FC2ブログ


黒い瞳が邪魔をする ~ 第二幕 蒼い恋 46 ~


第二幕 蒼い恋 ①_convert_20160113002416


Changmin


ゴシゴシと 念入りに 身体を洗う


大好きなユノヒョンと 今日一つになるために


ちゃんとした恋人同士になるために・・・


気持ちだけではなくて


身体も 確かめあいたいと 思っていた


ただ なかなか勇気が出なかっただけ





自分でも 気にしたことのない場所を 手で探ってみる


そして 石鹸をいっぱい泡立てて


指を そっと 入れてみる


あ・・・入る 


指1本なら 石鹸の泡のおかげなのか


するすると 入る


でも 実際は指なんかじゃないし・・・


ソコに もっと太いものが入るのかと思っただけで


顔中が 燃えるみたいに熱くなる


恥ずかしい・・・


ユノヒョンに 汚いとか 思われたらどうしよう


こんなことするのは 嫌だって思われたら・・・


やっぱり ただの先輩後輩に戻ろうなんて 言われないだろうか・・


無性に 不安になって来た


でも ここで 怯むわけにはいかないんだ


大人への 第1歩


好きになった人が 男だったというだけだ


女のコとの経験もない僕は 比べることができない


身体の構造が違うのだから SEXの仕方だって違って当たり前


ユノヒョンを信じて 身を任せるしかない・・・


そう思うことにした





鏡に映る僕は 細いせいか 


ユノヒョンに比べて 幼く見える


そして 少し頼りない感じがする


ユノヒョンに 追いつき並ぶために


大事なこと・・・


頑張らなくちゃ!


僕は ふーっと 大きく息を吐いた


どうしても 上手く行かなかったら・・・


嫌がられたら・・・


その時は その時だ!


ネットで 調べて来た基礎知識を頭に入れてきた


一度ダメでも 何回か試して入るようになる場合もあるって


書いてあったんだから・・・





耳の中まで 念入りに洗い 身体を拭いて


持ってきた 新しいTシャツとパンツを身に着ける


部屋着の短パンも 持参してきた





「お待たせしました・・・」


ユノヒョンは リビングのソファーに座って TVを見ていた


奥様向けのテレビショッピングなんて 絶対にユノヒョンが見るはずない


ユノヒョンも 緊張してるのかな・・・?


今は 少しでも音が出ていることが 有り難かった


つばを飲み込む音すら


いつもより 大きく響きそうだから





『ああ 冷蔵庫に水が入ってるから
そこのコップで 勝手に飲んでいいから』


「はい・・・」


ユノヒョンが シャワーを浴びている間


お水を2杯飲んで ソファーに座った





『チャンミナ 行こう』


あっと言う間に シャワーを終えたユノヒョンが


僕を呼ぶ


立ち上がった僕の手を取り 


『行くよ?』


無言で 頷いた僕の目に映ったユノヒョンは


笑ってなくて


その黒い瞳には 欲の色が はっきりと見て取れた





階段を上る時の わずかに木が軋む音すら


妙に 響き渡るようで


外から聞こえる 粗大ゴミの回収車の大きなマイク音さえ


心臓が跳ねる音に かき消されてしまいそう・・・





部屋に入るなり


『チャンミナ・・・』


手を引き寄せられ ドアを閉められる


そのまま ベッドの脇まで 引っぱられ


一瞬 目と目が合った


言葉を発せずとも


自然に 近づく顔


ユノヒョンの手が 僕の頭と首を抑え


僕の手は ユノヒョンの腰に回る


自然に始まるキス


僕の胸の鼓動 聞こえる?


ユノヒョンに触れるだけで こんなにもドキドキして


心臓が 跳ねるんだよ・・・





僕たちは 夢中でキスをし続け


舌で 遊び合い


お互いの口内を 犯し続けた


キスの合間に 服を脱ぎ


下着だけになって・・・


お互いの昂ぶりが 嫌と言うほど


下腹部を 刺激する


それでも 強く押し付け続けながら


まだ キスを止めない・・・





僕は 両手をユノヒョンの首に回し


もっともっとと 引き寄せながら


ユノヒョンの舌を 追いかけた


2人きりの部屋の中に 


湿ったキスの音だけが 存在し


これから始まる 秘密の時間の幕開けを


知らせているようだった





初々しい2人
若い2人 ①_convert_20160312163122



東方神起完全体まで

あと 524日!


ポチお願いします



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_03_12

Comments

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016-03-12 19:16  

Re: ふたりに 

鍵コメ Yさん
コメントありがとう~v-344

お気遣いもありがとうございます♪

チャンミンの初々しさv-345
何なんでしょうね あの可愛さはv-346

勿論ユノも 今よりもぐっと幼い感じが
溜まらないんですが
2人並ぶと やはり
ユノがお兄さんに見えますねv-346

上手く行きますようにv-319

Mink
Mink  URL   2016-03-13 00:25  

秘密 

minkさん、こんばんは。

2人とももう頭の中は繋がることで一杯一杯。
そして、ちょっとの刺激で爆発してしまいそう。

ゆっくり、丁寧に、そう思いながらも焦ってしまう?
なんだか私までドキドキしてきました。
ついに秘密のどあを開けるのね〜。
素敵な時間になりますように。
cherry  URL   2016-03-14 00:46  

Re: 秘密 

cherryさん
コメントありがとうv-345

そういうことで頭がいっぱいの時期v-408

2人の未来のために
必要なステップですものねv-308

素敵な時間になってほしいと思ってます

あら?他人事?!

いえいえ きっと大丈夫!

Mink
Mink  URL   2016-03-14 12:13  

 管理者にだけ表示を許可する

07  « 2020_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top