FC2ブログ


赤い華 19


看護師を 全員交えての食事会は


キムさんの運転する ワンボックスカーで


出発となった


看護師たちは 皆浮き足立っている


まるで 遠足だな


俺は 乗り気じゃあないけどな・・・





仕方なく参加することに なったからには


せっかくなら


ユノさんが 大勢の看護師たちを前に


どうやって 目当ての一人を


口説くのか


見てやろう! という気になった





助手席に ユノさん


2列目と 3列目に 3人ずつ座る


”ねぇ チャンミン先生は 先に乗って?”


リオが 俺を運転席のすぐ後ろの


窓際に 俺を追いやる


隣に ぴったりとリオが座る


”今週は 私とデートの日が 潰れたんだから
隣りで いいでしょう?”


先日の ユノさんとの食事の日のことを さしている


リオの言い分だ


リオは 5人の中では一番ふくよかで


胸が大きい


狭い車内で 密着するのは


俺は 歓迎するよ?





<チャンミン先生 モテモテですね>


『あてられちゃうな・・・』


キムさんも ユノさんも


気になるようだ





”じゃあ 今日全員で 食事会になっちゃった私はどうなるの?” って


アヤが 怒ってるよ?


そんなことは全く 意に介さないリオが


”先生 食事の席も 隣ね?
寂しかったんだから・・・”


上目づかいで 俺を見る


「悪かった・・・来週は うまいモン食いに行こうな?」


少し長めの前髪を そーっとかき分けてやる


うっとりと 大きな目でほほ笑むリオの


おでこに チュッと 唇をつける・・・


リオは 少し頬を赤らめて


俺に もたれかかった





ふと 視線を感じて 前を見ると


ユノさんと


一瞬目が合って


あからさまに サッと


目を逸らされた・・・


どうして そんなに 俺を見るの・・・?





大勢での 食事会は 


自己紹介も兼ねて


ゆっくりと 進んだ・・・


ユノさんとは 離れた席に 座ったのに


ちょくちょく 目が合うのは なぜ?





よく気の利くモモが


俺のグラスの ビールの減り具合を 見計らっては


追加を注文する


それに 気づいたマネージャーのキムさんが


<あれ? チャンミン先生 お酒 お強いんですね?
あまり お好きじゃないのかと 思ってました>


”あら? なんでそんな風に思うのかしら?
キムさん チャンミン先生は ビールもワインも
なんでも お飲みなるし 大好きなんですよ?
そして 強いの”


<ああ そうなんですか?
この間は お飲みにならなかったから・・・
てっきり 嫌いなのかな?って>


”そんなことないわよね~?”


”ワインにも とっても詳しいし
チャンミン先生とのお酒は とっても楽しいんですよ?”


ユノさんが こっちを見ている


何故 この間は 飲まなかったのか?って


目で 訴えてる・・・


「この間は 仕事絡みですしね
それに 初めて食事をご一緒する方々の前で
あまり 大酒飲むのもどうかと 思いましてね」


<じゃあ 今度からは 飲んでいただけますね?>


「今日みたいに 大勢なら 喜んで」


不思議そうに 俺を見る ユノさんは


あまり グラスの中身が減っていない


それどころか


少し 顔が 赤い?


”ユノさんは あまり強くないんですよね?”


ファンクラブに入っているというサラが


ファンならだれでも知っているという情報を


皆に 伝授する


『すぐに 赤くなっちゃうから・・・』


照れてるんだ・・・


可愛いとこ あるじゃないか


「ユノさん もうすでに 少し赤いですよ?
まだ 早いですねぇ・・・
あまり早く酔うと 誰も口説けなくなっちゃいますよ?」


”えーっ? ユノさん だれかお気に入りがいるのー?”


”誰ー?”


キャーキャー うるさい


楽しそうに 盛り上がる看護師たちを 横目に


俺は 大好きなお酒を 堪能しながら


料理に 口をつける


皆 楽しそうに 盛りあがっていた





気づけば 


ユノさんが 俺の前に 移動してきていて・・・


キムさんは 看護師たちと手相占いで


楽しそうだ





『チャンミン先生みたいに 
ガンガン飲めたら どんなに楽しいか・・・
羨ましいですよ』


ステージのカリスマと言われる人が


妙に 弱弱しく 本音を漏らすのが 意外だった


トイレに行くと言って 立ったときに 


ちょっと 足元がもたついたユノさん


「一緒に行きましょうか?」


仕方なく 席を立つ


”イケメン2人で 何処行くの~?”


すると


ユノさんが クルッと 上半身を振り返らせて


『ちょっとな! 連れション!』


明るく言って


指2本で 挨拶を決める


酔っ払いのくせに


急に ビシっと ポーズを決めたユノさんは


やっぱり カッコイイのかも しれない・・・





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト




2015_07_29

Comments

連れション? 

minkさん

ごめんなさい。いい年のおばさんがコメントのタイトル’連れション’なんて。
でも、今までと違うチャミの反応、何だか気になります。
これから、どんな風になるの?何が起こるの?
楽しみと、じれったさと、minkさん、焦らし屋さん?ふふ。

でも、それが楽しかったりする私。

cherry b  URL   2015-07-29 23:24  

Re: 連れション? 

cherry bさん
コメントありがとう~♪

今でも 連れションとか言うのかなあ・・・?
私も古い人間ですので
死語だったら ごめんなさい!

焦らし屋v-319
当たっているかもしれませんv-356

さあ どうやってくっつけよう・・・?!

mink
mink  URL   2015-07-30 00:15  

 管理者にだけ表示を許可する

07  « 2020_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top