FC2ブログ


WHITE HEAVEN ☆ 魅惑のマッサージ 80回目


White heaven 2


さんざん 揺さぶられて


足は ガクガクで・・・


イッた後 ソファーに倒れこんだ僕を


ユンホさんは 優しく抱きかかえてバスルームへ 連れて行ってくれた


椅子に座らされて 身体中を綺麗に洗ってくれて


なんだか 僕は ユンホさんにしてもらってばかりだ・・・





『チャンミン 辛くないか・・・?』


「大丈夫です・・・まだ 夢の中にいるみたい・・・」





シャワーを浴びて バスタオルで 乱雑に拭かれ


また 抱きかかえられて 例の部屋・・・


ベッドに横たわった僕に ブランケットを腰までかけて


隣に入り込み 僕の顔を覗き込む優しい人





初めは マッサージ師を探していたマネージャーが


偶然見つけてきた 【いちご倶楽部】・・・


恐る恐るしてもらったマッサージも 


今 思えば 実は最初から 変だったな・・・


こんな 出会いが待っているなんて 夢にも思わなかった


いきなり 僕をイカせたマッサージ師さんを 好きになるなんて


人間の感情って 不思議なもの・・・


でも 今 とっても満たされてる・・・





「ユンホさん・・・いちご倶楽部は 本当は性感マッサージのお店にするつもりだったんですか?」


『えっ?何だよ?突然・・・
そんなわけないだろ?
チャンミンに近づきたい一心で始めたって言わなかったっけ?』


「聞きましたけど・・・思い起こせば 最初から裸にされてたし
初対面の人に あんなことされて 僕 イッちゃったし・・・
なんか オイルに薬でも入ってたんじゃないかって
今も 思ってるんです・・・」


『ひでーなぁ~ 信じてくれないの?』


「だって ユンホさん・・・」


間近で見るアーモンドアイは なんて優し気なんだろう


僕を包み込む微笑みと 大きな手の平・・・


僕の頬や髪を ずっと撫で続けて


一時も目を逸らさないから 僕はまた ドキドキする・・・


『俺 そんなに信用ないなんて ショックだな・・・』


「うま過ぎて・・・」


小さな声で 言ってみると


『何? 聞こえない』


「ユンホさん・・・色々上手だから・・・」


途端に パァーッと花開いたような笑顔


『それって 俺のテクニックにメロメロってことじゃん!』


あ・・・そういうことか・・・


恥ずかしいこと 口にしちゃったな・・・


仮にもテレビに出ている そこそこ人気のアーティストが


そっちの経験があまりないなんて ちょっと恥ずかしいじゃないか・・・


目をギュッと瞑って ユンホさんの胸に入り込む


『チャンミン・・・そういうとこが 堪らなく可愛いんだよ・・・
チャンミンは 俺が思った通り!
全く汚れていない・・・こんなピュアな大人 いないって!』


「ユンホさんからみたら 子供っぽいでしょう?」


『いや・・・違う・・・子供っぽかったら あんな歌詞 書けないよ・・・
それに こんな姿は 俺にしか見せないよな?』


「まぁ・・・そうですけど・・・」


『俺はね チャンミンが 素直な姿を見せてくれるようになったことが
嬉しくて堪らない』


僕は ユンホさんが 僕のことを好きだと言ってくれて


今もこうして 僕に優しくしてくれて 嬉しくて堪らないよ・・・


『それに それなりに経験は あるだろ?』


「少しだけど・・・」


『ふ~ん・・・俺にはそうは思えないな・・・
だって チャンミン 慣れてると思ったよ・・・
俺 チャンミンの口でされると すぐイッちゃうし
さっきだって いや いつもだけど・・・
乱れ方が エロ過ぎて・・・
腰の使い方とか めちゃくちゃ上手いよ?』


「僕が・・・?」


『うん・・・さっきだって もっと時間をかけて新しいことしようかと思っていたのに
腰を振って強請るから その姿を見ただけで
もう 鼻血が出そうだった・・・』


「そんな! 腰なんて 振ってないし・・・」


『やっぱ あれって無意識なの? ん?』


「・・・」


『天性の床上手だね・・・』


「・・・」


『チャンミンの身体は 俺にとってもとても大切だから 
無理なことはしたくないんだけど
たまに 暴走したくなるよ・・・』


「暴走・・・?」


僕をそっと引き寄せて シーツの中で 抱え込むユンホさん


あなたの鎖骨 綺麗・・・


『めちゃくちゃに 壊したくなる衝動が 毎回湧いてくるんだ・・・
あまりに エロセクシーで・・・
美しく 妖艶でありながら 可愛くて綺麗で
透明感があって 魅惑の天使だよ・・・
俺は 何年も前から ずっと この天使に惑わされっぱなしだったんだから・・・・』


「そんな・・・僕 それじゃあ まるで 女みたい・・・」


『いや 女と一緒にしちゃダメだ!
チャンミンは 立派な男で立派な大人だよ
でも 性別はない!』


「何ですか? それ・・・? 褒められてるのか?
からかわれているのか? ちっともわからない」


『いいよ わからなくて・・・
その自然なところが また いいんだ・・・
俺たち 合うと思わない?
カ・ラ・ダ・・・』


耳元で 熱い息とともに カ・ラ・ダ と囁かれ


僕は どうしようもなく 胸が熱くなった


現に まずいくらい アソコが・・・


『あれっ? 何か 当たるなぁ・・・』


「うっ! ユ・・・ユンホさんだって さっきから!
わかってますから・・・こんなに・・・」


固い塊りが ずっと 僕の下腹部にあたっていた・・・


敢えて 無視していたのに


ユンホさんの言葉で 僕も急に熱を帯びてしまった


離れようとした僕を ユンホさんが ぎゅうっと抱き寄せる


あ・・・


だめ・・・


このままじゃあ・・・





先端からは きっと透明な液体が 顔をのぞかせている


明日も仕事だから ここは お互いぐっと我慢!


何とか関心を ソコから逸らさなければ・・・





「相性がいいのは 身体だけ?」


必殺の上目遣いで ユンホさんをノックアウト!


『わっ・・・やめて・・・そういうことされると
乱暴に 抱いちゃう夢を見ちゃう・・・』


本気で慌てて 顔を赤くしたユンホさんが 


僕の顔を見ないようにしたいのか 更に閉じ込めにかかる


「ユンホさん・・・
本当に真面目な顔してそういうこと
言わないでほしいのは 僕の方だよ」


更に むぎゅうっと


抱きしめられて


「わっ!く 苦しいってば!」


『こうしてないと 手がイタズラしそうだから!』


ねぇ


ユンホさんも 僕のこと


きっと・・・


どうしようもないほど 好きですよね





☆ ☆ ☆ ☆ ☆

あと2話かな・・・?

またまた遅れた話題ですが

いやあ ここ数日のタイムラインは

ユノ祭りでしたねー(≧∇≦)

黒ユノ!カッコ良かったですね!


赤い服よりずっと似合う~

高画質写真もたくさん上がっていて

何より ユノがオツトメ中も 周りの皆に慕われている様子が

手に取るようにわかりました

胴上げされてたし!

日本からも見に行かれた方がた~くさんいらして


一部マナーが問題になっていましたけれど・・・

ユノに注意させちゃあ ダメですよね・・・

さながら スジュやイ・スンギさんとの合同コンサートみたい!

日本語での挨拶とか 

屋内でのステージでは 日本のWITH ツアーの映像を流したり

はっきりと ユノの口からチャンミンの名前が出たり


161003-05_1_convert_20161007170636.jpg

これら全てが特例なんでしょうね

ユノの軍での頑張りや 人となりが認められてのことなのでしょう

仲間だけではなく 軍の上の人たちの心も掴んでいるということですものね

さすが 東方神起のリーダーです!

若いナムジャペンもガッツリ掴んでるから 除隊後のライブは若いナムジャが

今までよりも 増えるかもしれないですねぇ~






東方神起完全体まで

あと 314日!






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_10_08

Comments

すごいです! 

Minkさん あんにょん!

最近賑やかだったから、今日はやけに静かな気がしますね。
でも、ふたりにはお休みの間なら、ゆっくり休んでほしいし(ゝω∂)

一人ずつの活動中でも、お互いの存在を感じさせるデュオなんて
他に居ないですよね!
Minkさんのお話のふたりもそうだけど、
つくづくふたりは出会う運命だったと感じますねー( ´∀`)

明日はとうとうお宝本をがお手元に!v-10
そう言えば、世間が静かですが
皆さんはちゃんと日本語訳ver.待ちでしょうか?
それとも、余りの衝撃にヤラレちゃってますか?←
ジス  URL   2016-10-08 23:29  

Re: すごいです! 

ジスさん
コメントありがとう~!!!

遂に手にされたのですね!
お宝エロ本写真集をv-308

いいですか?
凄いですか?
鼻血ですか?

もう毎日上がるネタバレだけで
はぁはぁしちゃってる私は
心臓が持つか心配ですよ・・・

お話の2人も蕩けてますが
リアルの2人も
タイで蕩けたんでしょうね~v-343

Mink
Mink  URL   2016-10-09 10:47  

 

やっと追いつきましたーb(^o^)d

めくるめくエロな2人に ハアハアしながら、こんなんだったら控え室で絶対合体してるよね󾭛󾭛って呟きながら読み続け(≧∇≦)💜

実際は、どうしても繋がりたくなった時はどうしているのでしょうか...?年がら年中一緒にいたらしょっちゅうお互いそそられてるんじゃないかと思うんですけど...
スタッフはかなり見せつけられているんじゃないかと?
Minkさんどう思います〜?
ルール節度を重んじる2人だからこそ、そのへん気になります( ˘ ³˘)♥

ユノ黒T 姿めっちゃカッコイイーですね〜󾌧
背中も広くて胸の厚みもナムジャで󾌧
お腹もちょっと見ちゃったけど
入隊中なので見なかった事にします󾌱←ユノペンの母は案の定お腹も可愛いと󾌧w 

ユノは天性のリーダーですね✨愛されています💜イ・スンギさんもナイスガイですしきっと良き仲間ですね!

ペンサイトの写真はいつも生々しいほど2人の魅力が伝わって来て芸術的(*´∇`*)
2人揃ったら水と火の対極な魅力✨やっぱり敵なし☆♬♥
待ち遠しいです(♥ω♥)

あと2話エロな2人の行く末楽しみにしていますo(*^▽^*)o💜


tomchang  URL   2016-10-09 12:07  

Re: タイトルなし 

tomhangさん
コメントありがとう!!!

忙しかったんですね!

ゆっくり読んでくれてありがとうv-343
二人のエロが 止まらなくて
どうしようかと・・・v-408

今 離れてるのに
SUMカフェ事件みたいな目撃情報が上がるもんだから
ついつい妄想が暴走してしまいました・・・v-415

お仕事のときの2人って どんな感じなんでしょうね?
写真集の撮影の時とか 
周りにはヨジャスタッフがたくさんいるけれど
皆 気付いているのかな~?

私は ユノがたまにチャンミンに触ったり 
ここで?というところで触ろうとして
”あ マズイ”的な感じで急に所在なさげに手を引っこめたりする時に
ガチを感じますね!

やっぱり2人が落ち着けるのは部屋の中 かな・・・?

Mink
Mink  URL   2016-10-09 16:19  

一度で良いから(#^.^#) 

Minkさん、こんばんは

Minkさんのお話を読み進めていくと、だんだんリアルの二人の生活を見ている様な錯覚に陥ります。
そうすると、一度で良いからリアルのイチャコラを見てみたい!!という衝動にかられます。
テレビなのでみるイチャコラは、いわばおこぼれみたいなもので、触れたくてもふれられない、他に神経をつかってしまって、ついうっかり漏れちゃった!!みたいなものじゃないですか?
私たちにしてみたらそれでも十分興奮するわけですが、やっぱりねえ。
あんな衝撃本を見せられ、Minkさんのお話を読み、腐レンドと語らっていると、どうにもこうにも( ´ ▽ ` )ノ

Minkさんのお話、終わったらどうしよう?Σ(TωT)あ--
cherry  URL   2016-10-10 01:21  

Re: 一度で良いから(#^.^#) 

cherryさん
コメントありがとう!!!

リアルの2人のイチャコラを覗いてみたいv-344
コレ 腐ペン共通の永遠の願いなのでは?
マジで覗きたいですよね~v-345

実際は どんな顔して
どんな風に話してるんだろう?とか
夜は・・・とか 
たくさんの妄想に囲まれて
もうストーカーしちゃいそうですv-408

したくてもやりようがないけれど・・・

腐レンドとの語らい 羨ましいわ~v-343
腐ったお話してたら
一晩なんてあっという間に過ぎちゃいそうv-308

Mink
Mink  URL   2016-10-10 11:37  

 管理者にだけ表示を許可する

09  « 2020_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top