FC2ブログ


WHITE HEAVEN ☆ 魅惑のマッサージ 50回目


White heaven 2


「ユンホさん・・・」


膝をついた僕の前で ユンホさんが徐に立ち上がる


射貫くような強い視線は 僕の目を捉えたまま・・・


僕は ユンホさんの突き刺さるような視線から目が離せずに


瞬きもせず 見つめていた





足を開いて 僕の前に立ったユンホさん


目の前に 彼の下着があるというのに


僕は ユンホさんと目を合わせたまま・・・




琥珀色のルームライトが ユンホさんの左頬を照らし


ゆっくりと下着を下ろす姿が 更に妖艶に映った


見上げたままの僕に ニヒルな笑いを受かべ 僕の頭に手を添えた


生まれたままの姿で まっすぐに立つユンホさんは美しく男らしい身体・・・


固くて うすっぺらい僕の身体とは違い 


彼の身体は 厚みがあって しっかりとした 筋肉がついていた


下から見上げるユンホさんは とてもセクシーで


赤い唇が光って 僕を誘っている・・・


遠いよ・・・


このままじゃ 届かない


男性にしては ふくらみのある白い胸には 唇と同じくらい赤い粒が2つ


それを取り囲む輪も 僕に比べるとかなり大きい


キスしたい・・・


唇にも 赤い尖りにも・・・





「ユンホさん・・・キスしたい・・・」


立ち上がろうとした僕の肩を押さえ 


『先にここにキスして』


ユンホさんが 自分のモノを右手に持ち僕の顔の真ん前で揺らした


膝立ちで ずっと見上げていたから 少し首が痛いなと思いながら


真正面を向くと 僕の目の前には ユンホさんが・・・


存在感のある馬のような筋肉質の太ももの間で 怪しく先端を光らすソレ


思わず ゴクッと 唾を飲んだ


あ・・・凄い・・・


これが 僕の中に 入ってたの?


今更ながら 普段閉じたままの場所が 欲情しほぐされると


あり得ない事態になるんだと 改めて知る





戸惑っていると 


『チャンミンのキス ココにちょうだい・・・』


頭の上から 声は優しいのに 淫靡な言葉が降って来た


「・・・」


『俺を 気持ちよくしてくれるよね?
俺にもして? 後でご褒美あげるから・・・』


「ご褒美?」


『そう ご褒美・・・』


何を言っているのか・・・・?!


「ユンホさん・・・僕にとっては ユンホさん自体が人生のご褒美だよ」


『チャンミン・・・』


目の前のコレだって 僕にとっては ちゃんとしたご褒美


毎日仕事を頑張って 誠実に生きてきた最大級のご褒美


上に向かって 大きくカタチを変え 先から流れ落ちる蜜が 僕を誘う・・・





時計の針が 時を刻む音だけが 微かに聞こえる秘密の部屋で


僕は 大きな誘惑にそっと 唇を寄せた


手は使わずに 先の割れ目から 溢れる蜜に唇をつけ ちゅっと吸った


『ああっ!』


ペロッ!


舌を思い切りのばして ユンホさんから見えるように 先の密を掬い取る


ペロッ!


何度も 何度も 舐め上げるのは 先端だけ


ペロッ!


『あっ! ・・・はぁっ・・・早く チャンミン・・・』


「早く? 何ですか?」


『早くっ・・・舐めるだけじゃなくて・・・』


「舐めるだけじゃなくて?」


『早く 咥えて!・・・ 根元も 扱いて』


さすが ユンホさんは 恥ずかしがらずにはっきりと言う


もっと焦らそうと 悪巧みが脳を掠めたのは ほんの一瞬で


切羽詰まったユンホさんを目の当たりにしたら そんなこと できやしない


我慢できそうにないのか 自分で握ろうとするその手を 


優しく払いのけた


「僕がする・・・」


『早くっ!』


ユンホさんの掠れた声が聞こえて 僕にもスイッチが入った


ヒクヒクと動き ダラダラと止まらぬ蜜を流すモノを 一瞬眺め


僕は 大きな口を開け パクリとユンホさんを咥えた


手は根元を扱きながら 舌をできるだけ動かして 全体を舐め上げた


ぴちゃぴちゃ・・・と 濡れた音


口から溢れそうになる度に ずずずっと吸い飲み込む


「んはっ・・・」


『あ・・・チャンミン・・・気持ちいい・・・
はぁ・・・ああ・・・はっ』


ユンホさんの声が聞こえる度に 僕はもっと気持ちよくしてあげたいと


さらに大きく張り詰めたモノを 夢中で貪った


がっしりとした太ももと プリッと上がったお尻をたまに撫で


一心不乱に頭を振り乱せば


僕が襲われるのは 最大級の欲情・・・





ガクガクと ユンホさんが震え出し 僕の髪をぎゅうっと掴む


痛いよ 痛いよ ユンホさん・・・


でも やめられない!


僕だけに許されたこと・・・


ユンホさんは 僕だけのもの・・・


僕自身も限界が近い


きっと今 フローリングの床は 僕から溢れた蜜で濡れている


片手で自分のモノを扱きながら 更に激しくユンホさんを追い詰めていく


行こう!


ユンホさん 一緒に行こう!


どこまでも 2人で一緒に・・・


「あっ!」


『ああっ!』


短い呻き声の後 2人同時にイッた・・・





バタン!


ユンホさんは 椅子に倒れこみ


僕は 床に へたり込んだ


僕でイッてくれて 嬉しいよ


ありがとう ユンホさん・・・





     

またまた10日が経ちました

ああ 胸が・・・
350日_convert_20160902100447

MUSICAL 宮(クン) の時のユノ
ユノ230日_convert_20160902100517

雑誌 WITH 創刊35周年だそうですね♪
2人350日_convert_20160902100424



東方神起完全体まで

あと 350日!






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_09_02

Comments

やっぱりねー(≧∇≦*) 

Minkさん あんにょん

ユノ&チャンミンはもはや
別次元だと思いますよ。
ビジュアルが良いふたりのラブラブv-344
誰にも邪魔できないし、
誰にもマネ出来ないですよね!
特別な世界だからねェv-10

ふたりのこと考えてると
ラブラブさせたくなるんです。
イチャイチャさせたくなるんです!
だって、イチャイチャしてるチャンミンが
とっても幸せそうだから。
隠してるんですよ、本人は。
でも、漏れちゃうほどの幸せ←

くぅー( ´∀`)
そんなチャンミンを想像したら
もう止まりません(≧∇≦)b
ジス  URL   2016-09-02 22:47  

Re: やっぱりねー(≧∇≦*) 

ジスさん
コメント(人''▽`)ありがとう☆

そうなんですよね~
漏れちゃうんですよねv-397
すぐにデュフデュフしちゃうからなぁ~

チャンミンは恥ずかしそうに漏らす
ユノはどうどうと漏らす

やっぱりこの2人の実写版!
”私たち結婚しました”やってもらいたいわv-308
禁断の世界を覗き見・・・

いやぁ 流石にマズいか・・・?!
当てられっぱなしで 
見た方が恥ずかしくなっちゃいますねv-319

頭のなかでは 四六時中
イチャイチャしっ放しですv-308

Mink
Mink  URL   2016-09-02 23:49  

濃密ヽ(*´∀`)ノ 

Minkさん、こんにちは。

ふたりの濃密な愛の描写、((o(б_б;)o))ドキドキとまりません。
そして、どうしてよいのかわからないほど最近頭の中が
えらいことになっております。。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

この前のカフェでのふたりの表情が、ずっとずっと頭の中に
残っていてとても幸せヾ(❀╹◡╹)ノ゙❀~~~
デュフっているチャンミンと、そのチャンミンを蕩けそうな程
優しい目で見つめるユノ( ´ ▽ ` )ノ
やっぱり、彼らって特別な2人ヽ(*´∀`)ノなのよね。
一度でいいから、2人っきりの時のそうゆう表情、見たい。
その場で即死しても思い残すことないかも\(//∇//)\

cherry  URL   2016-09-03 11:11  

Re: 濃密ヽ(*´∀`)ノ 

cherryさん
コメントありがとう\(^o^)/

あの一瞬の再会がね…
こんなにも私たちを潤してくれるなんて!
ホミンの愛の力❤️って本当に凄いわ‼️

毎日そんな2人に幸せをもらい
妄想が止まりません(O_O)

あの再会が
マッサージ連載中で良かった(≧∇≦)
ちょっと暴走しても許されるかしら\(//∇//)\

Mink
Mink  URL   2016-09-04 09:01  

 管理者にだけ表示を許可する

12  « 2020_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top