FC2ブログ


紫色の誘惑 58


海沿いの 道路は


既に 陽が落ちて


薄暗くなってきていた


だんだんと 夜が長くなってきている証拠


俺たちは 暫く 何も話さずにいた





ユノさんも 無言で 車を走らせていたけれど


時折り 俺の顔を ちらちら見ては


何か 気にしているようだった


それでも 俺は 何も言わず


まっすぐに 前を見たり


窓の方に顔を向けて


流れる景色を 眺めてたりしていた





”友達” 


ああでも 言わないと


自分の気持ちが 伝わってしまいそうで・・・


正直 焦った


ユノさんと俺は ”友達”


ユノさんには ちゃんと彼女がいる


俺の気持ちが 悟られて 


距離を 置いてほしくない


”友達”だから 


あんなスキンシップも するんだ


せっかく 仲良くなれたのに


俺に 恋愛感情があるなんてことが わかったら


きっと どん引きするはずだ


ヒチョルさんも 前に言っていたじゃないか・・・


”店の者は 違うんですけど・・・”って


そう ユノさんには そんな趣味は無いはず


シウォンさんに 言い寄られた時は


回し蹴りしたって 聞いたしな・・・


だから ダメだ 


絶対に 悟られてはいけない


俺の この変な感情は 


やがて 間違いだということに


気づく時が 来るはずだ


”普通の友達”で いなくてはいけないんだと・・・





そんな 気持ちを かき消すように


俺は サリーに連絡を入れた


そして 車を止めて


ユノさんも アッコさんに 連絡をした 


お店での待ち合わせは 7時


2人きりよりも サリーやアッコさんが


いてくれた方が


今日は いいような気がした


少しでも 気が紛れる方が・・・





都内に向けて 高速を走る


暫くして


ユノさんが 口を開いた


「チャンミン 少しは落ちついた?」


「はい もう大丈夫です」


「さっきは 怖い顔してたよ?
アイツも ビビったんじゃない?」


「無性に 腹が立って・・・
すみませんでした」


「突然あんなこと言ってくるなんて
ホント失礼なヤツだったな?」


「ホントですよ!」


「チャンミンは あんな疑い掛けられて
嫌だったよな?」


「えっ?」


今 ”チャンミンは”って 言った?


「ゲイ呼ばわりされて いい気はしないよな?
本当に 悪かったよ・・・
俺の軽率な行動でさ」


「ユノさん・・・」


「でも 俺さ・・・
不思議なんだけど
別に 嫌じゃなかったんだ
チャンミンと そういう関係に見られても・・・」


「・・・?!」


何を言っているんだ?


この人は・・・?


ちらりと 運転中のユノさんの


横顔を 盗み見る


まっすぐに 前を見つめたまま


表情は 変わらない


相変わらず 素敵な横顔のまま・・・


何も言えずに 黙っていると


「チャンミン?」


ユノさんが 俺を見る


ハッと 驚く俺に


「そんな 大きな目で
ビックリするなよー!
悪い悪い また嫌な思いさせたな」


フッと 笑いながら 言うユノさん


「あ いえ・・・」


「チャンミンは そっちじゃないもんな・・・」


苦笑いをしながら

 
運転を続ける ユノさんの


言葉の意図が わからない・・・





「俺 前に 見ちゃったじゃない?
チャンミンとサリちゃんが キスしてるとこ」


「あ・・・」


急に 言いようのない恥ずかしさが こみ上げる


「こんなこと 言うのも
ちょっと 恥ずかしいけどさ
チャンミン
すげーカッコ良くてさ・・・
あんな風に キスされたら
女は イチコロだろうなって・・・

サリちゃんとチャンミンは
お似合いだったよ・・・」


「もう 恥ずかしいから
言わないでください・・・」


「何とか うまく行くと
いいんだけどな?
チャンミンの 新しい恋

俺 チャンミン 好きだよ
だから できる限り 応援したい
その可能性が 少しでもあるのなら・・・」


どうして そんな


胸が ギューっとなるようなことを言うんですか・・・?


手を伸ばせば


触れられるところにいる


”新しい恋”の 相手


あなたなんですよ・・・


ユノさん・・・


俺のこと ”友達”として好きだから


応援してくれるんですか?


できるなら して欲しいですよ?


俺 頑張ってもいいんですか?


近づいても いいんですか?


困るのは あなたでしょう?


少しでも 傍にいたいけど


一緒にいると 


胸が痛むこともある あなたとの関係に


これから どうしていいのか


また わからなくなった・・・





ああ~ じれったいわっ!







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト




2015_03_31

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

11  « 2019_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top