FC2ブログ


黒い瞳が邪魔をする ~ 第二幕 蒼い恋 ⑫ ~


第二幕 蒼い恋 ①_convert_20160113002416


Changmin


ユノヒョンからの電話


嬉しくて 嬉しくて♪


僕の耳が 聞き間違いでなければ


明日 2人で会おう!ってこと?


あ 2人とは 言ってない・・・?


僕と 会ってくれるの?


受験生のユノヒョンのことを案じて


少し心配 


でも その心配を見えなくしてしまうほどの嬉しさ


僕の心は 途端に 軽くなった


嬉しい マジで嬉しい!


胸が躍るって こういうことを言うんだね!





「それって・・・」


『ん・・・ほら!この間 話したドンへって奴
俺の親友と言うか 悪友というか・・・
紹介したくってさ!』


そういうことか・・・


なんか ちょっぴり残念・・・


期待をしてしまった自分が 恥ずかしい


でも ユノヒョンと会えるだけで 嬉しいからいいいや!


『明日さ 予備校休みなんだ
チャンミナもキュヒョン誘って来いよ』


「はい・・・聞いてみます」


はぁ・・・


電話を切った手のひらが 汗ばんでいる


そうだよね


2人で会うなんて オカシイよね・・・


なんか 僕 バカみたいだな


あんなに喜んで


そして 今


こんなに落ち込んで・・・


がっかりした気持ちのまま


歯を磨いていたら


お母さんに 声をかけられた


”いつまで磨いてるの?
洗面所使いたいんだけど”
 

「あ ごめん もう終わる」


”10分は 磨いてたわよ?
何か考え事?
もしかして 彼女でもできた?”


「ちっ違うよっ!
彼女なんて いないってば!」


慌てて口をゆすいで タオルでギュッと拭いた


”ふ~ん 怪しいわね・・・
これから そんな悩みも出てくる年頃だものね
彼女ができたら 無理に隠さないで教えてよね!”


お母さんは ニコニコしながら リビングへ行ってしまった


何だよ・・・使うんじゃなかったのかよ


鏡を見たら


やけに 赤い顔


彼女なんかじゃないもん・・・


彼氏・・・のことだもん


ん???


こういう場合って どっちが彼氏なんだろう・・・?


どっちも 彼氏?


ユノヒョンの顔を 思い出して またちょっぴり恥ずかしくなる


誰も見てないのに・・・





素早く自室に閉じこもり


キュヒョンに連絡をした


明日のことを話すと


”いいけど なんで俺たちなんだろ?
俺 何かしたかな・・・?”


この間 本屋さんで ユノヒョンに話しかけられて


しばらく 話をしながら歩いたことを キュヒョンに告げた


”へぇー ユノヒョンがね・・・”


「なんか おかしい?」


”いつも 女子たちから 話しかけられて
面倒くさそうにしてるから・・・
自分から 声をかけるなんて 不思議に思ってさ”


「俺 女子じゃないし!」


”わかってるよ そんなことくらい
ユノヒョンもドンへさんも 友達も多いみたいだし
受験勉強も 忙しそうだから・・・
何でかな?って 思っただけだよ
息抜きかな?”


「かもしれないね」


”1年でもからかって ちょっと 気分転換かな?
あ でもチャンミナ お前
女子よりも可愛いって噂されてるの 知ってる?”


「やめてよ! キュヒョナまで・・・」


”ホントなんだってば! 
俺が見ても可愛いもん!
でも 俺そんな趣味ないから安心して?”


「当たり前だろ! キモイって!」


”あははは あっ!でもさ・・・
もしかして・・・あ~いや~それはないか・・・”


「何だよ?言ってよ」


”ユノヒョン お前に興味があるんじゃね?”


「なっ 何言ってるんだよ!
そんなわけないだろ?
失礼だよ 先輩なのに・・・」


”だよな・・・でも・・・
男も!って噂 まんざら嘘でもなさそうって気がしてきた”


「もう!変なこと言うなよ! もう切るよ」


”怒るなよ!うん わかった じゃあ明日な”


全く キュヒョンは!





ベッドにゴロンと横になって


ユノヒョンが 何で僕を誘ったのかを考えた


こうして 考え事をしている今も 胸が踊っている


ユノヒョンに会えると思っただけで


やっぱり 嬉しいんだ・・・


後輩として ちょっと可愛がってくれるだけでいい


個人的に知り合いになれただけで満足


ユノヒョンに付きまとう女子の先輩たちよりも


僕は 1歩リードしているんだから!


弟みたいに 思ってくれているのかな・・・?


なら それでもいい


僕は ドキドキする胸の鼓動を


抑えようとは 思わなかった





ユノヒョンを 思って ちょっぴり胸を焦がすなんて!


これは 自分だけの秘密・・・


本屋さんで 掴まれた腕


もう一度 触れてほしいなんて


絶対に 僕だけの秘密・・・





東方神起完全体まで

あと 562日!


ポチお願いします



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト




2016_02_03

Comments

チャンミン♪ 

minkさん
あんにょーんっす

お話のチャンミンは高校生で、実際のチャンミンとは違うのですが…
なんでしょうか。リアルチャンミンから滲み出る
可愛さと儚さの同居感p(^^)q
お話とリアルチャンミンがどうしても重なるから
きゅんきゅんも高まるんですよね!
そんな、きゅんきゅんチャンミンのお話を読んでて
リアルチャンミンがますます好きになってく感じ♪♪
もう、止められません!
この世界なら危険もないし?安全だし
みんなもどっぷり浸かればいいのに(笑)
ジス  URL   2016-02-03 23:17  

Re: チャンミン♪ 

ジスさん
いつもコメント(人''▽`)ありがとう☆

嬉しいこと言ってくださってv-346

その場の情景が わかるような
その時のチャンミンやユノが
想像できてしまうような
そんなリアルな感じがだせたらいいなあ・・・って
思いながら書いているので
ジスさんみたいに
言ってくださると 嬉しいです♪

キュンキュンする感じ 自分にとっては
遠い昔なんで
思い出しながら・・・ねv-408

所詮妄想・・・確かに危険もないですね~
私の書くお話の世界をわかってくださって
とても嬉しいですv-407

これからもよろしく~v-344

mink
mink  URL   2016-02-04 13:59  

いいわ(≧∇≦) 

minkさん、またまたこんにちは。

恋の始まり、相手の一つ一つの行動で、気持ちが上がったり下りたり。

青春(((o(*゚▽゚*)o)))、初恋(((o(*゚▽゚*)o)))素敵だわー。
ユノも、もちろんだけど、minkさんがお話の中に描くチャンミンは、リアルな彼の可愛いさとほのかな色気がたまらないの。

ふふふ。
cherry  URL   2016-02-05 11:45  

Re: いいわ(≧∇≦) 

cherryさん
コメントありがとう\(^o^)/

そうなんですよね〜♪
チャンミンてば若い頃から
色々な魅力を持ってるんですよね(≧∇≦)

こういうお話なら
cherryさんも大丈夫かな?
切なくないでしょ?

mink
mink  URL   2016-02-05 20:05  

 管理者にだけ表示を許可する

09  « 2020_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top