FC2ブログ


背徳の日々 34


「ユノ・・・」


僕の中で 果てたユノは


少しの間 そのまま 


目を閉じたまま


ユノ自身の熱が 治まるのを 静かに待って


ゆっくりと 僕から 離れていった





そして ベッドに腰かけて


両膝に 肘をついて 俯き


僕に背中を向ける ユノ


「チャンミン ありがとう
今日は シャワー浴びて 帰れ」


「ここに いたら 迷惑?」


「そばに いられると 気が散るから」


「・・・」


「余計なことばかり 考えちゃいそうだから・・・
だから 今日は 帰って?
もうすぐ ドラマも終わるから」


僕は ゆっくりと起き上り


その広い背中に 頬を寄せた


いつの間にか


大人になった 僕たちは


身体だけではなく


心も 複雑に絡み合って


もう お互いが存在しない人生とか


想像もできない世界にまで


来ていることを


多分 


知っている・・・


そう


ユノも・・・


僕も・・・





この愛しい背中


大好きだ


頬を つけたまま 


右手で ユノの肩をなでる


腕も そして 


背中も・・・





「わかった 
今日は帰る・・・」


シャワールームに入ると


僕の中から ユノの熱が


太ももの内側を伝って


降りてきていた


熱いシャワーが


心地良かった


~ C ~

随分長いこと シテなかったんですよね

可哀相に・・・





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト




2014_11_09

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

08  « 2020_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top