FC2ブログ


黒い瞳が邪魔をする ~ 第二幕 蒼い恋 32 ~


第二幕 蒼い恋 ①_convert_20160113002416


Changmin


女子に 返事を迫られた日


校門前で キュヒョンに捕まった


何だかんだ言って


僕のことを 気にかけてくれる有り難い友達だ


駅前のハンバーガーショップまで 歩く道すがら


”で? 当然 断ったんだろ?”


「何だよ? 当然・・・って」


”ユノヒョンのこと 好きなんだろ?”


いきなり はっきりと言われて 


身体の体温が 一気に上昇した


”あのさあ・・・
隠さなくても わかるって!
実は お2人さん つき合ってるだろ?”


ちょっと待って! 


もう キュヒョンは・・・


歩みを止めて キュヒョンを見ると


知ってるよ? と言わんばかり・・・


まだ ユノヒョンに 何も相談してないのに・・・


「キュヒョナは どうして 何でも知ってるの?」


”よっ! 遂に白状したな? シム・チャンミン王子”


「はっ?」


”ホント 自覚してないんだね”


「何を?」


”お前はね~ チャンミナは 目立つの!
王子様って 陰で呼ばれてるの 知らないの?”


「知らないよ そんなの・・・」


”これだよ・・・そして
ユノヒョンも 異常にモテるんだよ?”


「それは 知ってる・・・」


”で チャンミナも 女子から すげー人気なの!
だから 告白されてんだろ?”


「ん・・・」


それと キュヒョンが 僕たちのことを知ってるってことが どう繋がるんだろ?


”つまりね ユノヒョンとチャンミナって
2人でいると めちゃくちゃ目立つわけ!”


そんなこと 考えたこともなかった


僕が気にしていたのは 男同士ってことだけ


”朝 一緒に登校してるんだよな?
全校生徒が知ってるんじゃね?”


「えっ?マズイよ!それ」


”まあまあ 落ち着けって!
ユノヒョンが 1年生の王子様を
スゲ~可愛がって 仲良くしてるって話!
まさか そういう関係だとは思ってないと思うよ”


「そういう関係とか・・・言わないで!
そんなんじゃないから・・・」


”俺 言ったじゃん!応援するって!
だから 安心して!
変なこと言う奴がいたら 否定しとく”


「・・・ありがと キュヒョナ」


キュヒョンには いづれ言うつもりだったから


正直に 認めた


「つき合うってことに なったから・・・」


”ヨッシャー!
じゃあ エビカツバーガーで手を打つ”


「なんだよ? チーズバーガーより高いじゃないか!」


”口止め料? 噂 揉み消し料?
安いと思うけど?”


「ちぇっ! 数学のノート 貸してあげようかと思ったのに」


”それは困るな じゃあポテト つけなくていいから!”


「もともと つける気なんかねーし!」


”まあ いっか! ライバルが減ったと思えばね
チャンミナ戦線離脱ってことは
俺たち平民のチャンスが増えるってことだし”


「王子とか平民とか 言うなよ
じゃあさ キュヒョナの好きなコって誰?
ライバル減らしてあげたってことで
エビカツバーガーはチャラだね!」


”何でだよ~
大きさが違うって!”


「あははは 」


僕たちは 笑いあって じゃれ合って


寄り道して 帰った


キュヒョンに言えて 心が軽くなったし・・・





でも 情報通のキュヒョンは


エビカツバーガーを 頬張りながら


更に大きな爆弾を 落とした


”ねぇねぇ やっぱりポテトつけて!”


「はっ? 何でだよ?」


”もひとつ いいこと教えてあげるからさ!”


「じゃあ 聞いてからにする」


その後の キュヒョンの言葉で


僕は どうしようもなく 嬉しくなった


バドミントン部の練習を ユノヒョンが見てたなんて


夢にも思ったことは なかったから・・・





ユノヒョン・・・


僕は 


僕は


ユノヒョンが 堪らなく好きです!


いますぐ 駆けつけて 抱き着きたい衝動に駆られる


嬉しくて 恥ずかしくて


胸が いっぱいで


エビカツバーガーを食べる手が 止まった


涙が出そうだ・・・


”チャンミナ・・・お前 やっぱクラスの女子より可愛いわ!
ほっぺた ほんのり 赤いぞ?”


もう 反論する気もなかった


「嬉しくて・・・」


目の前で ポカ~ンと呆けた顔の親友が


”見てらんねぇ!”


僕から目を逸らして コーラをずずーっとすすった





もうすぐ クリスマス


ユノヒョンに


たくさん 好き を伝えよう!


逢いたくて逢いたくて 堪らなくなった ある冬の日





東方神起完全体まで

あと 539日!


ポチお願いします



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_02_26

Comments

キュヒョーン 

Minkさん あんにょーん

キュヒョンは本当にチャンミンの良き理解者ですね!
リアルな2人もそんな関係なんでしょうねー
ユノとチャンミンが離れてることが寂しいけど
親友のキュヒョンもやっぱり寂しいだろうな(。>A<。)
自宅から出勤の噂ですが、やたらと出歩けないし。
そう言えば、ナムギルも自転車通勤で、サジン撮られてました。


DVDを手に入れた途端安心して
お楽しみを後に取っておく悪い癖が出まして(^_^;)
なぜかFIRSTを見直すっていう行動の私。
飲み会で遅いから、それまでは観なくちゃv-238
ジス  URL   2016-02-26 20:36  

Re: キュヒョーン 

ジスさん
コメント(人''▽`)ありがとう☆

チャンミン入隊の日の
キュヒョンの涙で真っ赤になった目を
思い出しますよね・・・
休暇のときに 会えるといいんだけどね~v-392

キュヒョン君には お話の中でも実生活でも
この先ずっと チャンミンの良き理解者でいて
もらいたいので ハンバーガーくらい
私が買ってあげたいわ!

DVD 1stから!もいいかもしれませんね
私もこの間 観ましたよ!
お楽しみは ゆっくりねv-345

Mink
Mink  URL   2016-02-27 00:00  

エビカツバーガーにポテト 

minkさん、こんにちは。

ごめんなさい、タイトルm(__)m。
この組み合わせminkさんの好みなのかしら?と思いながらほくそえんでしまった私。
キュヒョンは、ホントにどこでもチャンミンのよき理解者。
ユノとは違った意味で、なくてはならない存在ですよね。

それから、王子って言葉、こんなにぴったりはまる人もなかなかいない。
でも、お姫様もはまる気がするのは、私だけ?
cherry  URL   2016-03-01 10:22  

Re: エビカツバーガーにポテト 

cherryさん
コメント(人''▽`)ありがとう☆

エビカツバーガー好きですよ♪
いつもチーズバーガーではつまらないかな?と思い
違うものにしてみました

キュヒョンも私と同じで
少し捻くれたところがありそうだしねv-408
ちょっと変えてみた そんな感じです

チャンミンは 王子様でもありv-345
お姫様でもありv-343

まさにv-357

Mink
Mink  URL   2016-03-01 10:55  

 管理者にだけ表示を許可する

12  « 2020_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top