FC2ブログ


背徳の日々 46


記事を 読み終わって


僕は うなだれた


恥ずかしいとか 情けないとかいう以前の問題で


もう 勢大な ため息しか 出なかった


無言で 俯く僕に ユノが言う


「何か 勘違いしてた?」


「うん・・・」


「何だと 思ったの?」


「熱愛って 書いてあるから・・・
僕たちのことが バレたんだと ばかり」


「えーっ?」


「だから このままじゃ まずいって・・・」


「はぁ?」


「また あのときみたいに バッシングとかされて
活動できなくなるんじゃないかって・・・」


「お前なー」


きっと ユノも呆れている


「ああ!もう! 心配して 損した」


「ごめん 早とちりだね」


「早とちりも いいとこだよ?
だいたい チャンミンらしくない・・・
何も 真相を 確認しないで 落ち込むなんて・・・」


「・・・」


自分でも嫌になる


きっと ユノもびっくりしたよね


「それだけ あのときの事が
辛かったんだよな・・・
わかるよ
俺も できることなら 考えたくないし・・・」


「ユノ・・・
この記事なら 僕は全く気にもしなかったよ」


「当たり前だ」


そう言って ユノは 僕の頭をくしゃくしゃとなでて


ギュッと 抱きしめてくれた


「バカだな・・・
チャンミナ・・・
ほんと バカ」


僕に何かあったのかもしれないと


心配して 帰ってきてくれた ユノが


愛おしい・・・


「チャンミナ・・・
おれたちのことは 大丈夫だよ
たとえ 何を言われても・・・
真相なんて わからないんだから・・・」


「うん・・・」


「俺たちさえ しっかりと
自分を持っていれば 大丈夫だから!」


「そうだよね ユノ」


なんだか 気がぬけて


凄く 嬉しくなって


僕は ユノに 思い切り しがみついた


~ C ~

誤解って こわいですね・・・

お互い ホッとしたでしょう






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト




2014_11_21

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

09  « 2020_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top