FC2ブログ


Lunch Time Dreamer 49


LTD+4_convert_20160403014155.jpg


ベッドを買ってから 1週間後


めでたく 憧れのユンホさん♡ との同棲生活が始まった


もともと 嬉しさの方が大きくて


何も心配なんてしていなかったし


ユンホさん♡ に家事はこれっぽっちも期待をしていなかったので


僕の思った通りの 


ルンルンな毎日が始まった





変わったことと言えば・・・


朝 起きたときに 隣りにユンホさん♡ がいること


朝ごはんも 晩御飯も 一緒にたべられること


仕事や飲み会などで どちらかが遅く帰っても


寝る前には 必ず触れあえること・・・


これが 何よりも 嬉しかった





洗濯ものの量は増えたけど


料理は 仕事柄 全く苦にならないし


掃除も今までと変わらない


週末に 一緒に買い物に出かけたり


家で ゴロゴロしながら映画を観たり


夜は 決して広くはないベランダで


僕の趣味で置いてある椅子とテーブルのセットで


見えない星を探しながら


沢山 話をしたりした





知りたいことだらけで


毎日が 新鮮過ぎて 苦しいくらい幸せ♡


『こんなに毎日が楽しいなら
もっと早く 気持ちを伝えれれば良かったな・・・』


「僕も・・・まさか ユンホさん♡ と
こんな風に過ごせる日が来るなんて
夢にも思わなかったです
ユンホさん♡ には絶対に彼女がいると思ってたから・・・」


『俺だって チャンミン♡ には 
可愛い彼女がいると 信じて疑わなかったよ』


缶ビールに 僕の用意した簡単なおつまみで


夜風に当たる 午後11時・・・


「僕は 彼女いない歴3年くらいになるかな?
”BANBI”の準備を始めてからは それどころじゃなかったし・・・」


『ふ~ん やっぱりいたんだ?』


「そりゃあ いましたよ 
ユンホさん♡ だってそうでしょ?」


『まぁな・・・あんま 覚えてないけど』


「僕もです
普通に楽しかったし こんなものかと思っていたんですけど
ユンホさん♡ に一目惚れしてからは
世界が 変わりました♪」


『俺も♪
毎日 会社に行くのが楽しみでさ
でも なかなか チャンミン♡ に近づく勇気なくて・・・』


「僕たち 同じですね」


『だな・・・』


「気持ちを伝えて 気持ち悪がられるくらいなら
このまま 見ているだけのほうがいいのかも・・・
なんて ぐるぐる考えてました
でも ランチBOXを買いに来てくれた日は
嬉しくて嬉しくて♪
よくミノに呆れられましたよ
今となっては 嘘みたいですけどね」


『チャンミン♡ 』


「はい?」


その後の言葉が続かないユンホさん♡


ゆっくり 隣を見ると


夜空を見上げて 少し笑っているみたい


『俺 今 スゲー幸せ!』


「僕もです・・・」


改めて言われて


少し 恥ずかしくなった


ああ ドキドキしてきた


好きって こういうことなんだ


ユンホさん♡ の幸せそうな顔


今の表情を 僕はずっと覚えておくよ


目の奥が ツンとして


慌てて 目を伏せて 幸せを噛み締めた





『あ どうしよう
チャンミン♡ 
キス したくなってきた』


「えっ・・・ここ 外・・・」


次の瞬間


綺麗なユンホさん♡ の顔が 


僕に近づいて


チュッと 僕の唇を 吸い取った


驚いて目を見開く僕の目には


優しく細められる 


綺麗なアーモンドアイが映った


「もうっ! 見られたらどうするんですか?」


『見てるのは 月だけだろ?』


わ・・・


そんなセリフで 口説かれたら・・・


僕は こそばゆいような


嬉しいような


何とも言えない温かい感情が 溢れてきて


また 泣きたくなった





『冷えてきたな
そろそろ寝るか?』


「そうですね
一緒に寝ましょう」





さっと片付けを済ませ


真新しいベッドに入る


夜風で少しだけ冷たくなった身体を


抱き合って温めあった


『チャンミン♡ の肌
気持ちいい・・・』


「ユンホさん♡
いい匂い・・・んん・・・」


目の前にある赤い唇や鎖骨に唇をつけながら


ユンホさん♡ からもキスを受ける


目と目でする会話


少し冷たい髪も 長い睫毛も


シュッとした顎のラインも


唇の上のセクシーな黒子も


細い鼻筋も


全てが愛おしい


ユンホさん♡ も 慈しむような視線を僕に向け


髪や頬を 優しく撫でてくれた





あまりに嬉しすぎたのか


酔いが回ったのか


その晩は 身体を繋げることなく


キスをしながら


僕たちは 揃って眠りに落ちた


月明かりで 少し明るい夜だった





     

こんな幸せな2人

想像するだけで お腹いっぱいです!

さて めでたく同棲がスタートした

Lunch Time Dreamer ですが

明日が 多分最終話です←まだ書いてない(^_^;)

ユノもチャンミンも

それぞれのオツトメ 頑張っているようですね♪




東方神起完全体まで

あと 447日!



ポチ お願いします♪



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_05_28

Comments

ラブラブ 

Minkさん  あんにょーん

ふたりのラブラブには、どこまでイッテも
キリがないですねー(〃▽〃)
でもずっと見ていたいしもっと知りたーい♪
ほんとにたのっしいいい+( 人*´∀`)

ラジオって、うっかり本音が出ちゃうんでしょうか?
仲間のラジオだからかしら(´▽`)
「一緒に寝てるか?」でしたっけ?
「くろっちょ」って言っちゃったやつ(((*≧艸≦)
どんどん出しちゃうの、希望ですよね!

ジス  URL   2016-05-28 23:45  

最終回??? 

minkさん!!
えーーー明日から最終回なんですか????
毎日、二人のホットなラブラブな同棲生活を噛みしめるように 妄想して拝見してます。
毎日の楽しみです!!
えーーー明日からの楽しみが(・_・;
かなりショックです。でも二人はラブラブですよね。
毎日の更新 minkさん!ありがとうございます。

minkさんのブログ 本当に楽しみにしてます!
まんどぅ  URL   2016-05-28 23:49  

Re: ラブラブ 

ジスさん
コメント(人''▽`)ありがとう☆

死ぬまで見ていたいv-343
2人のラブラブイチャイチャv-345

ラジオでは よく漏らしますよね~
ジスさんのおっしゃる
”一緒に寝てるか?”もそうでしたし
”今 エレベーターの中”とか
”シャワー浴びたとこ”でしたっけ?
”散歩”でしたっけ?なんか
スジュのメンバーからのフリには
思わず 漏れちゃうことが多いですよねv-345

隣りにユノヒョンがいた疑惑v-319
間違いないですね!!!

Mink
Mink  URL   2016-05-29 07:43  

Re: 最終回??? 

まんどぅさん
コメント(人''▽`)ありがとう☆

えへへ
そろそろ終わりなんですよ~v-413
というのも 元々
このお話は 超明るい短編にするつもりだったので♪

2人のラブラブ同棲生活は
このまま続くということでv-308
また 違うお話を書きたいと思ってマス!
よろしく~v-344

Mink
Mink  URL   2016-05-29 07:48  

ずっとラブラブ 

Minkさん、こんばんは。

いいですねぇ、こうゆうラブラブオンリーのお話。。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。
リアルがちょろっともらす程度なのに対し、ここでは公開ラブラブ甘甘
ヽ(´▽`)/もう、最高です!!
欲を言えば、もう少しこの状況を見ておきたかったような。

cherry  URL   2016-05-30 00:17  

Re: ずっとラブラブ 

cherryさん
コメント(人''▽`)ありがとう☆

公開ラブラブv-345
いつでもWELCOMEなんですけどねぇ~v-408
頭の中では いつでもラブラブな2人
喜んでいただけて満足ですv-311

次は cherryさん好みのお話ではないかも・・・

Mink
Mink  URL   2016-05-30 11:05  

 管理者にだけ表示を許可する

11  « 2019_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top