FC2ブログ


紫色の誘惑 番外編 ③


ユノさんとの食事は


個室を予約しておいて 大正解


あんなセリフを 人前で言われたら


心臓が 破裂する!


当のユノさんは 余裕シャクシャクって感じで


当惑する俺を見て 楽しそうにしてるし・・・





悔しいけど 凄く嬉しくて


俺が ユノさんのことを 


どれだけ好きか?なんて


どんな言葉を使っても 説明しきれないよ


一緒に いるだけで


胸が 躍るっていうのは こんな感覚を


指すのかな?





今まで 女性と付き合っていたのがウソみたいに


周りの女性が 全く目に入らなくなったし・・・


てか 全員ライバルに見えるし!








「あー美味しかったなあ・・・」


『うん 旨かったなあ・・・
ふぐ 久しぶりだったしな』


まだまだ多くの人でにぎわう道頓堀を


二人で 歩く


東の方へ 歩きながら 


大阪の空気を 吸う


お酒も入ってるし


夜だし


知り合いも 殆どいないし という


好条件が 重なり


自然に 指を絡めながら 歩き出した





どのくらい 歩いだだろう・・・


人気も少ない 川面に近い遊歩道


外灯のおかげで 意外と明るい


汚いだけだと思っていた道頓堀川も


夜は ネオンが反射して 少しだけ


ロマンティックに見えるから 不思議だ








『チャンミン 逢いたかった…』


突然 ストレートに 気持ちを伝えられて


心臓が 一気に 脈打つ速度を加速させた


「俺も・・・ユノさんに・・・逢いたかったです」


建物が落とす影の下に 入り込み


少しだけ 羞恥心が 小さくなる


立ち止まって 目を合わせた


ユノさんが これ以上ないというくらい


優しい目で 俺を見る


ほら・・・その目 


想像した通り


そんな目で 見るから


身動きできなくなるのに・・・





愛おしそうに 俺の髪を梳きながら


耳や頬を 確かめる綺麗な指


『誰にも 触らせたくない・・・』


ゆっくりと 近づく唇が


もう少しで 俺のそれと重なるというところで


ハッと 我に返った


「ユノさん ここは・・・外だから」


いくら大阪といえども


何処で誰が見ているか わからないから・・・


『知り合いなんて いないよ?』


「会社の人たちが・・・」


『気になる?』


「万が一ってこともあるから・・・」


『チャンミンらしいな?
でも 俺 今ここで キスしたい』


「い いけませんよ! やめてください」


『こんなに 美しくて 愛おしい恋人を前にして
我慢しろと?』


「うちは そんなに遠くないですよ
タクシー 捕まえましょう?」





火照る顔を 誤魔化すように


先に歩き出そうとした 俺の腕をつかみ


あっという間に


後ろから 抱え込まれた


抵抗する間もなく


耳元に 熱い息がかかる


『ん・・・チャンミンだ・・・
チャンミンの香り・・・』


容赦なく 耳をはい回る唇


あ・・・やめてよ・・・


硬直して動けない 情けない自分


首筋まで ユノさんの熱い息とともに


その淫靡な唇が 這い出した


しばらく されるがまま じっとしていたけれど


うっ・・・あ・・・それ以上は・・・


もうむずむずして 俺がダメ


お願い ダメですってば・・・


んん・・・


もう 我慢できなくなって


まんまと ユノさんの手中に落ちたことを 知る


くるっと 向きを変えて


自分から 両手で ユノさんの頬を包み


欲しかった唇を 奪いに行った


『誰も見てないよ…』


もう 誰に見られてもいい・・・


そんな気になってしまった余裕のない二人





一度触れたら 堪らなくて


愛する人の 舌を追いかけて


追いかけられて


心ゆくまで 味わい尽くした


長いキス


トロントロンの目
 

糸を引く 口


上がる息・・・


お互いが お互いを 求めていたことが


嫌というほど わかってしまう





『帰ろう…』


ユノさんに 手を引かれて


歩き出した俺の足元で


野良猫が にゃあ!と 鳴いた





あの日産スタジアム公演から

今日で 丸2年・・・

早いですね。・゜・(ノД`)・゜・。



にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2015_08_17

Comments

日産 

minkさんは、日産行かれたのですか?

私はその頃は、違う人が好きでした。
その方のファン歴は4か月。
そもそも、その人が出ていたドラマを見て、その役柄が好きになり、プロフィールをみて、歌手だったので歌を聞き、歌も好きになり、それなりに楽しかったけど。
今でも嫌いではないし、たまに歌を聞いたりはしますが。
最初、トン堕ちした!と思っても、また同じことになるのかな?と思い、暫くFCにも入らず、でもどんどん好きになり、今はもう。言わずもがな。

すみません、またまたしょうもない前置きでした。
minkさん、お願いですからこの時間に興奮させないでください。
もう、甘く激しい、とろけるような前置き。そして、そこで…あー!!
寝られない。
次のお話を考えると、赤面します。
cherry b  URL   2015-08-17 22:23  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2015-08-17 23:16  

Re: 日産 

cherry bさん
コメントありがとう~(^^♪

日産 行きましたよv-346

あの夏の夜を彩る
レッドオーシャンv-344

夜風が心地よかった
夢のようなひとときv-345

今でも 私の中では
WITH オーラスと並ぶ
No.1 のライブです!

チャンミンが 本当に
全く疲れ知らずに見えるくらい
楽しんでいたのが わかったんですよv-415
忘れられません・・・

それにしても
cherry bさんの 4か月のファン歴って
どなたなのでしょう・・・v-391

mink
mink  URL   2015-08-18 01:36  

Re: お久しぶりです 

鍵コメ Yさん
コメントありがとう~(^^♪

お盆も通常営業とは お疲れ様でした!
意外とそういう方も多いようですね・・・
時期をずらして 夏休みはお取りになるのでしょうか?

確かに 今 ”2年”って
キーワードかもv-237

紫色の誘惑も 赤い華も
ドキドキしていただけて 嬉しいですv-415

現実の2人が 離れ離れの今
せめて お話の中では 
ずっと 絡んでいてほしいんですv-346

Yさんも お忙しい毎日と思いますが
お身体 ご自愛くださいませ♪
また 感想聞かせてくださいね!

mink
mink  URL   2015-08-18 01:41  

ハァ~~~~(///∇///)❤ 

minkさん

アンニョン❤
も~~~~好きにして(*≧∀≦*)
朝から電車の中で...
今私には吹き出し付いてます😍😍😍
ユノとチャンミンがそうしているところ....(///∇///)(///∇///)(///∇///)(///∇///)(///∇///)(///∇///)(///∇///)(///∇///)(///∇///)❤❤❤

しあわせ😆🍀💕💕

日産はトンペン歴でもWith婚に並ぶ最高のステージ^^私もそう思います❗❗
今思い出してもあの全てを飲み込むレッドオーシャン、ユノとチャンミンには本当に相応しいと思えて鳥肌でした😍😍😍
チャンミンが何時も日産の思い出を同じ様に楽しかったと話してくれるのが凄く嬉しいです❤
3年後?...
いつかまた絶対に日産スタジアムで東方神起のliveが見たいですね😌
cha-sama  URL   2015-08-18 08:04  

Re: ハァ~~~~(///∇///)❤ 

cha-samaさん
コメントありがと〜*\(^o^)/*

日産❤️思い出すと
一瞬で別世界に行けちゃう!
東方神起史上に残る
最も印象的なステージの一つですよね(≧∇≦)

ユノとチャンミンはあの頃
日本でも…とか
想像しただけで顔面崩壊です\(//∇//)\

どういうシチュエーションにしようかな?

mink
mink  URL   2015-08-18 09:50  

 管理者にだけ表示を許可する

07  « 2020_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top