FC2ブログ


紫色の誘惑 65


「もう1件 行く?」


「えっ?」


「まだ 10時だろ?
この先に 知り合いの店があるんだ
少し つき合ってくれない?」


「いいですけど・・・
ユノさん 飲めないですよ 車なんだから・・・」


「あ そこはね 俺の家から近いの
だから 車は置きっぱなしでも
明日取りにくれば大丈夫だから」


「ユノさんが いいのなら・・・」





サリーを下ろした場所からは


車で 15分くらいか・・・


ユノさんの 小学校時代からの友人が


経営している 深夜まで開いてるカフェ


「おー ユノ 久しぶりじゃないかー?
もっと 顔出せよな!
おっと こちらは?」


「友達のチャンミン 
今の俺が 一番落ちつく相手」


「初めまして チャンミンです」


「俺は ブライアン よろしく」


ユノさんは ”何か簡単なものを” と頼み 


入口から離れた ソファー席に 腰を下ろした





「チャンミン 食べた気がしなかっただろ?
軽く食べてから、少し飲み直して帰ろ」


「ユノさん 顔が広いなあ」


「たまたまだよ」


ブライアンさんが 用意してくれたのは


飲んだ後に ぴったりな 


薄い塩味のラーメン


繊細な味のスープが 胃に優しい・・・


確かに さっきは あまり 食べた気がしなかった


「これ 美味いっすねー」


「だろ? ああ見えてさ
ブライアンさんは 料理 上手いの!」


笑いながら ペロッと平らげた俺たち


「だけどさ
ほんと 女ってめんどくせー
なんで そんなに 気になんのかな?」


「すみません 
サリーが 変なこと言い出して・・・」


「チャンミン 
サリちゃんが 本当に俺のことを
好きだと 思ってるの?」


「・・・?」


「サリちゃんさ・・・
まだ チャンミンのこと 好きなんだと思うよ?」


「まさか・・・」


「”ユノって 本当に女心がわからない!”って
よく アッコに言われる
鈍感な俺が言うのもなんだけど・・・
多分 当たってる」


「何で? 
だってサリーは この間も 病院で
”ユノさんのこと 好きになりそう” って
言ったんですよ」


「それ 多分 違う」


「・・・」


「あ 何か飲もう」


ジントニックを2つ 注文して


また 視線を 俺に戻したユノさん





「うまく言えないけどさ
チャンミンのこと 必死で 諦めようと
してるんじゃないかな?」


「そう なんですかね・・・」


ミノに 言われた言葉を 思い出した





~ ”チャンミンほど好きになった人はいない” って
サリーちゃんが メグに言ったらしいよ・・・~





あんないい女を フッたのは 俺


サリーは確かに ”チャンミンのことが好き” と言った


”チャンミンの心に誰か違う人がいるのなら
思う通りにしてあげようと決めていた” とも ・・・


でも もしユノさんの言うことが 本当でも


もう サリーの気持ちに 応えてやることはできない





そう 俺の心には ”別な人” が いるから・・・





「チャンミンが 新しい彼女と つきあいだしたら
サリちゃんも きっと 何も言わなくなる」


サリー どうなの?


さっき 何度も感じた違和感は これだったんだ・・・


サリーらしくないなと ずっと感じてた


「そういう ユノさんだって 
新しい彼女と つきあいだせば
アッコさんだって 諦められるんじゃないですか?
いつまでも 1人だから アッコさんも きっと・・・」


「おいおい ずっと1人だったわけじゃないぜ?
俺だって 彼女の1人や2人 
いなかったわけじゃないからな」


「すみません
言い方が 悪かったかも・・・
ユノさん モテるから ずっと1人だなんて
思ってませんけど」


無言で 少しのドヤ顔


親指を立てて


俺に同意を求めるような 視線





わかってますよ・・・


ユノさんなら 女性の方から 言い寄ってくるって・・・


「もう やめましょう! こんな話ばかり
俺は 当分1人だから
サリーには悪いけど
頑張って 立ち直ってもらうしか ないな」


「チャンミン・・・俺も 当分1人だよ! 
お前と同じ!
今までみたいに 好きなら好きって 
簡単に 言えない相手を好きになった
コレ! ホントだから」


心底 驚いた!


まさか 


ユノさんこそ 人妻を・・・?


「それって・・・」


「えっ? 勘違いするなよ?
人妻じゃないからな!
アハハハ」


豪快に 笑い飛ばすけど


俺の胸は またもや


ズキン・・・と痛むわけで・・・





目の前に 


あなたに惚れてる人が いるというのに


全く 気づかない


女心どころか 男心にも 疎いですよ・・・ユノさん





あら? そういうチャンミンさんも 相当 疎いような・・・







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2015_04_10

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

08  « 2020_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top