FC2ブログ


黒い瞳が邪魔をする ~ 第三幕 色褪せぬ想い出 3 ~


色あせぬ想い出 ②+使用画像_convert_20160418143420


ユンホside (公開後 少し手直ししました)





『日本食 好き?』


「うん! 大好き!
一度だけ 家族旅行で日本に行ったことがあって
親戚がいるから・・・
何を食べても美味しかった」


『そりゃ 良かった
ここの飯も どれも美味いぞ!』


「うん この生姜焼き 凄く美味しい!
ヒョンは いいお店を見つけたね」


モグモグしながら 嬉しそうに話す姿は


食べちゃいたくなるくらい可愛い!


生姜焼きより チャンミンの方が美味しいとか


耳元で 囁いたら 真っ赤になって怒るかな・・・?





「また ヒョン 1人でニヤニヤしてる」


『悪い・・・チャンミン見てると 楽しくなってさ』


「また よく食うな~!とか 思ってたんでしょう?」


『ん まっそんなとこ』


そういうことにしとこう!





『お家の人には 何て言って来たの?』


休日の定食屋は 平日とは客層が違う


平日は 一人暮らしの若者かサラリーマンなど


男一人で食べにくる人が多いけれど


今日は休みの日とあって 


家族連れや 近隣住民と思われる老夫婦など


いままで見たことがないような 店内の光景だった


首都ソウル市内から少し距離のあるこの街では 日本食を提供するお店は少ない


大学の先輩に教えてもらったこの店は 


日本の家庭料理を出す 気取らない居心地のいい店だった





ガヤガヤと 賑やかな店内なら 


何を話しても 大丈夫な気がして 俺も饒舌になる





「ん? ユノヒョンの新しいお家に遊びに行くって言ってきたよ」


『まんまだな・・・ハハ』


「ん・・・お母さん ユノヒョンなら 安心だって・・・
大学生は勉強大変だし 色々お付き合いもあるだろうから
あまり お邪魔にならないようにね!って 言われた」


以前 チャンミンのお母さんには 一度だけ会ったことがあった


挨拶をしただけだけど 


チャンミンに似た瞳の 優しそうで綺麗な人だった


DNA だな・・・





『お代わり もらうか?』


「いいの?」


気づけば ご飯茶碗は空になっていた


『ああ ここは ご飯とみそ汁は お代わり自由なんだ』


「え・・・じゃあ お願いします」


『すみません ご飯 お代わりお願いします』


”は~い! 
お客さん 最近何度か来てくれるわね
ありがとう!
お代わりは お連れさん?”


恥ずかしそうに 上目遣いで 


「はい 僕です お願いします」


”可愛い顔して よく食べるのね?
うちの娘と同じくらいかしら?
高校生かな? たくさん食べてちょうだいね
美味しいでしょう?”


「はい! 凄く美味しいです!」


”可愛いわね~ 弟? じゃ・・・なさそうね・・・
あまり 似てないものね”


定食屋の女将さんというには いささか若くて綺麗な感じの


どことなく品のいい女性は 多分店主の奥さん


ヘアスタイルやメイクを整えたら 


ここに居るのはもったいないのではないかと思われるくらいの


定食屋には 不釣り合いな人だった


”可愛がってる後輩・・・ってところかしら?”


「はい・・・」


恥ずかしそうに 微笑むチャンミンを見て


『高校時代の後輩なんです!
これからも たまに連れてきます
あ 普段は俺一人だけど』


”イケメンは いつでも大歓迎よ!”


そう言って 他のお客さんに呼ばれて行ってしまった





大盛りのご飯と 湯気の立つ味噌汁を前に


チャンミンは 嬉しそうに箸を伸ばした


この細い身体の何処に これだけの量の食べ物の処理能力があるのか?!


裸にしたときの 細い腰や小さなお尻を思い出して


やっぱり 俺のチャンミンは 何から何まで最強なんだなって


変に納得した





バドミントン部に所属しているチャンミンは


春の新人戦の応援に加えて 市大会などでずっと忙しかったみたいだ


今日と明日は 練習もないからと


初めて 俺のところに来てくれたんだ


『なかなか 帰れなくてごめんな・・・』


「ううん・・・ユノヒョンは 大学生だもん・・・
高校とは 全然違う?
授業は大変なの?
サークルとかは どんな感じなの?」


可愛いチャンミンの質問攻めに


俺は 一生懸命答えた


『チャンミナ! 先に大学の校舎 見に行く?』


「うん! 行く! 参考にもなるし 行ってみたかったんだ~
なんか 僕 もう受験生になったみたい」


大学のことは 何もわからないからか


キャンパス内では キョロキョロと回りを見回しては


「校舎って 随分たくさんあるんだね」


とか


「食堂って 広いんだね」


って


いちいち感心していて 可愛いことこの上ない


『本当は 今日なんて 休みで誰もいないはずなんだけど
今日は 何かの試験に使われてるみたいだな・・・
食堂もやってるし 人も多い』


「ふ~ん」


大きな瞳を キラキラさせて 写真を撮ったり


次は 学食で食べてみたいと言ったり


すっかり 魅了されたようだった


「やっぱり 大学は高校とは 違うんだね」


『そうか・・・? まぁ そうかもな・・・
専門的な勉強をするところだからな』


「なんか ヒョンが大人に見える・・・」


『・・・寂しい?』


「うん・・・ちょっとだけ」


離れている上に 大学という未知の世界にいる俺が


少し遠く感じるのだろう・・・


『俺は変わってないよ? 何も・・・
今までみたいに 毎日逢えないのは寂しいけどな』


「僕も2年遅れで 大学生になるよ
少しずつ ヒョンを追いかけるよ」


『ああ チャンミナ 待ってる・・・
俺は いつだって お前のこと考えてるから』


「ヒョンが少し遠くに行っちゃったみたいで・・・
って言うのもあるけれど
なかなか逢えないのはやっぱり寂しいなって思っちゃった
あまり 寂しいって言わないようにしようと思ってたのに・・・
ごめんね・・・ユノヒョン」


『そんなこと 気にするな
寂しかったら寂しいって言えよ
毎日 言ったっていいから』


「ほんと?」


『ああ』


「呆れられちゃうかも・・・」


『俺も 同じように寂しいって言うよ・・・
チャンミナが寂しい時は 俺も寂しい
今日はさ 逢えなかった1か月を埋めよう!
そして 次に逢う時はまた 逢えない時間の分だけ
寂しさを埋めよう』


「・・・ヒョン・・・」


『そんな情けない顔 するなよ・・・』


ふわりとした 少しクセのある髪を 撫でて笑うと


俺の目を しっかりと見て 天使が微笑んだ





メタセコイアの並木道


木々の間から差す木漏れ日に 照らされて


チャンミンが 微笑む姿は 絵のようだ





『よしっ! チャンミナ! 
俺がいつも授業を受けてる校舎まで 競争しよう!』


「う うん!」


『行くぞ!』


寂しそうなチャンミンを少しでも 楽しくさせようと


俺は 急に走り出した


「あ 待って! もう・・・
ヒョンってば~ 待ってよー!」


『ほらっ! 早く早くー! こっちこっち!』


「もーっ!」


『アハハハ』


「意地悪~ 待って~」


太陽の下に 俺たち2人の笑い声が 響いた


そうやって ずっと 俺を追いかけて来い!


そして 


必ず 捕まえるんだ


チャンミナ!





☆ ☆ ☆ ☆ ☆

『チャンミナ!いっぱい食えよ?』







東方神起完全体まで

あと 306日!






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_10_16

Comments

ピッタリ! 

Minkさん あんにょん♪♪


今日もお話にピッタリなサジンですねー!
たくさん食べる可愛い子と、その姿を
愛情たっぷりの笑顔で見つめるヒョンの図。

最近、たびたび頭に浮かぶのが、
中国での「ヒョンがやろうか?」シーンでして(^_^)
思わず言っちゃった後、それでもチャンミンを
見守り続けるユノの顔ったら!

あーゆう漏れっぷりがタマらんのですねv-10
お話のユノともピッタリだー\(^-^)/
ジス  URL   2016-10-16 23:38  

Re: ピッタリ! 

ジスさん
コメントありがとうv-363

ユノはチャンミンが可愛くて仕方ないのは
リアルもお話も一緒!

写真集のネタバレでも
チャンミンに触るユノv-343

もうご馳走さまv-345って感じです~

ちょっとしたふれあいやイチャコラで
テンションが急激に上がる私
あ 住人は皆そうかな?

お話も そんな雰囲気が出せたら!と
思っています♪

Mink
Mink  URL   2016-10-17 01:35  

あらまぁ 

Minkさん、おはようございます。

まず、タイトルの説明をさせてください。

お話読ませて貰って、最後の写真のところに来て、咄嗟に出た言葉「ピッタリ」だったので、さて!コメント欄に、、と思ったら、(о´∀`о)ジスさん、何だか嬉しいわ。😂

それにしても、2人の甘い雰囲気、イチャコラ、ラブラブな内容に合う写真て、いくらでも出てくるものですね!

Minkさんの写真ホルダー、是非拝見したいです。😍
見ているこっちが恥ずかしくなるような写真、たくさんありそう。
まぁ、これが2人の日常ってことで。(๑・̑◡・̑๑)
cherry  URL   2016-10-17 07:52  

Re: あらまぁ 

cherryさん
コメントありがとう\(^o^)/

今日の写真は見た瞬間 これだ!って(≧∇≦)
見ていて微笑ましくて😍
左には当時の他メンもいるのですが
完全に2人の世界❤️

今でも ツィを漁ると
まだまだ見たことのない写真が流れてきて
ついつい保存(^_^;)

スマホもPCも
写真の整理が追いつきません💦
チャンミンもユノも若いなあ…
私のフォルダ?枚数だけは多いですよ😂

Mink
Mink  URL   2016-10-17 23:16  

 管理者にだけ表示を許可する

09  « 2020_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top