FC2ブログ


背徳の日々 40


ソファーに顔を埋めたまま


どのくらい時間が 経ったんだろう・・・?


「チャンミン! チャンミン!」


遠くで 僕を呼ぶ声


僕が よく知ってる声


ああ・・・ユノの声だ


大好きな 声だ


ユノ・・・どこにいるの?


僕は ここにいるよ


早く 探して・・・?


僕を 見つけて・・・?


朦朧とする意識の中で


遠くに ユノの声を聞いた


確かに 聞いた


「チャンミナ! どうした?
凄い汗だぞ!」


あれ・・・?


ユノ・・・


僕のことを 心配してくれてるの?


もしかして


近くまで 来てるの・・・?


早く 見つけてよ


もう少しでしょ?


ほら・・・


ここだよ


だんだん 大きく聞こえるユノの声


それでも 僕はまだ


虚ろだった


「チャンミナ!しっかりしろ!」


身体が 揺れて・・・


頬を叩かれる


ん?


うっすらと


目を開けると・・・


そこには


誰よりも 愛しい人がいた


「ユ・・・ノ・・・?」


「やっと 目が開いたな!
大丈夫か? どうした?」


「あ・・・ユノ・・・」


僕は 我に返って


ユノに しがみついた


無言で・・・


きつくきつく しがみついた


「チャンミナ・・・?」


「ユノ! ユノ!」


ただただ きつく抱きつけば


ユノも 何かを察したように


何も言わずに 僕を抱きしめた


ギューっと 抱きしめてくれた


暫く 2人とも 動かなかった


~ C ~

ユノ びっくりしたよね・・・






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト




2014_11_15

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

08  « 2020_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top