FC2ブログ


俺はさすらいのカメラマン ~ アムステルダムにて ③ ~


カメラマン①_convert_20160111004702


女は キスが上手かった


相当 慣れているようで


たまに開けた目が合うと ニッコリと微笑む


そんな余裕も 今の俺にはとてもありがたかった


きっと欲情しきっている俺の目を見て


心の中で笑っていることだろう・・・


少し息が上がり 唇を離すと


目の前に 美しい顔・・・





しかし デカいな・・・


キスしながら 感じた少しの違和感


普段 女とキスする時のような感じと違うのは・・・


この女は 俺よりもデカいんだ!


抱き寄せて 女のお尻越しに下を見る


赤いハイヒールが 更に女をデカくしているんだ


俺が 襲う方なのに


首を曲げて 上を向いてキスするなんて


初めての経験


俺より背の高い女とは お目にかかったことはない


違和感の原因は これだったのかと納得して


『背 高いな・・・』


「ん・・・」


背中をさすり


俺は 次のステップへ進むべく


手を ドレスの胸元にずらしていった


なんか 固い・・・


そうだ 女特有の柔らかさが ないんだ


よほど筋肉質なのか


何処をなでても 固かった・・・


こんな相手も 初めてだ





でも既にこの女に欲情してしまっている俺は


早くドレスを脱がせて 


裸が見たかった・・・


身体中を触りながら 首筋にキスを落とす


痩せすぎているのか 


女にしては あまり括れのない腰から


小さく引き締まったお尻をなで


首筋の黒子を 強く吸うと


「ああっ・・・」


声も 女にしては 少し低めか・・・


早く脱がせてみたい・・・


ぐっと下半身を密着させたその時


俺のお腹に 何か 固い物が当たった


ん?


身体を離してみると


『何だ これは?』


思わず 女から 身体が離れてしまった


1~2歩 退いたような状態で


女を見ると


「・・・」


困ったような顔をして 俺を見ている


ちょっ ちょっと待てよ?


今 目に映ったものは 


何かの見間違いか・・・?


俺は ふーっと天井を仰ぎ


再度 顔を下ろし


視線を 女の顔から下に動かしていく・・・


と・・・


『オーマイガー!』


赤い無地のドレスを 窮屈そうに押し上げているソレは


一体 何だ?


一気に萎えた俺のモノとは 打って変わって


まだ ドレスの薄い布を これでもかと押し上げているモノが・・・


明らかに 男の持つソレとしか思えない


確かな 盛り上がり・・・


俺は 頭が混乱した





『お お前・・・男・・・か?』


「・・・」


決まり悪そうな顔で 俺をじーっと見る赤いドレスの男


『男か?って聞いてるんだよ?
答えろよ・・・』


だまって 突っ立っている男に


急激に 腹が立ってきた


ったく どうしてくれるんだよ・・・?


俺の夢を ぶち壊しやがって!


黙っている 男の顔に 顔を近づけ


睨んで言った


『男だろ?って聞いてんのが聞こえないのか?』


大きな声で 怒鳴ると


「聞こえてます・・・」


『なんで 俺を騙した?』


「騙してなんか・・・」


『騙しただろ? 赤いドレスなんか着て
オカシイだろ?』


「僕のこと 抱きたいと思ったでしょう?」


『そうだよ! 女だと思ったからな!
まさか 男だなんて!
悪趣味だな?』


「悪趣味だなんて・・・ひどい・・・
こういうのが 好きな人 結構いるのに・・・
だから したのに・・・」


『はぁ? 誰でもこんなコスプレ 好きだと思うのか?
勘違いするなよ? 俺にはこんな趣味はない!
コスプレにも興味はなければ ましてや 
男とする趣味もない!
女装した男とだなんて 更に最悪だ!
金返せ!』


思わず 大声で怒鳴ると


その女みたいな男は 下を向いて


「わかりました・・・」 と言った





俺は とんでもない飾り窓体験に


笑い話にも ならねえやと


憤慨して 下着を付けようとした


すると


赤いドレスの男から 理解不能な言葉が 


聞こえてきた


「待ってください!
お金は お返ししますから・・・
あの・・・抱いてください・・・」


コイツ 頭がおかしいのか?


『お前 自分で何を言ってるか 
わかってんのか?
俺は 女相手にしか 勃たねぇって言ってんだよ?』


ほら見ろ! とばかりに


自分の大人しくなった股間を 指で指してみせた


「男だって・・・言わなくてごめんなさい
でも あなたを窓の外で見かけたときから
抱いてほしいと 思って見てたんです・・・
だから・・・お願いします 
帰らないで」


ラボ90


ひざまずいて 懇願する その顔が


俺には やはり女に見えてしまって


どうしたことか 胸がドキっと高鳴った・・・





      

なんか 変態チックで ごめんなさい

チャンミン君の 一目惚れなのでしょうね

ユノ君 気づいてあげて! ← わかるわけないか・・・


そしてそして

We Are T!~ Second Memories ~

きましたね~ でも お高いですね

東方神起完全体まで

あと 583日!



ポチいただけたら嬉しいです



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_01_13

Comments

ラッキー♪ 

minkさん
こんにちわ


今日の電車は空いててラッキー♪
じゃないと、お話読んでて顔面の管理ができません(≧◇≦)
チャンミンのお願いに抗える人など居るワケがない!
しかも、あの姿なんて。minkさんの写真チョイス
最高ですv-218

7000プラス税。
足もと見るの上手だな、まったく。
とはいえ、私に抗う余地もなく(#^_^#)ですね
ジス  URL   2016-01-13 18:03  

Re: ラッキー♪ 

ジスさん
コメント(人''▽`)ありがとう☆

顔面管理 要注意ですよね~v-319
私も電車の中で トン関係のものを見るときは
(あ 殆どトン関係ですv-356
隣りが気になるので 見えにくいように
ブックタイプのスマホカバーしか使いません
隠しながら見る怪しい人です・・・v-408

ビギのお知らせにも
チャミの懇願にも 
抗えませんよね・・・お札が飛んでゆく~v-237

mink
mink  URL   2016-01-13 20:52  

びっくり 

minkさん、こんばんは。

えっと、赤いドレスのチャンミンはてっきり女の子設定かと思っていたら、まんまだったのですね。

確かに、ユニークだわー。
でも、あんなに可愛いく見つめられて懇願されたら、ほおっておかない。
ユノさん、じき復活しますね。

それにしても、minkさんいいですね!このお話。
ちょっと癖になる。
cherry  URL   2016-01-13 23:09  

Re: びっくり 

cherryさん
コメント(人''▽`)ありがとう☆

チャンミン 女の子だと思ってましたか?!
ちゃんと 男の子なんです~

でも どんなキャラだ?!

cherryさんの想像通り じきに復活しちゃいますわv-415

そりゃあねぇ・・・
あんな風に懇願されたら ねぇ・・・v-344
あ この先を妄想して寝ます♪

mink
mink  URL   2016-01-14 00:59  

 管理者にだけ表示を許可する

11  « 2019_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top