FC2ブログ


俺はさすらいのカメラマン ~ London.7 ~


ロンドン ⑭_convert_20160317120450


* このお話は ホミンホです!

初めてお読みなる方は トップ固定の記事をお読みくださいね♪

私の書くお話には ホミン ミンホ ホミンホ があります!





「僕に させて・・・
ユノが 無理なら 
僕が ユノを 
気持ち良くしてあげるから・・・」


『チャンミン・・・』


「いいでしょう? 
一度だけ 抱かせて・・・」


ゆっくりと 起き上がった ”チャンミン” が


俺をベッドに横たえる


「ユノの身体 綺麗だね・・・」


何故か 悲しそうに笑って


男にしては 比較的ボリュームのある俺の胸の膨らみを


手で 優しく 揉み始めた


『うっ・・・』


何かに 憑りつかれたように


俺の身体のあちこちに触れる


”チャンミン” の手は 魔法のように気持ち良かった


夜の部屋


狭いシングルベッド


薄茶色のルームランプ


そして 俺に触れる 怪しい指先


ここは何処なのか?


今 誰と何をしているのか?


わからなくなってしまうくらい


その指の動きは 官能的で


ついさっき感じた ”チャンミン” が チャンミンでないこと・・・など


どうでもいいような気にさせた





俺は 動けなかった・・・


エッチだと 思って見ていた ”チャンミン” の唇が


俺の赤い乳首に 触れる


『あっ・・・』


「ユノ 可愛いね・・・
僕が もっと良くしてあげるからね
ユノのココ とても魅力的・・・」


瞬時に 固く勃った俺の赤い乳首を


器用な舌が 強く吸い上げる


『ああっ・・・あっ・・・』


つつかれて 


舐められて


弾かれて 


摘ままれて


また 吸われる


『ああっ・・・やめてくれ・・・チャンミン! ああっ』


俺の声は 全く聞こえていないとでも言うかのように


無視され続け


執拗に その突起を いたぶられた


胸を 大きく揉まれ


両の乳首を 弄ばれ


不覚にも 俺は どうしようもないほどの快感を覚えてしまう・・・





「ユノ・・・もっと感じて・・・
我慢しないで いいから・・・」


時折 チュッと 俺の唇に軽いキスを落としては


静かに微笑む ”チャンミン” ・・・


なぁ お前は 誰なんだ・・・?


「お腹 柔らかいね・・・
気持ちいい・・・
こうしていると 安心する」


俺のお腹に 頬を寄せて


俺を 見つめる潤んだ瞳


俺 このまま ”チャンミン” に 抱かれるんだ


こんなに 気持ちがいいなら 


早く抱かれたいとすら 思う・・・


旅先のアバンチュール・・・だ


ロンドン ②


鍛え上げられた美しい肉体が


汗ばんで 光る


『チャンミン・・・ああ たまんない・・・』


「凄いね こんなに大きくなってる・・・
もう びしょびしょだし・・・」


怪しい指先が 俺のモノに触れる


萎えて小さくなっていたはずのモノが


今は痛いくらいに 張りつめているんだ


「こんなに 濡れていたら これだけで大丈夫そう・・・」


俺から出たと思われるモノで 擦る度に鳴る卑猥な音


『あっ・・・』


俺としたことが ”チャンミン” に されるがまま


もう どうにでもしてくれ





「こんなになって 苦しいよね・・・
もう少し待ってて」


次の瞬間 じゅるっと 大きな音を立てて


”チャンミン” が 俺の先に唇をつけて 吸い上げた


『あああっ! うっ・・・あっ』


「凄いよ ユノ・・・
まだまだ 出てくる」


何度か 吸われたかと思うと


次には 咥えられて


新しい刺激を 与えられた


あの口が 俺のモノを 咥えているのかと思うと


それだけで ゾクゾクと 震え


全身の身の毛がよだつほどの悦びが 俺を襲う


チュッパチュッパと 音を響かせ


”チャンミン” が 俺を感じさせる


何なんだ?


俺は どうなる?


お前は 一体・・・?


早く 早く してくれ・・・


もう俺は 我慢できそうにない


『チャンミン もうっ・・・あっ・・・早く・・・』


「ユノ・・・わかった
ユノの頼みなら・・・そろそろ 挿れるね・・・」


ぬるぬるの手を 俺の後ろに回し


ゆっくりと押しながら あの怪しい指が 侵入してきた


俺は 確実に ”チャンミン” を 欲していた


簡単に咥えこんだ俺の秘孔の中で


長い指が 動く


かなり大きくくちゃくちゃに動かされ


「ユノ・・・僕ももう 我慢の限界・・・」


”チャンミン” が 俺に入ってくる


一度しか 経験がないというのに


痛みを伴いながらも 受け入れてしまった


「はっ・・・んん・・・あっん」


『はぁん・・・ああ チャンミン・・・』


”チャンミン” が 体勢を整えて


俺の腰を掴む


腰を 動かし始めた ”チャンミン” に


答えるように 俺も腰を振る


イキたくて イッテほしくて


夢中で 動かし合う


一緒に・・・


しばらくの動きの後


何かが 弾けたように


俺たちは 一緒に 欲望を吐き出した・・・





     

いつも拍手やポチをありがとうございます♪

とても励みに なっています

今日は チャンミンの姿が 見られました

元気で 頑張っている姿を 見られるだけで もう・・・

涙腺が緩みます

コチラは ポスター!
一人カッコイイ シウォンも凛々しいけど ドンへ目立たない
160328 2

相変らず 美しいです  
160328 1

逢いたくなっちゃいますね・・・


あああああ~!!!
160329 8

160329 6

160329 4

警察病院の慰問ですか? ハハハソング歌ってました♪


160329 7

チャンミン!!!
どうしてくれよう?!



東方神起完全体まで

あと507日!



ポチお願いします♪



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_03_29

Comments

エロいけど、、 

Minkさん、こんばんは。

旅先のアバンチュール?それでも仕方ないよね。
あんなにエロくて、綺麗なチャンミンにあんなことやこんなこと。
考えるだけで、うっとりしてしまいます。

ところで、リアルなチャンミンに今日はたくさん会えました。
元気そうで、楽しそうで、ホントによかった。
相変わらず、可愛くて綺麗で、横顔の写真を見ると必ずしてしまう
まつげcheck!
相変わらず、長くて綺麗。
舌ペロも可愛いヽ(・∀・)ノ

ホントに幸せな一日でした。

cherry  URL   2016-03-29 23:44  

Yes! 

Minkさん あんにょーん

今日は電車の遅延で劇混みだったため
家でじっくり開きました~
はい、正解でしたv-411v-426
こんなエロいチャンミンはひとりで見なくちゃv-415

最近は服務に徹してオーラを消したチャンミンしか
見ていなかったから、久しぶりのステージ上の
笑顔にホッとしましたね。
ペロッチャンミンは地球いち可愛い(^-^)v
ありがとうございます♪♪
ジス  URL   2016-03-29 23:52  

Re: エロいけど、、 

cherryさん
コメントありがとうv-237

思いのほか たくさんの
リアルチャンミンのサジンや動画が
上がっていて
嬉しくなりましたね~v-308

チャンミン 
任務を全うしてるね

お話は 妄想なので
アバンチュールもありかと・・・
叱られない程度にしますv-408

チャンミンのエロさはね~
ピカ一ですもんねv-344

Mink
Mink  URL   2016-03-30 07:54  

Re: Yes! 

ジスさん
コメントありがとうv-237

家でゆっくり開く・・・はい!正解!
鍵もかけずに ごめんなさいね~v-408

含むに徹するチャンミンを見てると
何とも言えない気持ちになるけど
歌を歌ったり 少しお茶目な一面を見せてくれると
嬉しくなる~v-415

これでまた頑張れそうです!
舌ペロv-397

Mink
Mink  URL   2016-03-30 07:58  

 管理者にだけ表示を許可する

07  « 2020_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top