FC2ブログ


俺はさすらいのカメラマン ~ Germany 11 ~


繝峨う繝・€€繧ソ繧、繝医Ν逕サ縲€竭。_convert_20160609140144





チャンミンの住む屋敷に招かれた翌日 


ヨハンさんの計らいで


俺とチャンミンは 一緒に


念願のノイシュバンシュタイン城に 行けることになった


お天気にも恵まれ 観光には丁度いい天候





俺は カメラの準備を万端にして


出かける準備をしながら


ベーカーさん夫妻に 事情を説明した


チャンミン一家のことは 知っていたみたいだけど


両親が亡くなった後


チャンミン一人になってからは 


”誰が住んでいるのかもわからない・・・” と・・・


あの一家の息子が 声を失ったまま 


まだ一人で あの屋敷の中で暮らしていることを知って 心底驚いたようだった


”シムさんは優しい方で 奥様自慢のお庭には
何度か お邪魔したことがあったのよ・・・”


ベーカーさんの奥さんは そんなことを言って


懐かしむように 遠くを見た


”あの背の高いハンサムな息子さんが そんな・・・” 


チャンミンのことを とても不憫に思ったようで


今度 尋ねてみるつもりだと言った








ヨハンさんは 


俺がお世話になっているベーカー夫妻の家から


さほど遠くない 大きな木を目印に上げ


そこまで 車で迎えに来てくれた


昨日は 『明日も遊びに来ていいか』 と聞いた俺に対して


想像以上に 好意的に受け止めてくれたのだ


正直なところ


断られるはずはないと 高を括ってはいたが


いざ確認するときは さすがに緊張した


だって 出会ったばかりの旅行者だもんな・・・








車の窓から 顔を見せたチャンミンは 


俺を見ると 愛おしそうな目で 微笑んだ


俺の 都合のいい思い過ごしかもしれなくても


その笑顔は 胸の中いっぱいに


幸せをくれるには 十分だった・・・


なんて 優しくホッとするような笑顔をするんだ?!


その笑顔が 目の前にあるだけで


他には 何もいらないとさえ思ってしまいそうになるから 


チャンミンは 不思議な男だ・・・


旅先で 出会っただけの関係なのに・・・





車の後部座席で チャンミンの隣りに腰を下ろした俺は


ヨハンさんにお礼を言い


今日は とても楽しみにしていたのだと 伝えた


何て言ったって この城を見ることが目的で


ドイツまで はるばるやって来たのだから・・・





”チャンミンお坊ちゃまは 昨日からとても顔色もご機嫌も良くて
終始 楽しそうにしておられました
チョンさんのおかげです”


「・・・!!!」


そんな風に言われて チャンミンは


物凄く恥ずかしそうに焦った様子で ヨハンさんに怒った


声が出ないのだから うるさくはないけれど 


目と表情で 怒りを露わにし


運転するヨハンさんの肩を バンバン叩きながら・・・


『チャンミン 怒るなよ
俺 嬉しいよ
チャンミンにも ヨハンさんにも 
迷惑だと思われていなければ
それだけで 嬉しい』


「・・・」


”そんな・・・
チョンさん 迷惑だなんてこと
全くないですよ”


まだ 口を尖らせて 拗ねているチャンミン


ころころ変わる表情は 本当に可愛い


俺の視線に気づいたのか


目が合うと 急に熱を帯びた視線に変わった


ヨハンさんからは 見えないように


チャンミンの手を そっと握り


俺の太ももの上に持ってきた


最初こそ 少し震えたものの


お城に着く頃には 安心したような表情になっていた





NeuschwansteinCastle-1000x729_convert_20160618145955.jpg





お城の入口までは 馬車に揺られて行くことが


観光客の定番だと 聞いていた


是非 チャンミンと馬車に乗りたい


シンデレラのような 優雅なものではないけれど


馬がのんびり引いて行く オープンエアの馬車は


お城までの坂道を ゆっくりと風情たっぷりに進んで行った


ヨハンさんは 車で待っているといい


何かあったら 電話をくれと


俺に 自分の携帯の番号を教えてくれた


子供じゃあるまいし 何かって何だよ・・・?と思ったものの


素直に受け取り


チャンミンとずっと手を繋いで お城を廻った





俺は 憧れのお城の歴史に思い馳せ


夢中でシャッターを切った


お城の豪華絢爛さもさることながら


中世ヨーロッパの貴族的な雰囲気に 


チャンミンが 恐ろしく似合っていることに


驚きを隠せなかった





繝峨う繝・造_convert_20160608164939





静かに内部を見学するチャンミンは


やはり 美しすぎたから・・・





東方神起完全体まで

あと 426日!






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_06_18

Comments

プリンス 

Minkさん あんにょん!

チャンミンは王子。
プリンスだからお城にピッタリですねー!
しかも普通のプリンスより儚く綺麗だから
ただの王子じゃない。
「チャンミンは王子」と断定できるこの溺愛っぷり。
私は最近、こんな自分が好きなんです( ´艸`)

楽しくて仕方ないって、そうそうないですよねぇ。
この時間のために、色々頑張れますからv-411

今日は、早く2人のアイコンタクトを見たいって、
ずっと妄想してました。
撮影で見つめ合うんじゃなく、2011年の再活動の時のような
「やってやろう」「うん!」のヤツ。
もしかしたら来年の復活で見られるかなぁって思ったら
楽しみすぎて、グフグフしてました(#^_^#)
ジス  URL   2016-06-18 23:32  

Re: プリンス 

ジスさん
コメントありがとう~v-344

昨夜はコメ返途中に寝落ちしてしまいましたv-356
ごめんなさ~いv-393

平謝りv-399
朝起きたら スマホを開いたままで・・・ぎゃっ!

ジスさんも
色々なホミンを堪能してますねぇ~
アイコンタクトv-343
良いですよね~v-345
2人だけの世界ですものねv-319

Mink
Mink  URL   2016-06-19 09:38  

ため息しかでない 

Minkさん、こんばんは。

美しいお城に、美しいチャンミンヽ(´▽`)/もう、ため息しか出ません。
そして素敵なユノ。
二人が見つめ合えば、もうそこには俗世間から離れた夢のような世界。
二人が((((*^}{^*))))kissをすれば、そこから蝶が羽ばたいていくよう。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。
なんだか、おかしな人になってしまった?なんて思わないでね。
だって、あまりにも現実離れしている美しさを想像してしまって。
私の視線、宙を浮いています。
cherry  URL   2016-06-20 23:11  

Re: ため息しかでない 

cherryさん
コメントありがとうv-344

美しいお城と美しいチャンミンv-345
そして 凛々しくこれまた美しいユノv-345

俗世間から 離れたイメージが
こんなにピッタリくる2人もいないですよね~v-343

2人がいないのに 最近Twitterでも
今までの2人の沢山の写真を見かけます
ああ 本当に俗世間から離してしまいたいですv-319

Mink
Mink  URL   2016-06-21 00:41  

 管理者にだけ表示を許可する

08  « 2020_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top