


私にも 事情があります


だからこそ ブログが大切なんです


ユノをチャンミンを応援している


自分の記録を 残しておきたい!


ブログを書いている時間は


とっても 充実しているんです!


様々な事情を 忘れて


東方神起に没頭できる


自分にとって 癒される


満たされる 楽しい場所なんです 


きっと お気に入りのブログを 読むときって


誰もが ニコニコしていると 思うんです


このブログを 楽しみにしてくださっている方が


少しでも いるのなら


私は その方々に 喜んでいただけたら


心の底から 嬉しいです


感じ方 考え方 感覚


どれかが 似ている ということですものね・・・


私は ファンになった頃は


ツイッターもしていなかったし


そんなに コアなファンになるつもりもなく


CDだって 全種類は 買わなかったし


敢えて オフ会に参加しなくても・・・


ぐらいに 思っていたのです


でも ”ツベの樹海” に嵌り 


”過去をさかのぼる” という 日課もできて


2人の魅力にどんどん嵌り


蟻地獄に 落ちてしまい


今では 東方神起のない生活なんて


考えられない


”トンペンさんの数だけ トンペンの歴史がある” のだと


私は 思っていますので


”ユノとチャンミンの東方神起”


大好きな人なら 


基本 誰とお話しても


楽しいのではないかな? と思います


何かの機会があれば


”私のトンペン歴”についても


書いてみたいと思っています


いろいろな ところで


いろいろな シチュエーションで 生まれる


”トンペンの輪”


共通して言えることは


ユノとチャンミンの話をしているとき


誰もが 


目がキラキラしている! ということ



これだけは はっきり言えると 断言できます!


あら?


今日のかるたは 写真が1枚も ないわっ


ごめんね~


これで 許して


ああっ!


この2人が 私を 翻弄するんです・・・

vogue 加工



罪な2人





ポチしてくれたら嬉しいです



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト




2015_03_10

Comments

私もです 

こんにちは、mink さま。
あちこちから失礼します。

昨日のユノの入隊発表、自分で思っていたよりダメージが大きくて、まだ這い上がれそうにありません。

mink様はいかがですか?
さて、大変失礼ながら、最初にブログにおじゃましてすぐにWITH コンが始まって、その後《かるた》と《紫色の誘惑》を読ませて頂きながらも、なかなかコメントさせて頂くに至らず。
でも、それと恥ずかしながら、最初にお話したかもしれないですが、FCブログのブロガー様へコメだししたことがなく、やり方も解りずらくて、でもコメントしたい、という日々。
ごめんなさい。色々長くなりまして。
時々読ませて頂けなかった、《かるた》を、今日遂に全部❗️
いやはや、凄いとしか言いようがありません。
2人の様子がこれだけでよ〜くわかります。
これからも色々楽しみにしています。
そして、気の利いたコメントできませんが、これからもコメント書かせて頂きますね。
cherry_b  URL   2015-06-10 18:41  

Re: 私もです 

cherry_bさん
コメントありがとうございま~す♪

かるたを 楽しみにしてくださっているのですよねv-344
覚えています
凄く嬉しいです!!!

自分の なんてことない思いつきで
始めたことなんですが
喜んでくださる方がいるって
とっても 励みになるんですよ~v-415

かるた 全部終わったら
まとめの記事にするつもりです

昨日の落ち込みから 
私はすっかり浮上しましたv-354

これからも
お気軽に コメントくださいねv-346

mink
mink  URL   2015-06-10 22:16  

 管理者にだけ表示を許可する

11  « 2019_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top